こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本は非武装でどうやって平和を保つの?

 日本は、憲法の前文や9条で、戦争をしない国を目指しているようですが、日本が非武装になって、侵略されたらどうやって日本は国を守るのですか?
 中国はチベット人やウイグル人らを大虐殺しています。他国の大虐殺にも手を貸しています。チベット人やウイグル人らがアメリカぐらいの戦争ができる国なら間違いなく中国は大虐殺なんてできていないと思います。
 日本は現実には自衛隊と日米同盟がありますが、共産党などは本気で完全非武装を目指しているようです。
 その主張の根拠は「武器があるから戦争になる。だから武器を捨てればいい。武器を日本が捨てれば他国も武器を捨て戦争が起こらない」と言ったようなことだと思うのですが、逆に言うと、他国が武器を持っていれば戦争をしていいということですか?それに、ほとんど武器を持っていないに等しいチベット人らは現に中国に大虐殺をされています。
 完全非武装では守ることができない事が実証されています。
 なのに、なぜ日本は「戦争ができる国」を目指さないのですか?
 戦争が「できる」と「する」は違うと思ますし、戦争ができなければ、もし中国が日本に来たら日本人はチベット人らと同じ運命を辿ると思います。
 9条廃止反対の人、非武装賛成の方、また非武装でも国が守ることができる方法をご存知の方、日本が自衛隊も日米同盟もなく独立自尊や平和を保てる方法は具体的にどういったことがあるのでしょうか?
 よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2007-05-22 21:06:44

QNo.3021962

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

現実に武力によって侵略されたならば、武力で対抗するしかありません。
なのに、共産党などは武力解体を主張するから「頭の中がお花畑」と言われてしまうのです。

ちなみに武力の「武」の字は『「戈」(ほこ)を「止」める』と書きます。つまり、武力とは「戈を止める力」のことを言います。その力をなくせということは戈を止めるなという事ですから、非武装賛成者こそ戦争肯定者あるいは平和の敵なのです。

非武装には反対でありながら9条はそのままで良いということも聞きますが、武装してても戦争ができなければ無意味という事は小学生でも分かるはずです。
100円持っていてもその100円は使えることができない、となれば当然意味がありません。

仰る通り、中国は他民族も自国民も大虐殺し、しかも、「尖閣諸島は自分のものだ」「台湾も自分のものだ」と主張する国が、日本を絶対に侵略しないと考えるのはどうかしていると思います。たまたま今できないか、していないだけです。反日国家の中国に侵略されれば、チベット人よりももっと酷い虐殺を日本人は受けるでしょう。
竹島に至っては、韓国によって実力支配されているのですから、日本は既に他国に侵略されているのです。しかも韓国は対馬も韓国のものだと考えています。
北朝鮮はしょっちゅう領海を侵犯し、日本人を拉致しました。日本人そのものが侵略されたのです。
北方領土はロシアによって侵略されています。

戦争できる国になると欲が出てくるから良くないということを仰った方が居られましたが、まさに我欲の塊の国々に日本は囲まれ実際に侵略を受けています。

それに対抗するには、残念ながらやはり「戦争ができる国」になることが前提となるのです。現実の世界は武力というパワーバランスで成り立っています。日本がいくらみんなでお手てを繋いで仲良くしましょうと言ったところで、相手がそんな事には付き合う気がさらさらないのでどうしようもありません。
もう銃口は向けられているのです。中国も韓国も日本にミサイルの標準を合わせいつでも攻撃可能なのです。そういった国々とどうやって仲良くなんかできるのでしょうか。

