こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

こんな関係どう思いますか?

私は既婚者です。昨年末、知り合った女性と意気投合し、関係を持ちましたが、彼女は同時期に知り合った男性と結婚をすることを決め、年内か年明けには結婚する予定です。彼女はいわゆる華やかさをもっていて恋愛経験も豊富ですが、「結婚願望」が強く、相手の男性はバツイチで女性経験が少なく、いわゆる「恋愛対象」という感じではないのですが、学歴、収入とも申し分ないことが決め手で、彼女から積極的にアプローチして、今では男性のほうが「結婚」に向けて邁進しているそうです。私は彼女のことが好きですが、彼女の将来もあるので、彼女と話し合い、私自身も強い覚悟と意思で、関係をもつことを断ちました。また、これも彼女との話し合いで決めたことですが、お互いの価値観(買い物好きやおしゃれな店で食事をするのが好き)とかが似ているので、一緒にいると楽しいので、これは続けていこうと決め、月に1,2度会っています。昨日も彼女の誕生日(の少し前、当然、誕生日はその男性と会う)ということもあって、お花見を兼ねて、遊びにいき、深夜まで楽しい時間を過ごしました。(勿論、関係はありませんでした)私とその男性とではまったく対照的なデートになるので、彼女は私とのひと時も大切だと云ってくれます。次はここに行こうと約束して別れました。こんな関係にある友人からは「おまえの敵は自分自身だ。どこまでお前が自分の気持ちを抑えて接することができるかだ」といわれました。私と彼女の先には何も待っていないのはわかっているので、会って別れた翌日などは云いようのないむなしさが残ります。
みなさんはこんな関係をどう思いますか?

投稿日時 - 2007-04-02 02:31:40

QNo.2886735

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
お礼をありがとうございます。

>人間というものは業の深い生き物ですよね。つくづく思います。

ええ、本当にそうですよね。
私から「業」を取ったら、何も残らないのではないかと思うほどです(笑)。
一つ夢が叶ったら「また次」、と欲望に限りはありませんものね。

>この間、彼女がこんなことを云っていました。「今の私は一の非日常が九の日常を支えている。その非日常のひとつが私と逢うことだ」と。

たったの「1」の出来事が、残りの「9」を支えている。
彼女もきっと、複雑な想いを抱えているのだと思いますよ。
私は、彼女の決断を「愚か」とは全く思いませんが(むしろ賢明とすら感じます)、「死ぬほど好き」な相手と結婚するわけではないようなので、
一人になった時にふと「本当にこれでいいのだろうか」と、
思い悩むこともあるのではないかと。。
なので、彼女の台詞は、本心から出た言葉だと思いますよ。

これからこの関係が、いつまで続いて行くかは神のみぞ知ることでしょうけれど、ogappaさんが「限界」を迎えるまでは、
進むしかないのでしょうね。
今、誰が「会わないほうがいい」などと言ったとしても、
「では、そうします」なんて簡単には振り切れないでしょうし。

ただ・・
一つだけ助言をさせて頂くとしたら、
逢う頻度がちょっと「多い」かなとは思いました。
感情を「平常」に戻すまでって、それなりの時間を要するものだと思うんですね。 
でも2週に1度くらいだと、むなしさを引きずったまま、
また逢うことになるので、リセットが非常に難しい期間ではないかと。

もしogappaさんが耐えられるのであれば、
逢うペースをもう少し遅らせた方が、いい友人関係を保てる気がしました。
逢う期間を空けるのは、本当に苦しいことだと思うのですが、
今後のことを考えると、敢えてそうした方が、二人のためにはいいんじゃないかと思います。

今のこの状態、むなしさや苦しさに襲われることと思いますが、
ogappaさんが味わう「精神的エクスタシー」は、
この関係だからこそだとご自分にいい聞かせ、
強い意志を失わずに今を生きて下さいね。

二人にとって「プラス」になる関係にしていかないと、
この先ドンドン苦しくなってしまうと思うのです。
そして「プラス」にするためには、お二人のそれぞれの生活をも、
しっかりとこなすことだと思います。

