こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

SQL Server 2005のエディション選択とクライアント数について

現在WinXP上のVB6.0で開発した業務管理システムより、
WinNT上のSQLServer6.5で管理しているデータへアクセス、
命令によりデータ集計等を実行しています。
WindowsServer2003にSQLServer2005をのせての、
サーバー新設を検討中なのですが、
SQLServer2005のエディションの選択に迷っております。
下記の環境で最適なエディション、クライアント数を是非ご助言下さい!
-------------------------------------------------------------
(本社)
サーバー: Windows Server 2003(25CL) + Windows SQL Server 2005
PC: WinXP 約10台 ※業務管理システムをVB6.0にて開発
業務内容: 統括管理を行っており、売上データ集計や顧客データ管理
-------------------------------------------------------------
(支局)
全6拠点 
PC: WinXP 各拠点1~2台(全拠点合計7台)
業務内容: 商品売上、顧客データ検索・回覧
-------------------------------------------------------------
※本社と支局はインターネットVPNにてネットワーク構築も同時に考えております。

投稿日時 - 2007-08-17 10:17:45

QNo.3261797

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

下記、インラインで回答します。

>現在、Standard EditionとWorkgroup Editionとで選択を迷っている状態ですが、やはり機能的にWorkgroup Editionでは後々不足する部分が出てくるでしょうか?

http://www.microsoft.com/japan/sql/prodinfo/features/compare-features.mspx
にもあるように、Workgroup Editionだと機能が制限されて
しまいますね。
クラスタやミラーリングでDBサーバを構築するのであれば、
Standard の方がいいという部分、
また、DBのレスポンスが悪い場合は、チューニングアドバイザーと
いうのを使って、ボトルネックを探せる便利な機能があるんですが
それもWorkgroupにはなく、Standardにはある状態です。

上記以外は、あまりWorkgroupとStandardの違いというのは
ないと思っています。
また、普通にDBを接続して、SQLやストアドでテーブル操作するような
ことであれば、どのエディションでも使えますし、
Standardか、Workgroupのどちらにするかについては、
ご予算次第かなと思います。

# 個人的にはレスポンス対策ができ、チューニングアドバイザー
  がついているStandardは、結構お勧めですね。

ご参考になれば、幸いです。

投稿日時 - 2007-08-20 22:23:12

お礼

追加のご助言有難う御座います。
ご助言を読むとやはりStandardの方が良い感じですね。
現状使いこなせるかどうかというよりも、
今後を考えてみるとStandardの方がいいのではないか、
という気持ちになってきました。
予算的には少々無理をしなければならないと思うのですが…。
本当に分かりやすいご説明感謝申し上げます。

投稿日時 - 2007-08-21 10:41:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

エディションについては、

・予想データ件数や処理するトランザクション数がどれぐらいか?
・統計(Analysis Services)を使うか否か?
・バッチ処理等のSQL Agentにスケジュール登録して実行するか?
・SQL Server 2005 Integration Services(以下、SSIS)の機能
 を使って、VB.NETでバッチ処理を書くかどうか?

などなど、「使用したい機能は何か?」で決まると思いますね。

※SSISは、http://www.microsoft.com/japan/sql/prodinfo/features/techinfo/businessintelligence.mspx#EUD
に紹介されています。

もし、SSISを将来的に使う予定があれば、Enterprise Edition を
購入すべきでしょうし、統計(Analysis Services)と必要最低限の
SQLの実行ができればいいのであれば、Standard Editionで
十分ですね。

どんな機能を使いたいのか予め選定しておくことか
「エディション」決めのポイントです。

エディション別の比較表が
http://www.microsoft.com/japan/sql/prodinfo/features/compare-features.mspx
で紹介されていますので、ご検討下さい。

また、CALについてですが、クライアントライセンスの他に、
プロセッサライセンスや、ユーザライセンス等もございます。

ただ、今回は、使用するクライアント数が少ない上に、
予め使用台数もわかっていることから、
「サーバープラスデバイス CAL」がお勧めなのではないかと
思いますが、マイクロソフトにもCAL別のライセンス情報を
掲載しておりますので、ご確認の上、ご検討頂けたらなと
思います。

SQL Server 2005 のライセンス
http://www.microsoft.com/japan/sql/howtobuy/faq.mspx#ETC

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2007-08-17 18:22:50

お礼

ご助言有難う御座います。
現在、Standard EditionとWorkgroup Editionとで選択を迷っている状態ですが、
やはり機能的にWorkgroup Editionでは後々不足する部分が出てくるでしょうか?
正直、SQLの拡張機能を使用してという事はあまり現状でもしておらず、
ビューやストアドといった基本的な部分のみを利用し、データベースとしてのみ使用していて、
クライアント側にODBCでデータベースを登録し、VBのソースからODBCへ渡す、
といった方法で使用している状態です。

追加でご助言頂けると幸いです。

投稿日時 - 2007-08-20 10:03:54

あなたにオススメの質問