国を守るには戦争ができることが大前提です。先ほど言いました様に、どんな装備をしていたって戦争ができなければ守りようがないからです。
そこで、9条問題が出てきます。9条は戦争放棄を謳っています。ということは国を守ることを放棄しています。憲法の最大の目的は国民の幸福であるのにそれを守る術を放棄しているのです。しかし、自衛権はもともとどんな国でも認められていると言われています。ならば、そういう意味でも9条があるのおかしいです。それに、何より現実の必要性から解釈によって9条が形骸化すれば、歯止めがなくなるということです。現実は9条が存在しないも当然なのですから、戦争や軍隊に関する歯止めがないということになります。これは逆に怖いことです。
したがって、国を守るために軍隊の存在を認めたことが前提の条文が必要になります。それこそむしろ歯止めになるのです。
あるのにないように扱う方が危ないです。現に自衛隊は「どこの国のものか分からない何でもしてくれるボランティア団体」というような印象を持たれている為に、イラクに派兵されてもあまり強い印象を与えませんでした。しかし、自衛隊が「日本軍」という名前だったならば、その印象はまったく違ったと思います。「イラクに自衛隊が派兵されました」「イラクに日本軍が派兵されました」実体は同じなのに言葉が違うだけでだいぶ印象が違います。
つまり、自衛隊はいっそのこと「日本軍」とした方が国民の監視の目が働き歯止めがかかるはずです。外国からすれば自衛隊だろうと日本軍だろうと同じなんですから、日本国民自身がその感覚と乖離していることこそ問題だと思います。

そして、侵略を許さないという事はその侵略に勝たなければなりません。そうすると当然強い軍隊を必要とし、税金がかかるのではないかとも言われますが、お金より命が大事です。お金のために命を捨てては本末転倒です。そもそも何かを得るには当然リスクが伴うものです。

したがって、安易にあるいは短絡的に戦争できる国になることを反対したり、非武装を肯定する人こそ、戦争肯定者であり平和の敵です。そういった人達は他国の侵略を許すのですから。つまり日本の武力解体を主張するの人は日本が滅んで欲しいのです。

以上、乱筆失礼致しました。
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-69072-8

投稿日時 - 2007-05-23 21:15:47

お礼

その通りだと思いました。
やはり武力で対抗するしかないんですね。
あとはアメリカに都合の良い憲法にしないことですよね。
URL先の本も読んでみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 21:34:57

ANo.15

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(17)

ANo.17

以前に類似の質問を立てたことがあります。

『非武装、または軽武装で日本の安全が守れるのか?』
 http://okwave.jp/qa2241111.html

そこで私が理解した内容ですが、非武装または軽武装を主張する人は、国家が常に理性的な行動をとることを前提として、物事を考えているようです。
例えば、どこかの国が日本に攻めてきたとしても、いずれ国連から制裁を受ける。
その制裁が恐ろしいから、日本はどこからも侵略されないと。

しかし、この考えには大きな落とし穴があります。
国家、特に独裁体制の国家では、国の指導者が時として理性を失い、半ば狂った行動をとることがあるということです。
例えば、イラクの元フセイン大統領がそうですね。
さらに遡れば、イギリスが誇る『鉄の女』ことサッチャー首相(当時)の反応を予測できず、イギリス領のフォークランド諸島に侵攻したアルゼンチンの軍事政権といった事例もあります。

まあ、昔の日本もそうだったかもしれませんが、国家は時として狂うのです。
狂った国家がどのような行動をとるのか。
そのリスクを可能な限り予測し、それについて必要な備えをするのが国家のリスク管理、つまり安全保障政策の基本だと思います。

投稿日時 - 2007-05-24 14:21:42

お礼

そんな理性的な前提が成り立つはずがないから、世界中の国が武装しているんですよね。
しかも、非武装派は現に日本が既に侵略を受けているのにまだそんな事を言っているから「お花畑」なんですよね。
攻撃は最大の防御ですし。
本当にこのままだと日本は危険だと思えてきました。
アメリカが真の友好国ではないのは明らかですし。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-24 16:35:28

ANo.16

敗戦のトラウマと戦後教育の失敗です。

他国の武力が強く侵略される恐れがあるからと維新が起こり、明治からの富国強兵が始まった日本の歴史があります。
しかし、戦後教育では侵略される恐れがあったと言う部分を教えずに、昭和期以降の戦争ばかり教えたので、武器があるから戦争をすると言う短絡的な思考に陥ってしまっているのです。
60代以下は戦後教育世代にあたるので、自ら疑問を抱かなかった人は、当然のことと思うようになってしまっています。
これにより、武器を持たなければ戦争が起こらないと錯覚しているのです。
あわせて日本が侵略される恐れなど考えもしないのです。

