こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己PRの書き方について

自己PR(転職)の書き方について質問をお願いします。

新卒時の就活の場合は、大学時代の活動やそれまでの自分を
振り返った部分の自己分析等元に性格ややる気、意気込みと
いった内容が目立つと思うのですが、
転職となるとそれらよりもやはり今までしてきた実績や、
次のステップでどう生かせるか等のより具体的な内容で
良いものでしょうか?(ある意味職務経歴書の内容と
ややかぶる部分がでてくるとは思うのですが)

やる気部分も大事ですが、より実績・能力部分を
強調するような書き方でよいのかな?と個人的には
感じているのですが。。。

また両方必要としても、各企業、転職サイト等により、
三百文字程度のところもあれば、八百文字以内というものもあり、
割合を踏まえた上で、若干戸惑いましたもので、
質問させていただきました。

ご経験談等お聞かせいただけますと幸いです。

投稿日時 - 2007-04-28 01:57:37

QNo.2956076

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

2回目の転職したてです。

以前は「・・いかなるときも前向きに、全力で・・・努力を怠らず・・云々」など根拠を示さず、選挙演説のようなことを書いてイマイチな結果ばかりの転職活動でしたが、論理的に経歴と能力をPRしてから活動したらすぐに採用されました。

>やる気部分も大事ですが、より実績・能力部分を
強調するような書き方でよいのかな?と

そのとおりです。同業種でしたら実績を数字で示すのも効果的でしょう。私は異業種・異職種でしたから、どういう能力や体験が希望する職種に通じるかを強調しました。業種は違っても専門家としてお客の対応をしたエピソードや、どういうときに大変でどういう乗り切り方をしたか、そしてどういう自分を発見して、今後どんな仕事を、どういう方向性でやりたいのか具体的に書くとその後の面接でも反応が違いました。

例えば「私はモノを売るのは苦手でしたが、その良い面を見つけて人に説明するのは得意です」「大量の事務処理をこなすのは遅いですが、こじれた案件を粘り強く相手と交渉して処理した経験があります」と実話を混ぜるようにしました。字数制限にもよりますけども「おっ」と読む人を引き込むことが大事です。
書き方を工夫することで、採用側の求めるイメージと重なってくるのだと思いますし、結果的に適材適所の転職が出来ると思います。自分に合わない職種や職場に採用されても、また辞めることになりますものネ?

ご健闘を!

投稿日時 - 2007-04-28 06:26:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>転職となると、それらよりもやはり今までしてきた実績や、次のステップでどう生かせるか等のより具体的な内容で良いものでしょうか?

中途採用の場合、今までどんなことをやってきてどんな結果を出したか、が一番重要になります。新卒とは違うステージが求められていますので。

やる気は、面接で伝えればいいと思います。

投稿日時 - 2007-04-28 16:26:03

ANo.1

今までの経験と能力を生かして、その会社で何ができるのかということに主眼をおかれるのが良いと思います。
私の経験からすると、やる気をいくら書かれても、何も感ずるものはないというのが正直なところです。
それよりも自分の能力を的確に判断して、それをどう活かしたいのかと言うことがしっかりと書かれているほうが、一度会ってみようかという気にさせられると思います。

簡単ですが、ご参考にしていただければと思います。

投稿日時 - 2007-04-28 06:08:16

あなたにオススメの質問