こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

労働金庫の労働環境と今後について

先日、政府系金融機関から内定いただきました。ただ長い人生なので、もっとしっかり考えたいと思い、非営利金融機関である労働金庫への就活を考え中です。

率直に聞きますが、労働金庫というのは、働きやすいんでしょうか??世間で言う激務でしょうか??また、今後も経営は成り立っていくか、おわかりの方教えてください。

投稿日時 - 2007-04-21 08:56:46

QNo.2937724

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

営利を目的としてないだけ
働きやすいでしょう。
数字数字・ノルマノルマ。っていう
社風じゃないし、追われるものは無いし。。。

同じ銀行・信用金庫に比べたら
心的プレッシャーは確実に楽だと思う。

通常は貯金いくらとか、貸付残高とか
不良債権比率とか、いろいろあるのよ。
定期やらなんやら、これからは国際も証券も
絡まってくるだろうし。。。

ますます普通の金融系は競争社会だよ。
労金は、労働者のためのものだし
無理な資金繰りとか資金回ししないようにするし、
そもそも<無駄な>←変な言い方だけど
利益をあげようとしないじゃん。
最低限の職員とかの給与や、経費とか・・
それだけ確保しといて、
あとは低金利とかで顧客に還元するのが主の仕事なんだし。
まあ、残業とか休日出勤とかは
どんな仕事でも人による。
要領の悪い人間は、やはり
それが多くなって
はたから見ると悪条件の労働環境に見えちゃう。

労金は、まず休日出勤ないでしょ。
残業も、そこまでひどくないでしょう。

まあ、やってることは
その辺の銀行。信用金庫と同じ。
これは、全国共通^^;
問題は、心的プレッシャーです。
ノルマ云々で言えば、民間とは
かなりかけ離れて気楽に仕事できるよ。

投稿日時 - 2007-04-21 21:24:33

お礼

ありがとうございます。詳細なご回答で助かります。

投稿日時 - 2007-04-22 09:38:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問