こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ハンドボールの練習法および指導法 

 僕は、現在ハンドボール部で主将をやっています。

 今度、夏の大会があり、それに向けて練習をしています。
 うちのチームはディフェンス0-6形でセンターに抜かすようにディフェンスを決めています。

 しかし、うまい練習法が見つからずになかなかチームがまとまったディフェンスになっていません。

 これを解決するにはどのような練習を行えばよいのでしょうか? 

 僕の知っている限りでは0-6形ではアウトに抜かしてサイド勝負するのが普通ですがうちのキーパーがサイドシュート(両サイド)に弱く、大会までの日数が少ないのでこの形にしました。

 また、主将として何をすべきなのか最近わからなくなってしまっています。うちの部員は初心者が多く次回の大会には必ずその中の何人かが出場しなければならないのですが、初心者にあわせた練習になると、経験者の練習にはあまりならないし、経験者重視になってしまうと、初心者がついてこないし・・・

 主将という立場とはどうあるべきであるのかも上記以外のことでも悩んでいます。

 どなたか、アドバイスをおねがいいたします。

投稿日時 - 2002-06-21 15:32:57

QNo.296962

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

基本的にディフェンスは全員の意思の疎通が大切です。
ひとつのボールに対して効率良く各自が動けるようにシステムを組みます。0-6型でセンターを抜かすのであれば
両側の3人をワンセットとして中心の選手が指揮を取る形が良いと思います。具体的には、指揮をとる選手の指示で動けるようにディフェンスパターンを決めます。相手の動く方向を0-45-90等の角度で声に出す…ハイ・ロウの指示を出す。その時の意思疎通の暗号のようなもので動けるように練習します。(実戦形式で)それを外から見て動きのおかしい部分を修正します。また他方への引渡しも明確に指示出来るようにして置きます。
初心者に対しても、あるパターンを明確にして置き、役割を明確にして置きます。融通は利かなくても効果はあります。肩が強い・足が速い・背が高い等々によりポジションと役割を明確にしてあげるようにする。
我が部でも初心者や技術的に劣る選手がいます。紅白戦では当然参加しますが、私は副部長として良く2軍を指揮しますが、レギュラーチームが負けてしまいます。部長は、『お前が指揮するとレギュラーチームが負けてしまう理由が分からない』と言う事を良く言っています。何故2軍のメンバーに負けるのか理由が分からないようです。
指揮の仕方としては、キーパーがキャッチしても必ず肩の良い○○にすぐ渡せとかお前は相手がシュート体制に入ったら先に速攻を掛けるためダッシュしろとか…それに対して肩の良い選手からパスを出す…。等々が例です。
我がチームは県大会ベスト8以内を15年続けていますが
そんなレギュラーチームにも充分通用します。
Wカップ真っ最中ですが、レギュラーチームはブラジル型、初心者や二軍はドイツ型…個人技と組織統制の違い…これを上手くメンバーにより組み合わせる戦術を考えるのが主将の立場だと思います。
それよりセンターを抜かすのは無謀だと思いますが…

投稿日時 - 2002-06-22 03:38:58

お礼

返答ありがとうございました。

先日、大会があったのですがしっかりと目的意識を高めて望んだ結果1回戦は無事勝つことができました。

これからは、さまざまな文献や監督さんと交流して練習に望みたいと思います。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-07-08 15:26:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問