こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国際結婚に失敗したことを恋人に話すべきでしょうか?

少し前、インドの方と結婚して離婚しました。
親からも反対され、無理を押し切って結婚し、結局、だまされていることがわかり、2年とちょっとで離婚に至りました。

今、好きな男性がいるのですが、
彼には離婚したことは正直に話しましたが、
国際結婚していたことは話していません。
そういう結婚をしていたため、
何だか正直に話すことで、
自分のだらしなさをさらけだすようで、
そのことで、
嫌われてしまいそうで、
まだ話していないのです。

改めて話を切り出すと、
あまりよくないという気がしてならないのです。

友人で年齢を隠していて、
改めて本当の年齢を告白したところ、振られたという友人がいました。

正直に話すべきでしょうか?
そういうタイミングって、いつごろがいいのでしょうか。

宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-04-07 01:45:58

QNo.2900703

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

お話いただきありがとうございます。
これでようやく背景が見えてきたような気がします。

当初のご質問文中のように『だまされていた』と今の彼に説明するおつもりなら話すべきではありません。あなたは離婚の事実を封印してしまいたいでしょうが、それはあなたの人生からけっして消えはしません。なにが悪かったのか、その教訓をどう今後に生かすのか、それをしっかり見つめ直さなくてはあなたの今後の幸せはないと思います。

今の彼が『インド人にだまされて結婚・離婚』などとあなたから話されたらどう思うか。「そうなんだー」と軽く受け流すのならあなたのことを真剣には考えていない証拠でしょう。妻になる人の過去の結婚離婚を気にしない太っ腹(鈍感?)な男性なんていません。いたらただの考え無しの将来の計画もない行き当たりばったりの人でそれこそお付き合いも止めるべき。

インド旅行者の間ではインド人男性に簡単に関係を持ってしまったり貢いでしまう日本女性旅行者に非難の声があがっています。あなたもその一人に思われてしまうかもしれません。

私がもし彼の立場であなたとの結婚を考えているならこう思います。
「自分がもし不遇にもリストラに遭ったり会社が倒産したり病気で倒れたりしたとき、この女性はやっぱり『だまされた』と一方的に自分を非難して即離婚と言い出すのじゃないだろうか?自分の両親兄弟に大事が起こって援助が必要になったときに、この女性は自分をサポートしてはくれないだろう。」
実際にそんなことが起きるかどうかではなく信頼関係の問題です。あなたは今離婚の事実から逃げています。次の結婚生活でも有事が起これば夫婦で力を合わせて立ち向かうべきところを、あなたはただ逃げてしまうと思われるのは自然ではないでしょうか?

あなたは両親に反対されても無理を押し切って結婚するほど元夫を愛したのでしょう?結婚する前の元夫との思い出まで封印してしまうのですか?あなたも苦しんだでしょうが、元夫も充分苦しんだのではありませんか?それを『だまされていた』と元夫だけを悪者にし、あなた自身をも『インド人のいかがわしい誘いにホイホイだまされた愚かな日本女性』に貶めるのですか?

元夫はあなたと知り合い結婚を申し込みました。そこには裕福な国日本への憧れもあったでしょう。アメリカへIT技術者として渡った従兄弟のように、自分も一生懸命に働いて裕福になれる。家族に仕送りも出来て、妹にダウリを持たせてやれる。家族の結びつきを大事にするインド人なら、自分は日本人と結婚してこんなに幸せな家族を築いている、そんな姿を故郷に自慢して見せたかったでしょう。

ところが日本にはインド人によい就職先はありません。英語が出来ればオフィスワークも可能なアメリカとはわけが違う。日本語の会話なら語学の天才の彼らは簡単にマスターします。ところが読み書きは別。英語はアルファベット28文字ですが、日本語はひらがなかたかな何千という漢字を覚えなければなりません。漢字は使い方によって読み方まで違う。加えて日本人の閉鎖性とアジア人に対する露骨な差別。インドなら厚遇してくれるはずの妻の両親の反対。インドでそこそこの暮らしをして高学歴でプライドの高いインド人なら、おかしくならないほうが不思議なくらいです。

離婚を責めているのではありません。元夫も認識が甘かったし弱すぎました。不当に虐げられていると錯覚し、唯一の味方の妻にもその不満を向けたのかもしれません。離婚は二人が陥った悪循環を断ち切り、あなた自身を自由にしたと共に、元夫を呪縛から解放したのです。恨みはあるかもしれませんが元夫が苦しんだことを思えば今、あなたが一度は愛した元夫がインドで良縁に恵まれて幸せをつかむことを願う気にはなれませんか?

