こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Nゲージ LED加工の回路について

前にこちらでLED加工紹介しているサイトを教えてもらって、それを参考に全くの素人ながらLEDに取り替え加工が出来るようになりました。LED加工に関するいろんなサイトをみているとCRDをLEDのカソード側に取り付けるように紹介しているサイトとアノード側に取り付けるようにしているサイトがあり、どちらの方法も試してみましたが同じように光るようです。この2つの回路の違いは何なんでしょうか。電気的な知識がないのでどなたかご教授願います。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-06-26 13:35:51

QNo.3117106

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

CRD(定電流ダイオード)ですね。
これは、回路のどこにつけても構いません。
抵抗などもどこに付けても構いません。

初心者はなぜ?と思われるかもしれませんが、電気回路は電源からグランドまで、つまり電池でいうと+端子から-端子までの間にすべてのパーツが入っていればいいのです。

ですから、ダイオードというのは、その方向にしか電気が流れないようにする電子部品ですが、LEDの前に付けようが後に付けようが、-端子に繋がってはじめて電流が流れるので、問題ないのです。

・+から-まで繋がってはじめて電気が流れる
・抵抗値なども+から-までのトータルで計算されます。

ちょっと不思議に思うかもしれませんね。

投稿日時 - 2007-06-26 14:39:08

お礼

大変わかりやすいご回答ありがとうございました。おかげさまで疑問が晴れて、大変勉強になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-26 14:56:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問