こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

スピーカーコードについて

アンプとスピーカーをつなぐコードを良い物に変えると、音が良くなると聞きます。
なぜでしょうか?
スピーカーコードは電化製品などにつかわれている電源コードと同じく、見た目は細い銅線を何本も束ねた単純なものだと思います。
しかも市販のスピーカーコードのパッケージの注意事項に「電源コードとしては絶対使用しないで下さい」とあります。
なぜですか?
電源コードとスピーカーコードは両者とも単純な銅線ではないのですか?
いったい何が違うのでしょうか?

投稿日時 - 2007-04-15 01:34:39

QNo.2922070

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

基本的には同じ銅線です。

しかし、SPケーブルは細いものが多く家庭用電流に対応できない場合が多いです。
そのため電流を流すと出火の恐れがあるため、JIS規格で厳しく電源ケーブルは決められているためです。

ゴムホースを想像してみてください。
水道から水を通せる細さのゴムホースで、消防車の水圧には耐えられるでしょうか、途中で圧に耐えられなくなり破裂しますね。
これが銅線にも言えます。

逆に電源用ケーブルをSPケーブルとして使うことは可能です。
太さが十分ですので、SPケーブルとして使えます。

そして忘れてはいけないのは、銅線を束ねているだけと軽視してはいけません。それは同じ銅線でも束ね方(練り方)によって電流の速度や音質が変化するからです。
普通に束ねると1本1本がお互いのノイズによって影響を与えてしまい良い音質になるとは限りません。
今でも取り回しにくい単線ユーザーが居るのは、そのためです。
しかしすべてが単線が良いとは言えません、デメリットも存在します。

投稿日時 - 2007-04-15 11:32:49

ANo.1

OKWave でスピーカーコードで検索するといいですよ

投稿日時 - 2007-04-15 01:59:36

あなたにオススメの質問