何が悪かったのか。例えばあなたが日本社会の閉鎖性やアジア人に対する差別、就職の難しさ、日本語の読み書きの難しさ、あなたの両親の反対等について元夫に充分に理解させられなかったこと。金銭的な要求に不用意に応じてしまったこと。彼が苦しんでいるときに充分なサポートがなかったこと。あなたのご両親もただ反対するのではなく、もっと話し合い元夫のことインドのことを良く知り、見通しの甘さを指摘するべきでした。

あなたはだまされたわけではありません。元夫をひとりの男性として愛し結婚し少なくともそのときのあなたのベストを尽くして幸せな結婚生活の為に努力したでしょう?不幸にして離婚に至りましたが、その結婚と離婚であなたは多くを学んだはずです。縁のあった人だから元夫にもどこかで幸せになって欲しい。そしてあなたもよい恋愛をして結婚したら夫婦がお互いに信頼し合い支えあえるよい家庭を作りたい。

そんな風に思えるようになったら、今の彼に話してみたらいいと思います。

投稿日時 - 2007-04-11 23:23:50

お礼

丁寧に何度もお答えいただいてどうもありがとうございました。
確かに、つらいことしかありませんでしたが、
その時は、真剣だったことを思い出しました。
体をこわしかけるまで悩んで離婚したんだったと。
そのつらい経験があったから、
今があると思いたいです。

投稿日時 - 2007-04-13 01:39:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.7

たしかに大げさですね。
『ダンナが働かなくて離婚』を『だまされて』と形容するなんて。

日本人外国人を問わずよく聞く離婚理由ですが、それを『だまされていることがわかり、離婚に至った』とは普通言いませんよね?
親しい友人に「だまされたー、こんな男だとは思わなかったよー」などと嘆くのとは訳が違いますよ。

被害者を装いたいのは分かります。国際離婚は手続きも煩雑ですし大変な思いをされてきたのでしょう。インド人は嘘をつくことに罪悪感がありませんから、小さな嘘を挙げたらきりがないことと思います。本当のところはご本人同士にしかわからないことではありますが。

敢えて誰も言わないだろうことを申し上げたい。あなたのケースに当て嵌るとは言いませんが、こういうケースもあるということを知って欲しいのです。

>金銭的な部分で、大分利用されたように思うのです。

インドで法律で禁止されながら、ダウリ(持参金)の慣習が依然として存在するのはご存知ですよね?ダウリと言うと国際的には一般的でないことも承知ですからあなたには要らないと言うでしょう。でも前夫と彼の家族は当然の権利としてもらえるものと思っている。そこで結婚前後に何かと理由をつけて花嫁(と家族)に金銭を要求します。悪気などさらさらありません。特に結婚前の妹がいようものなら、その持参金を用意するのは兄の勤めです。兄嫁からせしめたお金で妹を立派なところへ嫁に出せたら、それはその家族にとって誉れでありその行為は美徳です。

日本人女性と結婚して来日し、働く意欲満々のインド人男性がいるとします。日本人の配偶者等の在留資格も取れ、合法的に高給の日本で就労できるのです。インドで苦労して大学を出て英語のBA(学士)も持っている彼は相応の就職先を探そうとしますがすぐに挫折します。西欧白人なら高卒でもできる英語教師の職もインド人は門前払いです。

仕方なくインド料理店に就職しますが、コスト削減のために彼に課せられる業務は多忙を極めこれも挫折します。行き付く先は工場の作業工。劣悪な環境で頑張っても無教養な日本人には差別され、日系人には仲間はずれにされて彼の自尊心はズタズタにされます・・・。

