こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ペーパークロマトグラフィーについての実験の考察の書き方、教えてください。

私は、中学3年生の女子です。
夏休みの理科の宿題で、自由研究が出ました。
それで私は、ペーパークロマトグラフィーで、色素の分離をしてみる事にしました。
実験は、簡単にできるのですが、どう考察を書いたらいいのかがわかりません。
どなたか、お詳しい方、教えてください。

投稿日時 - 2007-07-20 17:32:05

QNo.3184694

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ペーパークロマトグラフですか。
化学の定性測定(何が入っているか?)の基礎ですね。原理などはしっかり押さえて下さい。(教科書や参考書もいいけど、できたら図書館に行ってみるなど。できるだけネットは使わない)

実験レポートは「目的・予想」→「方法・原理」→「結果」→「考察」の構成で行われ、考察で気付いた点(疑問点・改良点)があればそれを解決するために、新たな実験を行います。

というわけで、考察とは結果を通じて…
何故このような結果になったのか?
予想と違ったのはなぜか?
もし失敗であれば何がいけなかったのか?
それを解決するためにはどうした良いか?
もっと簡単な方法はないか?
分量や手法を変えたらどうなるか?(予想も含めて)

ヒントとしては…
様々なペンの色を試す。
油性ペンは?水性ペンは?
紙の種類は?
展開溶媒(紙の下に浸す液体)は水を使ったり、お酒を使ったり、消毒アルコールや除光液では?
本当に混ぜたらその色になる?
それぞれについて、あなたは結果をどう予想する?
予想が違ったら、なぜ違うか考える→考察

予想をしない化学者は失敗を繰り返し、最悪の場合は事故を起こします。
「とりあえずやる」のではなく、自分なりにいろいろ考えてみてくださいね。

投稿日時 - 2007-07-23 14:31:46

お礼

ご回答ありがとうございます。
がんばってやってみます。

投稿日時 - 2007-07-23 16:35:18

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

72人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問