こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ゲーム「メタルギア」での、クローン技術によって生まれた主人公について

「メタルギア」及び「メタルギアソリッド(以下、MGSと略します)
」シリーズを知らない方でも、以下の説明を読めばだいたい意味がわかると思います。このゲームの主人公「ソリッドスネーク」は、「ビッグボス」という兵士の体細胞を使い、アナログなクローン技術で生まれたと言われています。(ゲームに関しては全てフィクションです)
また、ゲームの発売順は「メタルギア」「メタルギア2」「MGS」「MGS2」「MGS3」で、時代などは以下に説明します。


MGS3は1964年が舞台であり、MGSは2005年、MGS2は2007年(いずれも小島プロダクションのHPより)が舞台です。しかし、ゲームをやり進めるうちに、ある疑問が浮かびました。
それは、MGS2での、オセロットというキャラクターがソリッドスネークに対し「50代後半のビッグボスの体細胞を使ったんだ。生まれながら既に老いている」と言い放ったセリフです。どうもこれが気になり、更にMGS3のエンドロールにて「1972年 恐るべき子供達計画 ビッグボスの子供達、生まれる」というセリフがあることから、ソリッドスネークは1972年生まれということがわかりますが、MGS3が1964年を舞台としていることを考えると、1964年当時、ビッグボスの年齢は概ね50歳と考えられるような気がします。

生まれながらに老いているという考えの下で計算すると、MGS2では、ソリッドスネークは実年齢は35歳で、体細胞年齢は85歳、間もなく発売されるMGS4では、予告ムービー内でのセリフより、2014年が舞台とわかっているため、体細胞年齢は90歳を超えているはずです。

過去に、クローンについてかじる程度勉強しましたが、詳しいことまではわかりません。要は、この考え方が実際のクローン技術に沿ってるかどうか?というだけであり、仮に沿っていたとしても「人間として現実離れしている!」などと言ってゲーム自体を否定するものではありません;回答に制限は設けないし、同じ疑問をもっている方や専門的な方、どなたでも構いません。

投稿日時 - 2007-07-20 10:52:58

QNo.3183757

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 実用化している技術ではないので、想像で書きます。
クローンは、いろいろ作り方が考えられますが、基本的には(質問の例でいくと)「ビックボス」の細胞から核を取り出し、別に用意した核を抜いた未受精卵に、その核を入れ、細胞を作ります。その後、細胞を仮親(本当の人間を使うか人工的にしているのかはわかりませんが)の子宮に入れて妊娠、出産させ、後は人間として育てなくてはなりません。
 
 さて、細胞の年齢の問題ですが、テロメアと呼ばれるものがそれを引き起こすといわれています。ヒトの細胞の核には、遺伝子情報が46本のDNA鎖に分かれて入っています。いわゆる染色体ですが、それぞれのDNA鎖の両端にセントロメアと言われる部分があります。このセントロメアはそれぞれの染色体を保護する役目があるといわれています。セントロメアは、細胞分裂とともに(つまり年をとるととともに)短くなっていき、最後に短くなりすぎて染色体の保護ができなくなると癌になったりするといわれています。
 したがって、「ビックボス」の細胞を採ったとき、テロメアが既に短ければ、質問のように細胞が老化していることになり、あわれ「ソリッドスネーク」の体細胞年齢は90歳を超えていたりすることになるかもしれません。
 ただし、解決策がなくもありません。ヒトのテロメアは理屈で行くと、すぐに短くなってしまうそうなのですが、実際はかなりの時間をかけて短くなっていきます。なぜかというとヒトの体内にはテロメラーゼという酵素があって、テロメアを修復してくれるそうなのです。実際は、それでも力及ばず徐々に短くなっていくので、老化するわけです。
 もし、このテロメアーゼを人工的に制御することができるようになって、テロメアを修復し放題になれば、現状維持どころか、細胞を不死にすることができるかもしれず、かくして「ソリッドスネーク」は時代を超えて戦い続けることができるかも。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%82%A2

投稿日時 - 2007-07-20 22:56:45

お礼

RKYさん、ありがとうございました。
本当の人間から生まれたかどうかはゲーム中でも語られていないのですが、追記として、「リキッド」「ソリダス」という三つ子(?)がいます。更に、本当は8つ子で、5人は意図的に間引きされたともゲーム中で語られています。このことが今回の質問に関わるかわかりませんが…;

現実的に考えれば、テロメアが既に短いと考えられますが、クローン羊ドリーの死は、未だ因果関係がつかめていないようですね…。でも細胞が本当に不死にすることができたら、ソリッドスネークどころか我々にも応用が可能なのかもしれませんね。個人的にはそんなことしたくないですが…
ちなみに、MGS4では、ソリッドスネークの余命はあと半年と言われています。

投稿日時 - 2007-07-21 00:47:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

現在も意見が分かれるところのようです。
「生まれながらに老化」で思い出されるのがクローン羊のドリーが早死にしたことですが、テロメアのせいとは断定できないようで、なにしろデータが少なすぎます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC_(%E7%BE%8A)

投稿日時 - 2007-07-20 23:36:07

お礼

SortaNerdさん、ありがとうございました。

やはりデータが少ないんですね。データを取るにも頻繁にクローンを産み出すわけにもいかないですし…。
ゲーム中では、ソリッドスネークはMGS4になって急に衰えています。(白髪、顔の肌が垂れ下がっているetc)とはいえあくまでゲームなので…。クローンの研究自体は、これからも当分続くでしょうね。

投稿日時 - 2007-07-21 00:51:40

あなたにオススメの質問