こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産と弁護士・代理人司法書士について

こんにちは、「自己破産」についての質問です

状況としましては「給料の4分の1を差し押さえ」という形を要求
されているのですが、借金が高額なため、今後の生活を考えて
自己破産しようかどうか迷っています。そこで質問なのですが・・

1:自己破産をした際のメリット、デメリットは何でしょうか?
  (私、相手ともに法人ではなく個人です。保証人問題です)
2:その際の手続きとして、「弁護士」を通すのと「代理人司法書士」
  を通すのとでは、金銭面・安心等で、どちらが良いですか?
よろしくお願いいたします

投稿日時 - 2007-09-07 17:59:58

QNo.3324115

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

金額が高額であれば、司法書士は代理人にはなれません。小額の場合で、尚且つ、その資格を有するもののみです。

1.自己破産のメリット・デメリット
メリット 免責決定が下りれば、その後はほぼ、一般の方と同じような生活ができる。
デメリット 破産宣告中は資格制限があり、定められた職(法律関係職や金融関係職など)には就けない。免責が下りなければ、債務は免除されない。
信用情報機関に事故登録され、借り入れが数年間は出来なくなる。

2.上記の理由により、弁護士以外に選択肢は無いと思われます。

詳細は日本司法支援センターにご相談ください。
http://www.houterasu.or.jp/

投稿日時 - 2007-09-08 20:15:22

お礼

ご回答、またサイトのご紹介、本当に有難うございます
金額は状況が状況なので、追跡を恐れて明記しておりませんでした
この点、恐縮ですがお許しくださいませ
早速、サイトを訪れてみて、皆と話し合って検討いたしたいと思います
誠に有難うございました

投稿日時 - 2007-09-09 12:15:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問