過去の歴史において非武装で主体的となって守れた国は有史以来存在しないはずです。
逆に日本で(世界的にも珍しい)戦争がなく一番平和だった江戸時代の230年間は、常に武装状態を継続することで平和維持を行っていました。
幕府もしかり、各藩も武家を頂点とし役人も武士であるため、現代風に言い替えれば完全な軍事国家です。
学校教育において武器は戦争につながると指導する以上、江戸幕府が軍事国家だとは教えるわけにはいかず、やけに文化史ばかり教えている始末です。

現在の日本は、仮りに他国から攻められれば間違いなく壊滅します。
これは戦略の基本である、相手への攻撃が一切できないためです。
防御は出来ても敵本国へ攻め込めない状態は、昔の籠城戦と同じです。
籠城戦は援軍を期待できるからこそ出来る手ですが、米国の助けを前提としてしまうため、主体的な国防にはなりません。
仮りに米国が中立的な態度を取った場合を考えてみます。
敵国の取る最大の戦術は、弾道ミサイルなどによる遠隔攻撃です。
現在の日本はルール上もまた保有武力を考えても敵地を攻撃することが出来ず、飛んでくる弾道ミサイルなどを撃ち落とすだけしかできません。
敵国は、自国の防衛を考えずに済むので疲弊することなく一方的に攻めることが出来ます。
対して日本は、攻撃をする側の何倍ものコストとリスクを払って防衛することになり、全てを回避することは難しいため、疲弊きったところを地上部隊に攻め込まれ完全に負けることになります。
逆に日本が反撃できるとなれば、敵国も容易な攻撃を行えないため、戦力均衡による平和を実現維持することが可能になります。

非武装で唯一平和を実現する方法があるとすれば、世界中の全ての国が一斉に軍事放棄をする以外にはありません。
また人の歴史を見る限り、戦争は繰り返されているので、人が存在している限り戦争に巻き込まれるリスクがあります。
ようするに人間が地球上から消滅しないかぎり、非武装で平和を実現することなど理想論に過ぎないということです。

投稿日時 - 2007-05-24 01:02:30

お礼

攻撃能力があった方が低コスト低リスクなんですね。
しかも戦争が起こる可能性がむしろ低くなる。
大事なのは相手に「戦争をさせない」ようにしてやる事ですよね。
「戦争とは」「実際に侵略されたら」「平和を保つには」など、こういった事を普段から考えたり、学校でちゃんと教わらない事が一番危険な気がしました。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-24 08:58:10

ANo.14

#9 です.
#11 への補足に対しては私も #13 と同意見... というか, そのような質問に対しては「侵略されないような状況になってから非武装にするのだから侵略されることはない, だからそんなありえないことは考えなくていいんだ」と返すんじゃないかなぁ?
そんな考え方でうまくいくとはとても思えないんだけど, 正直なところ私にはそれ以上の答えが想像できません.

投稿日時 - 2007-05-23 19:15:14

お礼

他民族どころか自国民でさえ大虐殺する大国がすぐ傍に居るのに、侵略されることはありえない、と考えることこそありえませんよね。
危機管理はしっかりして欲しいです。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 19:25:13

ANo.13

「侵略されない以上軍隊が必要でない」のと同じ論法です。
現実に日本が非武装になることがない以上、日本が非武装になって侵略されたらどうやって国を守るのかは考える必要はないでしょう。
つまり回答はありません。というか、彼ら(非武装賛成の人たち)はこういう質問には意図的に答えません。
天文学者に「太陽が西から昇ってきたらどうなるか」と質問しても答えは返ってこないでしょう。なぜなら、太陽は必ず東から昇ってくるのだから。

