こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クラシックとポヒュラミュージックーの違い

音楽のことはよく知りませんが、クラシックはなにか特権階級のような振る舞いがあって、音楽のレベルはポヒュラーミュージックよりクラシックのほうが上なのですか?それともただ単に違う分野なのですか?

投稿日時 - 2007-07-12 11:57:11

QNo.3160850

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

どちらのレベルが上というのは、無いと思っていいでしょう。
クラシックの人がポピュラーやっても変だし、その逆もあまり意味がありません。

クラシックからポピュラーに移入され、
ヒットした曲もいくつかありますが、
クラシックの方も、当時のポピュラーミュージックであった
民俗音楽からモチーフを取り入れています。

音楽を構成する要素は、
「メロディ」「リズム」「和音」「音色」「歌詞」「ノリ」
などが考えられるでしょう。
クラシックはこのうち、特に、「和音」および「音色」に優れています。
「和音を聞いてくれ」という音楽なのです。
単旋律のクラシックもありますが、本流にはなっていません。
ポップスの方は、和音が無くても成り立つ構成になっています。
「和音と音色の扱い方」という点に絞れば、たしかに
クラシックは最高のレベルの音楽であると言っていいでしょう。
しかし他の要素に関しては、そうとも言えません。

マーラーあたりより優れたメロディを書くポピュラー作曲家は大勢いると思うし、
リズムの多様性についてはジャズやロックの方が優れているでしょう。

仮に、「ショスタコーヴィチとサザンオールスターズのどっちがレベルが高い?」
という質問をして、「ショスタコーヴィチ」と回答があったとして、
それをもってショスタコーヴィチを聞いても、あまり意味があるとは思えません。(個人的には好きですが)

投稿日時 - 2007-07-12 16:36:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

「天は音楽の上に音楽を創らず、音楽の下に音楽を創らず」です。でも、音楽に上下を創ろうしている人がいるのは事実です。

世界にはいろんな音楽があるのに、クラシックとポピュラーに2分して考えること自体が間違いです。世界中の音楽にはそれぞれ個性があり、それぞれ特徴があり、和声、旋律、リズムの3つがバランスがそれぞれ異なり、クラシックはNo.2で指摘されているように和声で聞かせる音楽です。しかし、リズムの面ではかなりプアーと言ってよいと思います。アフリカやその流れを汲むラテンに比べるとリズムがあるのって感じですね。ロックだって、アフリカやラテンに比べるとリズムはかなり単純だと思います。(やっぱり、西洋人はリズムに弱いんでしょうね)

クラシック音楽のいいところは、長い歴史を経て生き残った優れた作品が演奏されているということですね。これは、各国で長く歌い継がれた歌にも言えることですが、消費されては消えていくポピュラー(流行)音楽とは違うところですね。

投稿日時 - 2007-07-12 23:14:19

いわゆるクラッシク音楽が特権階級のように思われておられるのですか? 若しそうなら、考えをお改め下さい。また、ポピュラーミュージックと一括りに仰るのも、私には変だと感じます。
私は、古いヨーロッパの音楽(バッハより古い)、アンデスのフォルクローア、日本の民謡、ウェスタン等色々好きで聴きますが、ベートーベンと演歌は嫌いです(ごてごてして)。
どれが上等だとか、下等だとかは思いませんが、好みも問題でしょうね。ただ、構成的に極単純で素人でも直ぐ真似のできる歌も有りますし、演歌手や演歌のメロディーを作る人にはとてもじゃなくて、手が出ないような曲があります。だからと言って、その方が上等か?と言うことには、疑問を感じます。つまらないものは、どのジャンルでもつまらないのです。まあ、私個人の趣味の問題でしょう。

投稿日時 - 2007-07-12 19:51:22

ANo.1

 
 クラシックは教会や宮廷から、ポピュラーは酒場から生れています。
 もちろん、くだらない古典音楽もあるし、心うつ軽音楽もあります。
 どちらが上等か、論じるまでもありませんね。
 
 つまり、音楽の魅力は、ほとんどクラシックの作曲技法によるもので、
ジャズやシャンソンや演歌が、クラシックに影響を与えた例は希少です。
 世界共通の楽譜を完成したのも、他のジャンルでは見あたりません。
 
 明治初期に、外国からきた音楽教師たちは、日本人が西洋音楽を修得
することは永遠に不可能だと思ったそうです。それほど絶望的なオンチ
民族が、カラオケを生みだしたのは、クラシックの威力なのです。
 
 いまでこそ日本人の演奏家が、国際コンクールで優勝したりしますが、
欧米の音楽ファンには、ほとんど認められていません。
 つまり、デーブやダニエルの落語が、どうせ面白くないように……。
 

投稿日時 - 2007-07-12 14:23:00

あなたにオススメの質問