こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

相続した土地の売買

8年前に父の土地の一部を3人兄弟で遺産相続しました。
その土地には長兄が長年住んでおり、今年母が他界したのをきっかけに、相続した土地を1000万で長兄に譲渡することとしました。(他界した母の持分はすべて長兄が相続することで合意済み)
この場合の税金はいくらになりますか?
素人考えですが、下記の考え方があるのではないかと思います。
(1)1000万に対して丸々課税
(2)(8年前の地価相場-譲渡価格)に対して課税。通常住宅の売買で課税されるケースに類似?
(3)ある一定の控除+必要経費を差し引いた額に課税。
概算を具体的にご教示いただければ幸甚です。
ちなみに土地は東京都世田谷区赤堤の住宅街で、約8坪です。

投稿日時 - 2007-09-08 07:18:06

QNo.3325716

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

相続により取得した土地の取得時期は引き継がれるため、ご質問の場合には長期譲渡所得に該当し、譲渡益に対して所得税15%・住民税5%が課税されます。

土地の取得価格も同様に引き継がれるため、譲渡価格よりもお父様が取得した時の価格に持分の1/3を乗じた金額の方が高ければ譲渡損となり税金は生じませんが、取得価格が不明の場合には譲渡価格の5%を取得費とみなして計算するため、必ずと言っていいくらいに課税されます。

1.お父様がこの土地を取得した際の価格がわかる場合
{1000万円-(取得価格×1/3+譲渡にかかる費用)}×税率

2.土地の取得価格が不明の場合
{1000万円-(1000万円×5%+譲渡にかかる費用)}×税率

投稿日時 - 2007-09-08 17:46:54

お礼

大変よくわかりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-08 18:18:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問