これは究極な意思を必要とするでしょうが、
ご自分の感情を手なづけるよう、努力なさって下さいね。
あなたの敵は、どんなときも、あなた自身ですから。

投稿日時 - 2007-04-05 11:54:43

お礼

pink_engelさん、こんばんは。
桜も散り始めているのに、逆戻りの季節で寒い日が続いていますね。
pink_engelさんの回答、噛みしめるように何度も読ませていただきました。ありがとうございます。
このサイトの質問を拝見し時々回答させてもらっています。どうしても、いわゆる「不倫」がテーマの質問に目がいってしまうのですが、例外なく反響が大きいですね。そして既婚、未婚も含めて女性の質問が大半を占めているような気がします。そうして考えると、世の不倫をしている既婚男性って、したたかなのですかね。いい年をして彼女のことで一喜一憂している私はまだまだ修行がたりませんね(笑)
「今の私は一の非日常が九の日常を支えている。その非日常のひとつが私と逢うことだ」と彼女が口にした時は、ああ、自分の処し方が間違っていなかったんだなと少し嬉しくなりました。それまでは「とっておきの位置」を目指しているのは本当は自分だけなのではないか、私と彼女には温度差があるのではないかと思っていましたので。
彼女のメールには「また日常、頑張ろうね」という言葉がよく使われています。pink_engelさんがご指摘のとおり、怖いくらいの強い意思と割り切りをもった彼女でもふと立ち止まることがあって、本音を吐いているのかなと思わずにはいられません。
>逢うペースをもう少し遅らせた方が、いい友人関係を保てる気がしました。
今後、そうなっていくと思います。(実際、次に会う予定は5月です)
私自身もpink_engelさんに最初に相談したころに比べて、気持ちも落ち着きましたし、彼女もそれこそ公私で忙しくなっていくでしょうから。
確かにこの「精神的エクスタシー」はなかなか、味わおうと思ってもあじわえるものではない貴重な体験ですよね(苦笑)今後はそれを楽しんでみたいと思います。
そしてまた、pink_engelさんから大切な言葉をもらいました。
「お互いの生活をしっかりとこなすこと」ですね。彼女の言葉じゃないですが、10のうち9が日常生活なのですものね。これからも、仕事も家庭も友人関係もしっかりこなしていくつもりです。「日常」があってはじめて「非日常」の価値が出てくるのですから。
「自分の感情を手なづける」ことは相当な覚悟を必要とするでしょうが、それが出来るようになったとき、私と彼女の前に何かが待っているような気がします。そうじゃないですか?pink_engelさん。

投稿日時 - 2007-04-06 02:45:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.9

こんばんは。

>会って別れた翌日などは云いようのないむなしさが残ります。

一緒に過ごすひとときが輝きを放てば放つほど、
夢から醒めたその後は、どうしようもなく虚しいもの。
ついさっきまで触れ合った手も、髪の香りも、
全てが幻のように感じることと思います。

でもね、二人がこのような状況でなかったならば、
こんなにまで狂おしい気持ちにはらなかったと思うんですよね。
彼女はきっと、外見・内面共に魅力的な女性なのでしょう。
でも、あなたがここまで熱くなったのは、
二人のシチュエーションによるものだとも思うんです。

もしも、出逢った時に、お互いフリーだったら・・
もし、彼女が結婚願望などまるでなく、恋人もいない女性だったら・・
おそらく、あなたはこれほどまでに燃えてはいなかったでしょう。
今の二人の関係性が、あなたをよりいっそう燃え上がらせているのです。
そこに、いかに気が付くかが、これから続けるにあたっての、
重要なポイントだと感じます。

あなたも、分かりすぎる程分かっているはず。
彼女ともし一緒になっても、決して上手くは行かないであろうということを。。

>私と彼女の先には何も待っていないのはわかっているので、

先があっちゃダメなんですよ。
先があったら、こんな風に燃え上がれはしない。
先がないからこそ、未来がないからこそ、
あなたの恋は、より透明度を増すのです。
真実の恋は、刹那の中にしか存在しえないものだから。

