こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカの金利引下げの影響

先ほど、アメリカの「連邦何とか・・」の金利が6.25%から0.5%引き下げになるということでした。確かアメリカの公定歩合にあたるものだったと思うのですが、日本の公定歩合にも影響はあるのでしょうか。

今回の引き下げはアメリカの低所得者向け住宅ローンに端を発した世界的な株安を沈静化させるためということですが、日本の公定歩合や預金金利も引き下げになるということはあるでしょうか。

株・投信などはやらず、預金金利が引き下げになるのが心配なので質問しました。

投稿日時 - 2007-08-18 01:37:34

QNo.3264135

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

アメリカの金利(公定歩合)が下がればアメリカ国内の銀行も資金獲得がやり易くなります。
金融機関も株式にも投資しやすくなります。
よってアメリカ株式市場も上がります。
日本の場合は公定歩合が現状維持らしいので銀行金利は上がりませんし、下がりません。
日本の株式市場は外国人の比率が半分とも言われていますので、外国人が売れば下がります。
アメリカの資金が増えてくれば日本の株式も売られることも減りますので下がりにくくなります。
ただ外国人のいいように日本の株式市場や為替が変動するのには我慢できませんね。
日本は悪くないのにと言いたいです。

投稿日時 - 2007-08-18 04:14:37

お礼

ご回答ありがとうございます。先ほどのニュースでは今回の住宅ローン焦げ付きに端を発した株安の沈静化を意図したもので、今後の株式市場の市況をにらみながらということのようです。日本の金利の利上げはとりあえず先送り、再検討のようです。引き続き動向に注目ですね。

日本の株式市場を外国人投資家が荒らしているのであれば、許せないという気持ちはわかります。しかし、反面昨今の企業防衛策が日本の裁判では守られる結果になりましたが、これは司法は日本経済の鎖国継続を宣言したようなもの。今後はアメリカ主導からBRICs主導で世界経済は動いていくと思いますが、より大きなグローバル化の中で日本式が今後も通用するのかという疑問もありますね。

投稿日時 - 2007-08-18 05:29:20

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

日本に金利ってありましたっけ?
それはともかく日本は金利を引き下げる程の水準にありません。金利を上げたがっていますが、現在の状況では見送りでしょう。

投稿日時 - 2007-08-18 01:55:21

お礼

ご回答ありがとうございます。しばらくゼロ金利が続きましたが、昨夏くらいから上がり、預金金利も0.008%くらいだったのが0.1%,0.2%くらいに上がりました。まあ、それでも、わずかの利息ですが、これからは金利上げになるかという状況で、今回の世界的株安や米金利引下げが影響するとあまり好ましくないと思っていました。

投稿日時 - 2007-08-18 02:04:42

あなたにオススメの質問