こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

レコードプレーヤーの音

マルチポストになってしまい申しわけありませんが、教えてください。
他サイトでの再質問のしかたがわからないのです。
(1)私の質問
レコードプレイヤーの故障か、アンプの故障か。レコードを聴こうとプレイヤーにかけましたが、音はでるのですが、ボーカルが遠くの方で歌っています。おかしいと思い、他のレコードもかけてみました。
やはり中抜けの音がします。接続は確認しました。アンプもCDはなんでもありません。プレイヤーの故障か、プリメインアンプのPHONO入力/MMの故障か、代替機がないのでわかりません。どなたか判別方法などわかる方。いらっしゃいませんか?
(2)対する回答
左右どちらかの、アース端子(マイナス・黒色)が断線してますね。
音声のケーブルを片方だけで音を出してみて下さい。
正しく音が聞こえればOK、反対側のケーブルが断線している可能性が有ります。
下記の、AとBの箇所でそれぞれ試してみて音の出方を確認して下さい。
「プレーヤー」-(A)-「アンプ」-(B)-「スピーカー」

それで駄目なら、プレーヤーのレコード針が原因かも知れませんね。
(3)再質問
レコードプレーヤーの故障か、で昨日質問したものです、その後。。。

電気的は理屈はわからないのですが、レコードプレイヤーの信号線を確認しても断線らしき兆候がなく。いろいろ、ケーブルの抜き差しなどやってみました。すると、プリメインアンプのステレオプリアウト出力(2系統あり)にステレオ→モノ変換コードをつなぐと、モノ側の機器(サブウーハー)に接続するしないにかかわらず、レコードの音がおかしくなることがわかりました。出力コードを外すとちゃんと鳴りました。CDなどはなんの影響もうけません。アンプの2系統のプリアウトは1系統は他の小型ステレオ(パワーのみ)アンプへ、もう1系統はモノ変換コードで、小型アンプ接続の小型スピーカーの低音補助にして使っていました。ただ設置後はCDしかきいていなかったので気付きませんでした。普段はメインアンプのスピーカー切り替えをOFFにして、小型アンプメインで聞くことが多く、メインのプリメインアンプはプリアンプとして使うことが多いのです。なにか打開策はあるでしょうか?それともやはり故障でしょうか?
もし素人にわかるように説明可能であれば、原因を、お教え願いたいのですが。。。
(3)対する回答
かなり複雑というか、単純なのですが。
・ステレオ用のカートリッジは、ヘッドシェルのリード線(分からなければ別途質問ください)の色分けで
左ch:ホットが白、コールド(アース)が青
右ch:ホットが赤、コールド(アース)が緑
に規定されています。
ヘッドシェル(カートリッジは接続しない状態で)のリード線をプレーヤーの正面から見たとき
12
34
になっていて
上側の左右ですが
左側が白(1)、右側が赤(2)
下(ボード側)の左右(コールド)は
左側が青(3)、右側が緑(4)
になっています。ただしうんと古いステレオプレーヤーでは、上記の規格は適用されていません。
推測
おそらくヘッドシェルに取り付けたカートリッジの「ホットとコールド」が、カートリッジ→ヘッドシェル間で誤配線されています。後期に開発されたステレオカートリッジには、上記の4色に色分けされたビニールスリーブがつけられていますが……
お使いのプレーヤー(あるいはトーンアーム)とカートリッジの銘柄を教えて下されば、よい知恵が集まると思いますよ。
※テスターで導通チェックができるのなら、ヘッドシェルのリード線と、プレーヤーのRCA型ピンジャック出力端子の間での、接続状態を確認したのち、カートリッジに配線してください。すなわちRCA端子の赤(右)のホットはリード線の赤、コールドはリード線の緑。RCA端子の白(左)のホットはリード線の白、コールドはリード線の青になります。
(4)再々質問
何度もすいません。レコードプレーヤーの件なのですが。
カートリッジはプラグインタイプT4P(テクニクスSL-MA1)なんです。ちなみにアンプはROTEL RA-1070というものです。

投稿日時 - 2007-08-19 20:51:07

QNo.3268708

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.4です。「ショート」の表現が良くないようですね。出力をグランドに落とすことではなく。あなたのよう「合成」、つまり、LとRを直接繋ぐことです。
単純に考えて、
ステレオプリアウト出力は、1つアンプ出力を2つに分けているだけなので、片側をモノラルとしてLとRを繋ぐと、もう一方もL+Rの出力になっちゃうていうことなですけど、わかります?
モノ変換コードをはずせば、問題ないのだから、レコードプレーヤーは正常で「モノ変換コード」が悪者と考えるのが素直な感じがしますが。
変ですか?