連続ドラマだと、思うから辛くなる。
一話で完結させなくちゃ。毎回ね。
昨日も、明日も、純度100%の恋には不必要。
野暮ってもんです(笑)。

ギリギリのラインを守ることを続けられたらきっと、
あなたの心の地図は、広がっていくことでしょう。
そして彼女もまた、鮮やかな景色を見ることでしょう。

誰かを愛して失うものなど、何一つありません。
自分の信じる道を、誇りと共に歩いて行きましょう。
「特別な場所」を目指して。

投稿日時 - 2007-04-03 22:20:42

お礼

pink_engelさん、久しぶりにあなたの回答を読ませていただきました。
また、「お目にかかれて」嬉しいです。
人間というものは業の深い生き物ですよね。つくづく思います。
pink_engelさんが仰るとおり、二人の置かれている環境が違っていたら、全く淡々と普通の恋愛をしていたかもしれないし、もしかしたら、好きになっていなかったかもしれません。もっと云えば、彼女が私に「奥さんと別れて」と刃を突きつけられていたかもしれませんね。
仮に二人をとりまく全ての障害が奇跡的に取り除かれ、晴れて「ハッピーエンド」になっても、二人がが考える幸せは永くは続かないことは自明です。そこには「生活」という日常が待っていますから。。。
この間、彼女がこんなことを云っていました。「今の私は一の非日常が九の日常を支えている。その非日常のひとつが私と逢うことだ」と。
日常的には結婚相手とは「恋愛感情」とは少し違う感情をもって、結構楽しく結婚の準備をしているそうです。
そして「一話完結」ですか。「結婚相手」と過ごす日々が「連続ドラマ」だとしたら、まさに私と彼女の過ごす時間は「一話完結」でなくてはいけませんね。「一話完結」には刹那的で夏の花火のような無常さがあって、嫌いではありません。
pink_engelさんにエールを送られて、強い覚悟でことに臨んではいるのですが、想像もしなかった虚しさに襲われて、らしくない弱気になっている自分がいましたが、今回はpink_engelさんに「しっかりしろ」とハッパをかけられ、「そのまま行け」と励まされような気がします。心機一転、「特別な場所」を目指していきますね。
いつもながらそのシチュエーションをわきまえたアドバイス、ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-04-04 02:48:46

ANo.8

No.6です。ご質問にお答えします。
彼女の方がバツイチ子持ちです。ちなみに彼氏もバツイチ、でも子育ての経験がなく彼女の子供とうまくいっていない、その辺が彼女と彼氏がしっくりいかない理由です。反対に、彼女の子供と私はとてもいい関係です。

>もうひとつ質問です。私は「既婚者」でなくなること(簡単に言えば離婚)を選択肢にはできませんが、hamhamblueさんはどうお考えなのですか?もし、私と同じ考えで、彼女が「結婚」を決めた場合はどうするつもりでいますか?

私の場合、この先「既婚者」でなくなることがありえるかもしれませんが、でもそれが彼女とのためにということは無いと思います。もし離婚ということになった場合、そしてその時に彼女が独身のままであれば、改めて彼女とのことを考えたいと思ってます。
「●●子(彼女)が結婚したらこの関係は終わりだよね?」と私が尋ねたことがありますが、彼女の答えは「ずっと”親友”でいて欲しい」でした。この場合の”親友”とは、今の私達の関係を正当化する言葉だと思ってます。でも私は彼女が結婚したら関係を保つのは無理だと思っています。寂しいですが距離を置くつもりです。ogappaさんが言われるとおり、私と彼女の先には何も待っていないのは私もよくわかっていますが、彼女とのひと時が今はとても大切な時間です。

投稿日時 - 2007-04-03 17:14:35

お礼

hamhamblueさん、ご丁寧な補足をいただきながら、回答が遅くなり、すみませんでした。

>この先「既婚者」でなくなることがありえるかもしれません

彼女とのこと以前に、夫婦としての問題があるということですか?