あなたの『自分の(そして前夫の)過去を見つめる作業』の一助になればと願います。

投稿日時 - 2007-04-10 01:42:01

お礼

ありがとうございます。
確かに大げさでした。
まさに回答者さまがおっしゃるとおりです。
本国ではいい仕事についていたのに、
こちらではろくな仕事も見つからず、生活も苦しく、
差別に苦しみ、同じ国の人たちとも心を許せず、
やる気をすっかり失い、
お金をふんだんに使い、暴れまくってという感じでした。
過去を隠すより、過去を見つめる作業のほうが大切なようが気がしてきました。

投稿日時 - 2007-04-10 09:14:18

ANo.6

彼に拒否されるのが辛くならないうちに話すべきだと思います。
彼があなたに向き合って話を聞いてくれるタイミングで、
「前に話した私の離婚暦のことなんだけど、今のうちに知っておいて
欲しいから聞いてくれる?」とかでいいんじゃないでしょうか?

ただし、あなたが正しくその離婚の事実を消化していることが前提です。
自ら反省すべき点は反省する。今後もし結婚するとしたら
こんな点を気をつけて、こんな結婚生活にしたい・・・等々。

離婚理由が『だまされた』と言うからには、インド国内に妻や愛人がいたとかでしょうか?ムスリムの方で第一夫人だと言われたのに第二、第三夫人だったとか?ムスリムだけれど第二夫人は娶らないと約束したのに破られたとか?学歴詐称や実家の富裕度やカースト詐称では『だまされ』て離婚とまではいかないでしょうし。

>永住権だけが目当てだったとだまされていたことが分かったため離婚

と他回答者さまが書かれていますが、これだけでは騙されていたとは言えないでしょう。貧しい経済状況の外国人にとって、先進国の永住権は魅力的です。欲しいと思うのは当然のことです。けれど前夫は数ある先進国女性の中からあなたを選んだのではないですか?

インドの中流家庭ではなんとかチャンスをつかんで先進国へ出稼ぎに行こうとしています。先進国に就職しているIT技術者や看護師を結婚の伴侶の条件に求め、配偶者の資格で呼び寄せてもらうのはインドでは常識です。それが前夫にとってはあなただっただけです。それをもって『だました』などと言われたら、前述のインド人同士の見合結婚も詐欺ですか!?

あなたが正しく前夫の国の文化を理解した上で尚『だまされた』と思うほどの状況があり、その上での離婚だったなら『自分のだらしなさをさらけだす』だけで済むでしょうが、もし誤解からくる様なものでしたら私なら人間性を疑います。

仮定の上の話で失礼な言葉を使いましたが、該当しないならば謝罪いたします。

投稿日時 - 2007-04-08 21:55:12

お礼

ありがとうございます。
こういう見方もあるのかと、とても納得し、気持ちが落ち着きました。
だまされたというのは大げさですが、
働かなくなり、
金銭的な部分で、大分利用されたように思うのです。
ただ、私自身、まだ自分の過去を見つめる作業が不十分で、
ただただ、過去を封印したいという、
どこかひけ目を感じてしまう時期なのです。
もう少し落ち着いたら、タイミングを見計らってお話しようかと思います。

投稿日時 - 2007-04-08 22:33:50

ANo.5

私は離婚してもう結婚はしたくないと思っていました。
ですので、男性と付き合って、聞かれるまま全て話していました。
 プロポーズされた時に、全て分かってのことと受け入れ結婚しました。
結婚後、一切過去のことを言われたことは有りません。
ちなみに、離婚は私が悪かったのです。離婚した相手には申し訳なく思っていることも話していました。
全て話して受け入れてくれる人と結婚した方が、貴女が楽だと思います。
振られるにしろ、早い方がよいのではないですか。

投稿日時 - 2007-04-08 18:12:39

お礼

ありがとうございます。
そうですね。私もそのほうが気が楽です。
彼の誠実さが少しずつわかり始めたこと、
話してみようと思います。

投稿日時 - 2007-04-08 19:01:08

ANo.4

「インド人だった」
と言われたら・・・
驚くとは思いますが、むしろ男としてのライバル意識が消えるんじゃないですか?
だって、そりゃあ国が違えば習慣も違うんだから結婚してもうまくいかないだろうって・・・むしろ納得できたりして。