彼らが非武装を求める大きな理由は「誰か(現状・政府・改憲派)を批判したい」ということです。非武装で侵略されたどうするかを考えることは、彼らにとってはどうでもいいことなのです。

投稿日時 - 2007-05-23 17:30:08

お礼

非武装賛成などの人たちは無責任ですね。
特に国会議員は国や人の生命を守ることが使命なのに、自らその使命を捨てるようなことを主張して私達の税金で生きているなんて、おかしいですよね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 19:17:55

ANo.12

No11への補足がありましたのでもう少し。
自衛のための武力と戦争するための武力ははっきり区別すべきです。今の日本の武力は「自衛のための武力」の限界をはるかに超えています。戦争の好きな国の戦略に組み込まれた武力で、その国が始めた戦争に否応なく引きずりこまれる懸念があります。集団的自衛権は解釈改憲では無理だから改憲を急いでいるのでしょう。いや、解釈改憲出来ないか検討を指示したとか言ってませんでしたっけ。
隣の家がやっている喧嘩にこちらも加担するようなもので、そんなことをしたら他所の喧嘩の当事者になってしまいますよ。

実際に侵略があったら毅然として対処すべきでしょう。そのための軍備は必要だと思います。あくまで専守防衛です。そして戦争が起こらないように日本は平和外交のイニシアチブをとるべきだと思います。平和憲法を持ち、二度も原爆の被害を受けた国としてどの国よりもその資格と責任があります。堂々と世界に向かって胸をはれる国だと思います。
しかし残念ながら実態は前述の通り、そうはなっていないから困るんですね。

投稿日時 - 2007-05-23 17:07:54

お礼

>実際に侵略があったら毅然として対処すべきでしょう。
という事は、日本は戦争ができる国なんですね。少し安心しました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 19:13:53

ANo.11

何のための憲法改正かと考えると、
日本が戦争をしかけるとか仕掛けないの問題ではなく。アメリカの起こす戦争に協力するための改憲です。
日本がどう思おうかなどイラク戦争の自公の反応をみていればわかることです。アメリカに引きずられていくだけのものです。
またこの改憲が達成されれば、国家予算のうち軍事費にはどれくらい予算が付くのでしょうか?借金大国の日本ですが、軍事費が拡大すればするほど、生活予算は、削られます。
日本に必要なのは、武力でなく外交戦略と他国との協調です。
税金でパーティー三昧の外交官こそ改正してもらいたいものです。

投稿日時 - 2007-05-23 13:14:12

補足

 ご回答くださった方々、ご覧に頂いている方々へ。
 私の質問の仕方が悪かったのかもしれません。すみません。
 私が一番聞きたいのは、日本が丸腰の場合に武力によって他国などから実際に侵略されたら、日本はどうやって日本を守るのかということです。
 侵略されないようにするんだとか、憲法がどうのとかと言うより、現実に実際に侵略された場合に武力を使わずにどうやって、その侵略を防いだり抵抗したりするのでしょうか?
 私にはそれが分かりませんが、非武装を主張する方々は武力に代わる現実の侵略を防ぐ手段を知っていて、だから非武装を主張しているのかと思い、それを知りたく質問しました。
 分かり難い質問で申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2007-05-23 15:29:25

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 15:02:53

ANo.10

質問者さんやその他何人かの方々は何か大きな勘違いをなされていますが、日本の自衛のための戦争-戦闘は政治家も憲法も否定していませんよ。

ただ現状憲法下では同盟国の戦争戦闘には参加ができないため、同盟国の有事にも対応できるようにすべき として現在改正議論がすすんでいるのです。
例えば、グアムの米軍基地が攻撃されていた場合、現状憲法下では日本は見ている事しかできず、その戦争戦闘に参加する事はできません。
改正の目的は同盟国が有事の場合において、日本は同盟国としてその戦争戦闘に参加し、その意義を果たせるようにするというのが現在の憲法改正の目的です。
ただ米軍の圧倒的な軍事力を前に、米軍に攻撃を仕掛けようとする国家などは存在しませんが。

投稿日時 - 2007-05-23 13:05:51

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 15:02:31

ANo.9

「非武装」といわれる国はいろいろありますが, 多分アイスランド以外は無視していいと思います. とはいえ, アイスランドも最近まで米軍が駐留していた (もちろん米軍が撤退するときに国防をどうするか検討したんですが, さしあたり国防軍は置かないということにしたらしい) んですが.
あと, 共産党の場合は「軍隊がなくてもいいような周辺状況を作る」という前提があったような気がします.

