こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

5月20日から6月1日の間にアメリカ西海岸で大地震が起こる可能性?

USGSは口封じされているという噂がひろまってるというんですが

http://www.asyura2.com/0601/jisin14/msg/258.html

事実なのでしょうか?!

投稿日時 - 2007-05-16 22:27:37

QNo.3005996

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

No.1です。回答を訂正いたします。

世界中の地震のリストを作った宇津徳治氏(東大名誉教授)のリストには載っていませんが(明確な史料がないため)、1700年にアメリカからカナダの西海岸で巨大地震が発生した可能性があります。
これはインディアンの伝承とも一致するそうです。
この地震はファンデフカプレートと北米プレートの境界で発生し、マグニチュードは8.7~9.2と推定されています。

怪しげではない機関(産総研)にもこの地震の記述があります。
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031121/pr20031121.html
ですから、西海岸では巨大地震がまったく起こったことがないというのは誤りです。お詫びして訂正いたします。

ただ、
・最大でM10というのはこのプレート境界でも理論上起こり得ない(M10の地震を起こすには、連続した5000km以上のプレート境界が必要)
・ニューマドリッドやイエローストーンの予想が外れている
・地震研究の先進国である日本の予知能力から見ても、日単位での地震の予測はほぼ不可能である
という理由から、ご質問にある巨大地震予測については非常に疑わしいと言わざるを得ません。

投稿日時 - 2007-05-17 23:31:26

お礼

>No.1です。回答を訂正いたします。

世界中の地震のリストを作った宇津徳治氏(東大名誉教授)のリストには載っていませんが(明確な史料がないため)、1700年にアメリカからカナダの西海岸で巨大地震が発生した可能性があります。
これはインディアンの伝承とも一致するそうです。
この地震はファンデフカプレートと北米プレートの境界で発生し、マグニチュードは18.7~19.2と推定されています。

怪しげではない機関(産総研)にもこの地震の記述があります。
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031121/pr2003...​
ですから、西海岸では巨大地震がまったく起こったことがないというのは誤りです。お詫びして訂正いたします。

ただ、
・最大でM10というのはこのプレート境界でも理論上起こり得ない(M10の地震を起こすには、連続した5000km以上のプレート境界が必要)
・ニューマドリッドやイエローストーンの予想が外れている
・地震研究の先進国である日本の予知能力から見ても、日単位での地震の予測はほぼ不可能である
という理由から、ご質問にある巨大地震予測については非常に疑わしいと言わざるを得ません。

ご回答ありがとうございましたorz

投稿日時 - 2007-05-21 15:35:02

ANo.1

結論から申し上げますと、その可能性は限りなく低いです。(0.00000000000000000001%くらいとでも言っておきましょうか)

まずアメリカ西海岸では有史以来マグニチュード(M)8を超える地震は1度(1906年のサンフランシスコ地震)しか起こっていません。M8.5以上の地震はゼロです。
(もしアラスカも西海岸と言うのであれば、M9以上の地震も起こっています)
過去に起こらなかったことが今後起こらない証拠にはなりませんが、考えにくいことです。

また、アメリカ西海岸のプレート境界はとくに長いものではなく、M9を超える地震が起こるとは考えにくいです。
リンク先にはM10なんていう字も躍っていますが、これはペルー沖でしか起こりえない地震とされています。

文中にはさらに、それに先行してニューマドリッドやイエローストーンで地震が発生すると書いてありますが、そのような地震も起こっていません。
すでにその怪しげな予想は外れています。

他にも突っ込みたいところは山ほどありますが、とりあえずこんなところで。

投稿日時 - 2007-05-17 18:13:46

あなたにオススメの質問