私たちがが彼女たちに強く惹かれるのはきっと、お互い(男女)のおかれているシチュエーションによるところが大きいのかもしれませんね。
私たちが妻帯者でなく、彼女たちもまた、「結婚」など考えていなかったら、こんなにも切なくはならないのだろうなと。「行き止まり」が見えているからこそ、「苦しく」なるんでしょうね。
hamhamblueさんは彼女が結婚したら、「距離を置く」のですね。とても強い意志と覚悟ををお持ちです。私のほうは結婚後、この「関係」を断つも続けるも、彼女にゆだねるつもりです。いい年をしてなかなか大人の判断ができなくて困ったものです(苦笑)
hamhamblueさんと私はある意味、幸せものですよね。彼女たちと付き合っているから「せつなさ」や「狂おしさ」も感じるのと同時に、恋愛の
「楽しさ」や「よろこび」も味わっているのですから。
「彼女とのかけがえのないひととき」を大切にしていきましょう。

投稿日時 - 2007-04-04 13:21:11

ANo.7

のめりこんでいる方に対しては、なかなか言葉も見つからないのですが、
ogappaさんは冷静な部分をお持ちですので、ついつい失礼なことも遠慮なく申しあげてしまいました。
すみません。

>カッコつけて潔く身を引く ogappaさんが見えるような。。。
もちろんほめ言葉です (^-^)

投稿日時 - 2007-04-03 07:05:48

お礼

zuka-chanさん、ご丁寧にありがとうございます。
このサイトの良いところは自分自身で見えなくなってしまっている大切な部分を回答者が指摘してくれるところです。まさに今回はzuka-chanさんのアドバイスがそうでした。身近な友人より頼りになることもあるのですね。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-03 11:22:27

ANo.6

zuka-chanです。
結末。。。難しいですね。
出会いからまだ日が浅いので、正直切ってもきれそうにない関係とまではいかないような気がします。
大人になると、Hは意外にハードルが低くなってくるような気がするので
今現在のお二人が深夜まで遊んでいてもそれを回避できることが不思議なくらいです。
彼女さんは、ただ純粋に質問者さまとの時間や空間を楽しんでいるのですね。
そしてogappaさんは、それが少し苦しくて。

ogappaさんは、彼女との約束を守る男性を頑張って演じているのでしょうね。
たぶん彼女さんには、無理していることは伝わっているでしょう。
どちらかが妙に先走ってしまうと、終わりは見えてくると思うのですが、
ogappaさんは離婚を考えるほどのめりこんでいるでもなく、冷静な部分もお持ちです。
その点は、お二人が続きそうな部分です。

自分を受け入れてくれる人の存在って、大きいと思います。
だから、何かつらいことがあれば思い出したり、よりかかったりしたくなります。
結婚を考えながらもそんな男性がいる彼女さん、結婚したからといってその生活を変えるような気はしません。
結婚相手に対して、彼女さんがそこまでさめて考えられることは不思議なのですが
ある意味男性二人の役割は違いますよね。

簡単にogappaさんとサヨナラしてしまいそうでもあるし、そうなっても私を苦しめたりせず取り乱さないogappaさんと
見切られている感じもします。
カッコつけて潔く身を引く ogappaさんが見えるような。

心を締め付けるむなしさも、彼女を前にしたら吹き飛んでしまうのでしょうから、
しばらくは翻弄されてしまうのでしょうね。
結末については、ハッキリ浮かびませんでした。

ogappaさんの奥様と顔見知りだったら、到底無理な回答になってしまいました。
離婚を考えるような寒いご家庭でないならば、家庭を大切にしてくださいね!と思う私もいますよ。
大切なことが、オマケのようになってしまいました。では

投稿日時 - 2007-04-02 22:03:13

お礼

zuka-chanさん、再度の質問に根気よくお付き合い下さり、ありがとうございます。また、自分自身でもわからない「結末」まで予想してくれ等と無理難題をお願いし、重ねてお礼致します。
「Hは大人になると意外とハードルが低くなるような気がします」は
興味深い見方ですね。なるほど、そうかもしれません。事実、彼女と一線を越えた時も当てはまったような気がします。ただ、今は不思議と彼女と深夜までいても、手ぐらいはつなぎますが、「抱きたい」みたいな感情にとらわれることはないのですが、別れてから祭りのあとのような虚しさが襲ってきます。
zuka-chanさんは「結婚相手に対して、彼女さんがそこまでさめて考えられることは不思議なのですが」と仰ってますが、私もこの部分は今でも理解できません。おそらく、彼女は純粋に「結婚」して「子供」を産みたいのだと思います。だから、極端に言えば、○○さんと「結婚」がしたいのではなく、必要十分条件が具わった人との「結婚」を望んでいるのでしょう。そして粛々と「生活」をしていくんだと思います。もうすでに彼に対しては「恋愛感情」とは異なった感情をもって、楽しく結婚準備をしているそうです。ゆえに、その「生活」から離れた存在が私の役割なのかと。
そして、私は「取り乱さない」と見切られていますか。。。
お見通しです。痛いところをつかれました。(苦笑)
「カッコつけて潔く身を引く ogappaさんが見えるような」はお褒めの言葉ととっておきますね(笑)でも、そこまで人間ができていず、いい年をして大人になりきれないので、zuka-chanさんがご指摘のように、しばらくは「翻弄」されてみたいと思います。
このようなつたない質問に、心ある回答で何度もお付き合いいただき、
本当にありがとうございました。これもこのサイトがとりもつ何かの縁だと思います。「結末」を迎える時がきましたら、またご報告しますね。

