こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Redhat LinuxとのデュアルブートのWindows98をアップグレードしたい

Redhat Linuxとのデュアルブートで起動する
(現在は起動したときのLILOでlinux起動を選択できる、選択なしでWindows)
Windows98をWindows2000にアップグレードさせたいと思っています。
中のソフト、データなどは避難済みで消えてもいいものと考えてください。
(ただLinuxのソフト、データは残ればそのほうがいい)
パーティションはWindowsとLinuxで分かれていて、
お互いのディスクへの読み書きはできないようです。

4通り方法は考えました。
1.Windows98上でWindows2000CDを挿入してアップグレードインストール
2.はじめからWindows2000CDを挿入したまま起動してクリーンインストール
3.全部FDISKしてからWindows2000→Redhat Linuxの順でインストール
4.全部FDISKしてからRedhat Linux→Windows2000の順でインストール
ほかにあるのかもしれません。

特に怖いのはNTDIRが入ることによってLILOが破損して、
Linuxが起動できなくなることなのですが、
今回の場合はどういうインストール方法をとったものでしょうか。

希望としてはできれば何もいじらない上にあまり扱いなれていない
Linuxの再インストールはしたくないところです。
Windows2000に比べると周辺機器の再設定がややこしいので・・。

投稿日時 - 2002-06-12 15:04:31

QNo.290508

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Windowsって、再インストールするとMBR書き換えてしまうんですよね。たしか。
とりあえず、Linuxのパーティションを残しておけば、Windows系OSをインストールしたあとでも立ち上げることは可能です。(3、4はやらなくてもだいじょうぶということです。)
そのために、いわゆるブートディスクを作成しておいてください。ddコマンドで現在使用しているLinuxカーネルをフロッピーディスクにベタ書きしておくだけで、そのフロッピーディスクからブートできます。(注:普通の(E)IDEハードディスクにシステムがあることを仮定しています。それ以外だとまた話は別。)まずそれでブートすることを確認できればあとはWindowsを好きにインストールできます。最後にLinuxを立ち上げて再度liloすればいいかと思います。
この際、liloからgrubに変えることをお勧めしますが。

参考URL:http://sdb.suse.de/en/sdb/html/kgw_bootdisketten.html

投稿日時 - 2002-06-13 02:04:54

お礼

ブートディスクの考えはいいですね(^^)/
ハードディスクはIDEなのでほぼ完全にいけるとおもいます。

ただ、Linuxを普段から使ってない分知識が虫食いもいいところなので、
Linuxカーネルってどこだ?という基本的なとこから
それこそ最初から、やり直したいと思います。

すばらしいご指導いただきありがとうございます。

投稿日時 - 2002-06-13 08:57:45

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>特に怖いのはNTDIRが入ることによってLILOが破損して、
>Linuxが起動できなくなることなのですが、
これはNTLDRの事だと推測してですが、これは必ずインストールされます。
これがないとW2kが起動できないので・・・。
僕はですが、MBMというブートローダーを使ってマルチブート環境を構築しています。
http://elm-chan.org/fsw/mbm/mbm.html
MBMを使ってもいいかとも思いますが、ここからのリンク先にあるサイトで非常に有用な事が書かれているサイトがあります。
http://www.tky.3web.ne.jp/~applause/mbm/
今回の質問の話と非常に似通った事も書かれていますのでまずはそちらを参照してみて下さい。
では。

投稿日時 - 2002-06-13 01:45:21

お礼

ありがとうございました、非常に参考になりました。
ただ、MBMはさすがに一寸見てて難儀、というか
LILOの立ち上がる環境と並立しがたいようなこと書いてあるので、
No2.の方の方法を先に考えます。

投稿日時 - 2002-06-13 08:53:59

あなたにオススメの質問