でも、聞かれないのなら答える必要もないかなあ。
前の彼氏の話を詳しく聞きたがる方が変だし。

前夫が外国人だとHIVの心配をされてしまうかもしれないんで(私もちょっとだけ偏見が・・・)そこはシロだと確信があるなら、打ち明けても何も起こらないと思う方に一票です。

ちなみに年齢でウソをついちゃいけないと思うなあ。
と言いながら、ごまかした経験があります。
年齢そのものよりも、他にもウソがあるんじゃないかと疑われて。(^_^;)
やはり結婚には至りませんでした・・・

投稿日時 - 2007-04-07 12:18:46

お礼

ありがとうございます。
悪いことをしたわけじゃないんですが、
何だか暗い過去を持っているような気がして、
ちょっと気が引けてるんです。

投稿日時 - 2007-04-07 18:17:48

ANo.3

離婚の経験があるということは、既にお話していて、その際に離婚理由を聞かれなかったのなら、彼氏さんは、初婚・再婚にこだわらないタイプなのではないかと思います。
そういった理由を根掘り葉掘り聞くのは、大事な彼女を傷つけてしまう、と考えるような、やさしい方なんでしょう。

これだけ離婚率が高く、再婚が珍しくない昨今でも、「初婚でなければダメ」と考える男性は意外にいます。そういう方は、相手が離婚経験者だと、付き合い初めの段階で、離婚理由を聞きたがる傾向があるように思います。

でも、もし、質問者さんが、彼氏さんと、結婚を前提としたおつき合いをしたいなら、話しておくべきだと思います。
彼氏さんは全然気にしなくても、結婚となると、親や親戚が出てきますし、そういった年輩の方には、離婚に拒否反応を示す人がいないとも限りません。そんな方がいた時には、彼氏さんが離婚の理由を分かっていて、その理由に理解を示していないとお話になりません。

デートをしている時とか、テレビを見ていたりして、何かのきっかけ(結婚や離婚が話題になったり、またはインドが話題になったり?)があって「そう言えば、私のことも話した方がいいかな?」と、スムーズに話ができれば一番いいですが、なかなかきっかけってつかみにくいですよね。

それまでに、話ができなかったとしても、結婚前提のおつき合いをしよう、とお互いが合意に達した時には、
「ご家族やご親戚のこともあるから、離婚理由を知っておいた方がいいと思う。聞いてもらえる?」
と、お話すればよいと思います。

外国人の方と結婚はしたものの、永住権だけが目当てだったとだまされていたことが分かったため離婚、という話は時々聞きます。
元夫がギャンブル好き、浮気、借金等々の理由に比べたら、印象は悪くないように思いますが、こればかりは受け取る側の問題なので、分かりませんが…。

年齢をごまかしていたのとは訳が違いますから、それだけでフラれるということはないと思いますよ。

投稿日時 - 2007-04-07 11:28:42

お礼

ありがとうございます。
話が進展したら、これは話しかありませんね。
でも驚くだろうなと、
やっぱり怖いです。

投稿日時 - 2007-04-07 18:16:00

ANo.2

それほど深刻になる必要はないと思います。嘘ついた訳ではないでしょう、詳しく言ってないだけで。離婚歴を話した時に離婚理由が問題になりませんでしたか?私ならむしろそちらを気にします。いずれ離婚理由の話になると思いますので、その時に話せばいいと思います。それすら話題にならない彼氏なら、太っ腹な男性だと思っておけばいいのでは?

投稿日時 - 2007-04-07 09:04:18

お礼

そうなんです。
嘘をついたわけではなく、
言えなかったのです。
保守的な雰囲気がしたので。
いずれ、話が進展しましたら、これは勇気を持ってお話しようかと思います。

投稿日時 - 2007-04-07 18:14:01

ANo.1

どちらでもよいように思いますが、ここに相談するほど気にしているなら機会を見て言った方がよいと思います。ただ、今の彼を将来の伴侶としてお考えなら、離婚経験者であることは言っておくべきと考えます。

投稿日時 - 2007-04-07 07:00:42

お礼

ありがとうございます。
そうですね、
話が進展したら、
何気なく話してみようかと思います。
やっぱり隠しているという気がして。

投稿日時 - 2007-04-07 18:12:35

あなたにオススメの質問