投稿日時 - 2007-08-22 17:18:16

お礼

なるほどわかりました。どうやらこれが理由ですね。。。

投稿日時 - 2007-08-22 19:41:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

症状からすれば、逆相接続なのですが、
単に、モノラル変換ケーブルで出力をショートして、もう一つの出力もモノラルにしているだけじゃないの?
サブウーハーを繋がないか。ステレオ入力できるものに変えてください。

投稿日時 - 2007-08-21 11:32:18

補足

変換ケーブルで「合成」はしていますが、ショートはしていないと思います。
レコ-ドプレーヤーですが、直接接続されているプリメインアンプからの音は全く正常です。プリアウトをモノに合成しようとすると、おかしくなるのです。もう一つのプリアウトはステレオ接続しています。

投稿日時 - 2007-08-21 23:05:01

ANo.3

十数年ぶりに、、、 私もLPを動かしてみました。
 同感です。とても違和感の有る音でした。 カートリッジを取り替えても、フォノ入力の有るアンプをビクター、デンオン(当時の表記です)、マランツどれも ボーカルが安定しないし、サウンド全体が上の空、、、 
 ターンテーブル(パイオニアPL-50L)が悪いのかと、当時のダビングカセットを聞いてみたら、わりと安定してて(ワウフラや経時のハイ落ちは有りますが)、意外でした。
 こりらの質問を見て気づいたのは、カートリッジのカンチレバーまわりに有るダンパー系の劣化でしょうか?
 それにしても、古いとは言え、私の場合は全てのカートリッジが同じ傾向の音とは ショックでした。
 カートリッジは、テクニカのVM, MC、サテン、オルトフォン、MMはシュアー、ビクターです。 壊れた物も残ってます(デンオン、ルトフォンのコンコルド、ピカリング? ビクター) 
 それとも 昔のクリーニング方法が悪かったせいで、LPを痛めたのかも、(涙)

それとも 当時はそんな音でオーディオをしてたのでしょうかねぇ?

投稿日時 - 2007-08-20 22:55:48

ANo.2

私も接続が逆相になってると考えます。
逆相になる部分は、カートリッジに直接接続されている線しか考えられません。
プロ様な機器ならあり得ますが、市販の機器で左右の位相が逆相になるような事が起こるはずは100%あり得ません。
ましてや、質問者の場合他の音楽ソースで不具合が出てないのですから。
アースがとか言う問題ではなくて、カートリッジに接続した線の結線ミスが一番疑われます。

投稿日時 - 2007-08-19 23:50:27

補足

no.1さんと同じ内容になりますが、ご指導有難うございます。ただ、アンププリアウトの、モノ変換コードを抜くと、ホット/コモンが逆相になっている音には全くかんじないのです。それほど音の違いは顕著です。カートリッジはプラグイン方式(ワンタッチ)なので逆相もかんがえられないのですが。。。。アンプ内の回路(フォノイコライザ~プリアウトまでの間)でなにかある可能性はないでしょうか?んー。でもCDではなんでもない(ように聞こえるだけ?)のです。

投稿日時 - 2007-08-20 22:17:38

ANo.1

>音はでるのですが、ボーカルが遠くの方で歌っています
>やはり中抜けの音がします

これから、想像されるのは、逆相接続です
とりあえず、片側のスピーカーの+と-を逆につないで見てください
それで、普通に聞こえればカートリッジからアンプまでの間のどこかで逆相接続になっています

投稿日時 - 2007-08-19 22:49:13

お礼

ご指導有難うございます。ただ、アンププリアウトの、モノ変換コードを抜くと、ホット/コモンが逆相になっている音には全くかんじないのです。それほど音の違いは顕著です。カートリッジはプラグイン方式(ワンタッチ)なので逆相もかんがえられないのですが。。。。

投稿日時 - 2007-08-20 22:17:00

あなたにオススメの質問