こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

In Design 作業方法について

こんにちは。

私は以前、印刷会社で制作(DTPオペレーター・デザイナー)を担当していました。
主にチラシ制作が中心でしたので、使用ソフトはイラストレータとフォトショップで、極たまにページものの仕事でIn Designを使っていました。

その経験を活かしたくて、今現在 派遣会社に登録をしてDTPのお仕事をしているのですが、今度派遣される会社は印刷会社でも広告代理店でもなく、In Designしかソフトを持っていないとのことでした。
会社の冊子を作るのに今まで印刷会社に頼んでいたけど、ページ数も多いし校正もかなり多くなってしまうので、自分たちでデータを作ってしまって、後は印刷会社に刷って製本してもらうだけにしたいとのことです。
そこで、印刷会社に何を用意すればいいのかを教えてもらった結果が
Mac OS X/メモリ3G と、In Design CS2 だったそうです。

私は以前印刷会社に勤務していたときにIn Designを使用したことはありますが、そのときはイラストレーターでそれぞれのページのデータを作って、それをIn Designに配置するという方法でした。
先輩にそう教わっていて、特に何も思わなかったのですが、
直接In Designで作業することは初めてで、ちょっと不安です。

今となって、なぜ印刷会社のときは配置するという作業を教えられていたのか、
また直接In Designで作業するとどんなメリット、デメリットがあるのか気になります。
また、皆さんはどのようにIn Designを使用されているのでしょうか?

分かりにくい文で申し訳ありませんが、教えてください。

投稿日時 - 2007-06-12 07:33:56

QNo.3077614

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

いや、両社とも極端な例ですねー。
jintian-sさんが戸惑うお気持ちがよく分かりますよ。
私はIllustrator一辺倒からInDesignに移行したので、
2つの事例とも理解できます。

Illustratorでデザインを完成させページレイアウトソフトに貼るのは、
昔、印刷会社がよくやっていた手法です。
ページものとしてたばねる意味合いより、Illustratorファイル単独出力と
比べ、安定して速く出るという意味合いが強かったのです。
何のためのページレイアウトソフトかと…(笑)。

InDesgnだけで全部処理する流れは、考えようによっては自然です。
画像はアタリでレイアウトしておいて、後処理は製版所まかせ。
トレース(図版)はスキャニングして配置なら他ソフトは不要です。
InDesgnの機能はIllustratorと重複する部分が多く、その気になれば
同じ事を全部できます。
足りないのはパス操作の細やかさと、画像やパスのフィルタでしょう。
文字組はもちろんInDesgnの方が圧倒的にやりやすい。

>なぜ印刷会社のときは配置するという作業を教えられていたのか、

InDesignとIllustrator両方を社員にマスターさせるより、
片方だけの方が教えやすい。管理しやすいからでは?

>また直接In Designで作業するとどんなメリット、
>デメリットがあるのか気になります。

ページものの場合、圧倒的に軽量なデータになります。
以前、70ページをIllustartorで組んだ時は1.2GB(CDR2枚で入稿)。
同じ仕事をInDesignでやったら460MB。
出力もその分高速で安定するでしょうね。
メリットは…、色々ありますよ。

・マスターページで管理すれば、全ページのレイアウト統一が簡単。
・ルビが自在にふれる。(これ重要!)
・ノンブルも自在にふれる(i ii iiiで始まり途中で1 2 3が可能)
・仮にB4サイズからA4サイズに変更される非常事態でも修正が速い。
(実際、そういう目に会ったことがあります(泣))
・入稿前のプリフライト機能でデータをチェックできる。
・パッケージ機能でリンクファイル収集がオートマチック。
・全文検索、置換で語尾統一が容易。

一方、デメリットは、
・QXと比べ動作が重く緩慢。
・各バージョン間の互換性に乏しい。(悲しい…)
・あと少しのところでIllustartorを使わざるを得ない機能の中途半端さ。
・添付の小塚フォントがInDesignのバージョンごとに微妙な差異がある。

以上は2.0から使っている私の経験です。
最初は全く新しいページレイアウトソフトという事で、
出力に大変不安を持ったまま使ってみたのですが、
当初から拍子抜けするくらい安定していました。
大変素晴らしいソフトだと思いますね。

>皆さんはどのようにIn Designを使用されているのでしょうか?

広告やポスターは相変わらずIllustartor中心です。
4ページ以上やシリーズもの、企画書ならInDesignの方が楽です。
文字原稿をそのままInDesign読み取らせて「流し込み」。
自動的に新規ページを連続発生させて流し込んでくれるので、
全体ボリウムを一気に把握する事ができます。

配置する画像はPhotoshop、細かい飾りやトレースはIllustrator。
修正の際はリンクパレットからオリジナルを呼び出せば、
自動的にアプリケーションが立ち上がるのでスムーズです。
シームレスといってもいいくらい。

そんな感じです。

投稿日時 - 2007-06-13 00:33:39

お礼

とても詳しく、ありがとうございます!
そこまで凝ったことをしない限り、In Designはとても便利なんですね。
データが重くなるというのも私の思い込みだったとは(苦笑)
勤務開始日までほんの少し時間があるので、この機会に勉強してみようかと思います。
うーん…自分の無知を思い知らされました(^_^;)

投稿日時 - 2007-06-13 23:50:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

inDesignは察しの通り「ページレイアウト」が目的で
個々のページ内容が個別の場合はphotoshopやillustratorで行う方が細かい事ができる。
非常に乱暴な話、photoshopで画像加工、illustratorで配置、文字打ちを行いinDesignはページへ統合 という工程になる。

photoshopが無いので画像加工や色補正は難しい(回転とかは簡単)
illustratorが無いのでアウトラインの配置が面倒(文字打ちとか線を引く事は勿論できる)
という程度だと思う。
それぞれを簡単にしか行えなくなるって感じかと。

投稿日時 - 2007-06-12 13:20:44

お礼

なるほど。
画像の加工は確かにIn Designでは行うことはできないですよね!
あと、直接In Design で文字を打ったりするとデータがかなり重くなるのでは?と心配しております。
そのことも含め、派遣先の方にイラストレーターとフォトショップの導入を尋ねたのですが、「印刷会社にIn Designだけでいいって言われた」の一点張りで…
とても参考になりました。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2007-06-12 22:08:45

あなたにオススメの質問