こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

開業資金の平均を知りたいです

大学で起業について調べています。
それで、個人が開業する際の開業資金の平均を知りたいのです。
「開業」といっても幅広いというのはわかっているのですが、
「起業」という市場規模を知りたいなと思って。。
どういった方法で調べるのが賢いのでしょうか?

税務署に問い合わせたりはしたのですが、
まとめたデータとして保存はしていないみたいです。。
また、国民生活金融公庫には「開業資金平均」のデータがあるのですが、公庫にお金を借りる人のデータなので、偏りがあるのかなというかんじで困っています。。

皆様のお力を借りれればうれしいです。
よろしくお願いいたします!

投稿日時 - 2007-08-21 14:20:02

QNo.3273444

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 jimsaさん こんばんは

 私だったらと言う事でお話すれば、国民生活金融公庫や銀行・信用保証協会・役所の商工課等の「創業支援融資」を行なっている所のデーターを使うと思います。
 上記の様な「創業親資金」で融資をしている所では、業種事の利益率や平均的な客数・客単価・一日の売上・一般的なその業種の開業資金等の細かな情報を持っています。それらの情報から月当り幾等までなら返済可能で、したがって幾等貸せるかと言う判断から、融資実行する時の金額を決めています。これらの融資を実行する時の基準となるデーターは、業種毎の一般的なデーターであって、実際に融資実行した方のデーターではないんです。そして一般的な開業資金からかけ離れた大金を融資希望する場合は、場合によっては計画を考え直す様に言われる(つまり開業資金を少なくして計画を作り直す)様に言われる場合も有ります。

 以上の事を考えると、今回の調べ物に対して国民生活金融公庫の「開業資金平均」のデータが使える可能性があると思います。もちろんそのデーターが業種毎のデーターだったら良いですね。単に全ての業種を纏めたデーターだった場合は考えないとならないでしょうけど・・・。1度取り寄せて内容を見られたらどうでしょうか???

投稿日時 - 2007-08-22 20:15:14

お礼

sionn123さま
とてもわかりやすく、
ご丁寧なご回答、本当にありがとうございます!
自分の不勉強さを反省です。。
やはり業種ごとのものなのですね。
取り寄せてみようと思います!
本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2007-08-23 01:16:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

歯科医師です。
約4,500万円で開業したら、仲間の歯科医師から「よくそんなに安くできたね」と感心されましたよ。

300万で有限会社を創って衣料品のネット販売をしている友人もいます。

IT関連で、30万で開業した友人もいます。

この3つの数値の平均に、何か意味があると思いますか?
平均とはそもそも何ですか?

平均というのは、そのグループを代表する数値のことですよね。
そして、グループを代表する数値には、平均のほかに中央値や最頻値があるわけですよね。
そしてどの数値がそのグループを最もよくあらわしているのか、を考えた上で使い分けなければいけません。

ああもちろん、「それが一つのグループだ」ということが前提ですよ。

(4500万+300万+30万)÷3=1610万円

というのは、

「初期投資をほとんど必要としない業種と、商品の仕入れに初期投資を必要とする業種と、多額の固定設備投資を初期投資として必要とする業種が、初期投資額は同程度の額である」

ということを前提として計算した数値です。
平均値とはそういう意味の数値です

前提が間違っていますから、数値も間違った数値です。
算数としては正しいですよ。でも社会学あるいは経済学としてはまったく間違った数値です。なぜなら、開業時の初期投資金額の特徴を表していないからです。

「平均1610万だったら、2000万円あるから、歯科医院が開けるぞ」
とか
「500万円しかないから、衣料品のネット販売は始められないなぁ」
という判断をしたら間違いですよね。

こういう間違いを犯すことを
「統計にだまされる」
と言うのです。

統計にだまされないように注意をするなら、中小企業白書になにかデータがあるかもしれません。
中小企業白書は、中小企業庁のサイトからダウンロードできます。

参考URL:http://www.chusho.meti.go.jp/

投稿日時 - 2007-08-22 16:16:09

お礼

aokisikaさま
ご丁寧なご回答本当にありがとうございます!
平均の具体例を出していただいて、自分がいかにおろかな前提の上に
質問を立てていたことがわかって、お恥ずかしいかぎりです。
中小企業白書の件もありがとうございます。
統計にだまされないように、気をつけなければなりませんね・・

投稿日時 - 2007-08-23 01:19:26

ANo.2

業種を絞らすに単純に開業資金といったのでは無理でしょう。
歯科医などの開業では、個人規模でも数千万の設備機器が必要だと聞きます。
理容、美容業でも椅子の数によって店舗面積から諸々幅が出てきます。
私はパソコン2台、プリンタ1台、大きなテーブル1卓のみで開業しました。

投稿日時 - 2007-08-22 09:35:05

お礼

k-josuiさま
ご回答いただき、本当にありがとうございます!
設備ひとつとっても確かにそのような差が出てきますよね。
具体例いただいて、とてもわかりやすかったです。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2007-08-23 01:23:06

ANo.1

個人情報のこともあり、難しいでしょう。

起業の業種によって、幅がありすぎます。
懇意にしている、税理士さんに相談しましょう。
大学なら、教授等指導教官から税理士さんを
紹介してもらいましょう。

業種別でないと、平均値は、?????

どんな、課題でしょうか??

投稿日時 - 2007-08-21 19:46:45

あなたにオススメの質問