投稿日時 - 2007-04-03 02:35:54

ANo.5

まさに今、ogappa様と同じような事が進行中の既婚者です。私の場合、彼女はバツイチの子持ちで結婚を意識している彼氏がいます。でもその彼氏とは子供の事とかでなかなか関係がうまくいかず、職場で私と接するうちにお互いに惹かれ合う関係になりました。先日やはり同じように彼女の誕生日の少し前の日に遊びに行き、誕生日を祝ってあげました。誕生日の日は彼女は彼氏と旅行に出かけています。私も彼女もお互いが必要な存在であることを告白してます。でも今は我々はお互いの気持ちを抑えて接しています。そうすることで始めて成り立つ関係だとお互いに思ってます。彼女は、相手が既婚者では駄目なんです。自制すればするほど、むなしい気持ちが大きくなるのはよく分かりますが、友人さんが言うとおり自分の気持ちをいかに抑えることができるかだと思います。でなければ、私やogappa様が既婚者でなくなるか、そのどちらかしかないです。

投稿日時 - 2007-04-02 18:09:29

補足

hamhamblueさん、ご丁寧な回答、ありがとうございまhした。
私と同じような環境にいらっしゃる方がいて驚いています。
まず、ひとつ質問ですが、彼女が「バツイチ子持ち」なのですか、それとも「彼」のほうですか。

>でも今は我々はお互いの気持ちを抑えて接しています。そうすること で始めて成り立つ関係だとお互いに思ってます。

本当にそうだと思います。この複雑な感情は当事者でないと、伝わりにくいかもしれませんね。そして「既婚者はダメ」という言葉も実にリアルです。「既婚者」だから好きになったと云われると元も子もないですが(苦笑)

もうひとつ質問です。私は「既婚者」でなくなること(簡単に言えば離婚)を選択肢にはできませんが、hamhamblueさんはどうお考えなのですか?もし、私と同じ考えで、彼女が「結婚」を決めた場合はどうするつもりでいますか?

投稿日時 - 2007-04-02 20:31:09

ANo.4

NO.2です。お礼のほうありがとうございました。
私なり(女性)に考えた意味ですが。。。
彼女さんが結婚を決めているまたは決めようとしている場合、それを阻止することに何かを見いだしてしまうこともあるのじゃないかなと思います。
ご自分以外の男性を選ばれることに対して、どこか許せない部分があると思うのです。
失礼な言い方になりましたが、それは私自身の結婚前の経験だけのことなのですが。
あと、双方が既婚だった場合は、いくら本気になったとしても離婚できなければ話になりません。
だから、どちらかが正気に戻りストップをかける場合もあるでしょうし。
質問者さまの場合、彼女さんが断らない限り、続くだろうな。。。と思ったわけです。(前向きではありませんね。ゴメンナサイ)

彼女さんは、ご自分の意思で体の関係を断ち切り、でも精神的な繋がりは大切にしたいと、すごく割り切れていますよね。
質問者さまは、精一杯かっこつけて頑張って決めたことのように感じます。
彼女さんにとって質問者さまは、他の男性を選んでいる自分を受け入れてくれる人です。
また関係は戻る可能性は十分ありますが、彼女さんのほうがかなりうわてのような気がします。
彼女さんにとっても、すべてを受け入れてくれる質問者さまに、やっぱり甘えちゃいますよ。