投稿日時 - 2007-05-23 12:43:08

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 15:02:11

ANo.8

今ぞとばかり共産党や社民党の悪口雑言を叫んでいる人がいます。私は共産党や社民党が正しいなどとは思っていませんが、様々なデマに汚染されている人が多いのも事実ですね。思い込みや妄信でなく、もう少し本当の姿を見ようとする努力も必要です。私は、日本という国がいつか来た道にだんだんと戻りつつあることをひしひしと感じます。政治、経済、社会などわれわれを取り巻く環境は今どうなっていると思いますか。これらの問題と憲法問題とは別ではありません。密接に結びついているのです。憲法は最高法規ですから当然の話しですが。憲法問題は武器を持つかどうかといった単純な話しではないのです。

投稿日時 - 2007-05-23 11:05:49

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 15:01:53

ANo.7

共産党がお花畑なんて書いている人がいますが、
とてもそうには思えませんね。
そんなに彼らは○鹿ではないでしょう。

彼らは虎視眈々とそのときを狙っていると思いますよ。
その時となれば、日本国憲法など一蹴して
革命を起こしてマルクス・レーニン主義憲法を強行導入するでしょう。
「憲法改悪反対」などの戯言は、単なる戦術ですな。
まして中共の言いなりなんかにはなりませんよ。

まぁ、「その時」が来るようには全く思えませんが。

なお、社民党は旧社会党のまともな所(右派)が抜けた抜け殻ですからな、
お花畑ともいえましょう。

投稿日時 - 2007-05-23 00:24:03

お礼

怖いですね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 09:12:12

ANo.6

後にも先にも現状維持!! NO.1の方の意見に同意です。
大体、わめくだけわめいて事が起きたら責任逃れのパターンが見える。
勘違いしているようですが、
>戦争をしない国を目指しているようですが

「しない国」ではないです。「しかけない国」です。

投稿日時 - 2007-05-23 00:11:03

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 09:11:21

ANo.5

> 完全非武装では守ることができない事が実証されています。

 実際その通りなのですが、現実が見えない人はいるのですよ。
 脳内お花畑なのか、「中国様に早く侵略してもらって中国様の一部にしてもらいてぇだ」なのか、よく分かりませんが。
 共産党とかね。

> 独立自尊や平和を保てる方法は具体的にどういったことがあ
> るのでしょうか?

 あって、具体的なものが提案されていれば、「脳内お花畑」なんて言われませんよ。

 日本が今まで侵略されなかったのは、自衛隊があって日米安全保障条約があったからです。
 経済的とか学術的に価値がある状態を達成したとしても、それを守る軍事力という担保が無ければ、砂上の楼閣に過ぎません。何かの拍子にチベットの轍を踏むのは、時間の問題です。地球が有限である以上、軍事力の空白地域は存続できませんから。
 北朝鮮がいい例ですね。どうしようもなく飢えてしまえば、どんなに経済的とか学術的に価値があろうが、物資のある所へ銃を持って略奪に来ます。それを押さえることができるのは、やはり銃を持って立ち塞がる実力だけです。

