こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

貴社に対する債務とは

これは、こちら側からして、売掛金でよいですか?

反対に「貴社に対する債権」といわれたら、
こちら側からして、買掛金と考えていいですか?

初歩的な質問ですみません。

投稿日時 - 2007-04-25 12:19:54

QNo.2949119

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「貴社に対する債務」とは、自社にとっての債権です。
債権は、必ずしも「売掛金」で計上しているとは限りません。未収入金、長期未収入金など、取引状況により、流動資産・固定資産・投資その他の資産のそれぞれに含まれている勘定科目に計上し得ます。

同様に、「貴社に対する債権」とは、自社にとっての債務です。
債務も、必ずしも「買掛金」で計上しているとは限りません。未払金、長期未払金など、取引状況により、流動負債・固定負債のそれぞれに含まれている勘定科目に計上し得ます。

投稿日時 - 2007-04-26 01:36:22

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

債務=返さなきゃいけないお金
債権=返してもらえるお金
と置き換えて
貴社に対する債権→貴社に対する返してもらえるお金→当社が返さなきゃいけないお金→当社の買掛金
です。

投稿日時 - 2007-04-25 14:30:26

ANo.1

こんにちは!
勘定科目の用語説明
売掛金とは、商品を掛売りして、代金を後日支払を受けるお金です。
商品以外の物を掛売りした場合は、未収入金の勘定科目を用います。
買掛金とは、材料や商品を仕入れて後日支払うお金です。
区分としては
売掛金=資産科目
買掛金=負債科目です。
上記の説明から判断してください。
ご参考まで

投稿日時 - 2007-04-25 13:12:51

あなたにオススメの質問