奥様にばれてしまったり、何かはっとする事件が起こった場合は、思うところあるかもしれません。
それまでは、なかなか難しいかな~と思った次第です。

お付き合いのあった男性とのあたたかいやりとり、それはいいと思うのですが
それを質問者さまがむなしいと思うのですから、恋ですよね。
お二人ともが、あたたかいやりとりと思える日がくるといいですね。
おうちで、ため息つかないようにしてくださいね。

投稿日時 - 2007-04-02 17:32:05

お礼

zuka-chanさん、ご丁寧なご回答、ありがとうございます。
私も彼女が「結婚する」と聞かされた時は自分の立場も考えず、なんで自分が負けなきゃいけないんだと妙な事を考えたりもしましたが、今はそんな気持ちはなくなりました。本当に彼女が「結婚」をしたがっているのがわかったからです。これだけは私にとってどうすることもできないものですからね。
zuka-chanさんのおっしゃるとおり、彼女のほうが精神的に優位に立っていますよね。、「他の男性を選んでいる自分を受け入れてくれる」には参りました。彼女の中には少なからず、そういう感情がやはりあるのでしょうね。これはやはり、好きになってしまった弱みと妻帯者の弱みだと思います。
ご指摘のとおり、この関係を断つも続けるも彼女が決めることです。
もう少し、「むなしさを」をもちながらも、前向きに時を重ねていこうと思います。
zuka-chanさん、最後の質問にお付き合い下さい。
この関係の「結末」はどうなるのでしょう?彼女が「結婚」をした時点で終わりを告げるのでしょうか。それとも別の結末もあるのでしょうか。よろしかったら、zuka-chanさんなりのお考えを聞かせてください。

投稿日時 - 2007-04-02 20:09:37

ANo.3

ん~

状況にもよりますが
> 深夜まで楽しい時間を…

もし二人で密室にいたりしたら、、
もし興信所の人が女性の素行調査をしていたら
「浮気の疑いあり」とされてしまいますね

投稿日時 - 2007-04-02 12:00:26

お礼

ありがとうございます。
ご指摘のとおり、たとえ「密室」でなくても、
そういうことになれば、
何も言い逃れできないと思います。
この関係を断つも続けるも彼女に任せるつもりです。
この先、環境が大きく変わるのは彼女ですので、
それまではこのままの状態を続けます。

投稿日時 - 2007-04-02 13:05:14

ANo.2

彼女は既婚者ではないので、質問者さまにとって簡単に終わらせることのできないお相手でしょう。

会ったあとのそのむなしさ。。。
たぶん彼女さんは楽しんでいるだけで、むなしさは質問者さましか感じていないのではと思います。

むなしさに耐えられなくなるまで、ちょっと苦しい恋心は続くでしょう。
簡単にやめられないでしょうから、こんな回答で。

投稿日時 - 2007-04-02 07:43:26

お礼

ありがとうございました。
zuka-chanさんがおっしゃるとおり、この「むなしさ」は私だけのものでしょう。今の彼女の置かれている環境で、ネガティブに考える要素はありませんからね。
また、「簡単に止められない」のは、まさにそのとおりだと思っています。

>彼女は既婚者ではないので、質問者さまにとって簡単に終わらせるこ とのできないお相手でしょう。

このzuka-chanさんなりの意味を教えていただけますか?

投稿日時 - 2007-04-02 10:42:40

ANo.1

>私は既婚者です。
>会って別れた翌日などは云いようのないむなしさが残ります。
>みなさんはこんな関係をどう思いますか?

彼女が結婚することを尊重して、関係をもつことを断ったのに、まだ空しさを感じるのなら、割り切れるまで、距離を置いたほうがいいと思います。

ずっと会っていれば、また関係を持ってしまうでしょう。お互い大人なんだから、そうなることは予測つくでしょうし。

投稿日時 - 2007-04-02 03:24:51

お礼

このまま会っていれば、「また関係」をもってしまうということですか。そこが「自分自身との戦い」なのでしょうし、自制すればするほど、「むなしさ」は大きくなるのでしょうね。hogejoさんがおっしゃるとおり「距離をおく」のが賢明な結論であるのは間違いありませんよね。私が回答者でもそう回答しそうです(苦笑)ただ、今の自分にはそれができないのが本当のところです。

投稿日時 - 2007-04-02 10:30:47

あなたにオススメの質問