投稿日時 - 2007-05-22 23:57:04

お礼

そうだと思いました。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 09:11:01

ANo.4

No3です。
「自衛隊を改変し」は「自衛隊を改編し」の誤りでした。

投稿日時 - 2007-05-22 22:52:37

ANo.3

九条には「…国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。…陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」都合のいいように解釈せずこれを素直に読めばいいのです。憲法解釈を変えてどんどん九条を骨抜きにしてきました。武装していないから大虐殺が起こるなど妄想です。武装したからといって侵略はされないでしょうか。侵略されて今の自衛隊で守れますか。守れないならもっと軍備を増強せよとばかり際限なく軍拡されます。紛争を武力で解決するなど全くナンセンスです。自衛隊は日本という国を守るためだけではなく実質的に他国の戦略に組み込まれ戦争をさせられる国になっています。集団的自衛権を認めようとしているのもその現われの一つです。これはまさに戦争を「する」ことです。改憲論者たちが盛んに他国の侵略云々を言いますが、彼らの思う壺にはまらないようにしっかりと本質をみていきましょう。

>完全非武装では守ることができない事が実証されています。

どこでそんなことが実証されているのですか。
虐殺があったとか言うことで問題をすり替えてはいけません。チベット人は武器を持っていなかったから中国に大虐殺されたなど全く持って論外です。

今さら自衛隊を解散するなど不可能でしょう。日本がどこかの国の州の一つではなく名実ともに完全な独立国として自衛隊を改変し九条を守り抜くことを世界に向かって宣言することです。

投稿日時 - 2007-05-22 22:46:00

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 09:08:59

ANo.2

非武装で平和な国家建設を目指すというアプローチは確かにあっても良いと思いますし、それを研究することは決して無駄ではないと思います。
ただ共産党や社民党のような武器をすてれば平和になるみたいな頭の中がお花畑的な意見には全く賛同できません。

永世中立を目指すには、まず敵対勢力を一切作らないという努力が必要です。ですので政治的には完全中立を目指します。当然国連からも脱退。海外への援助もしないし、逆に海外からの援助も全部拒否。エネルギー、食料は完全自給自足。輸出も輸入も当然なし。海外での経済活動もしない(してもいいけど日本政府としては一切の援助はなし。例えば在留邦人が紛争に巻き込まれたからといっても完全放置)。というのがまず最低限のライン。

それプラス諸外国から、日本という国の存在価値としてあっても良いと思われるメリットも必要です。
例えば各種多様な自然環境を利用して、世界各国からの希少な野生生物、植物を受け入れて、日本全土を世界の動物園とするとか。世界から留学生を受け入れて日本を世界の大学としての教育機関とするなど。日本人は単にそこで働く職員となります。

イメージとしては砂漠のオアシス的な地位を目指すという感じです。敵でもなければ味方でもない。言うとすれば、全ての敵だし、全ての味方。それでありながら存在のメリットを等しく与えることが出来るなら、侵略しようと思ったとしても、それにブレーキをかけることができやすくなるとは思います。

がただし日本の場合、地理的条件が最悪です。丁度ロシア、中国にとっては蓋をする形だし、アメリカにとっては基地としてまた好都合なのです。この悪条件をどうにかしない限りは、あるいはこの地政学的な特徴があまり意味を成さなくなるような科学技術の発展がない限りは難しいと思います。

投稿日時 - 2007-05-22 22:08:17

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 09:08:28

ANo.1

9条廃止は反対ですが、非武装は賛成しません。今の状態がいいです。
非武装は現実には無理です。・日本も兵器は世界で8位(今はもっと上かな)といわれているし、先日もアメリカの最新戦闘機購入を狙ってますしね。
スイスも中立と行ってますが、国民全員が兵士なんですよね。
もっとも皆殺しにされてもいいと国民が思えばありえるかもしれませんが、現実非武装はありえません。
ただ戦争できる国を目指した結果、欲がでて、戦争を仕掛けてしまい、
敗戦して惨めになってしまったので、戦争できる国は目指したくないです。無論自分にも経験はないし、今の国民のほとんどが経験がないですが、悲惨な状況を聞いています。
武装はしていても戦争できる国は目指さなくて良いと思います。
必ず欲深い人が出てきて、戦争仕掛けますので・・・・

投稿日時 - 2007-05-22 21:43:35

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-23 09:07:51

あなたにオススメの質問