こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

海外株式(+α)投資信託について

現在、
(1)S.ストリート外国株式インデックスファンド(株ドットコム)
(2)トヨタアセットバンガード海外株式ファンド(マネックス証券)
(3)セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド(セゾン)
の選択に迷っています。
確か3つともノーロードであるはずですが、信託報酬は(1)0.9975%、(2)実質1.29%、(3)実質0.78%、信託財産保留額が(1)0.3%(解約時)(2)不明、(3)基準価額の0.1%、となっております。
(3)については、債権を含むバランスファンドということで、若干信託報酬が安いのかな、と素人考えをしているのですが、(1)と(2)については、殆どポートフォリオが同様であるにも関わらず、信託報酬にかなりの差があります。基準価額についても3000円近くの差が。と、いうことは、S.ストリートの方が優れた(お得な?)ファンドといえるのでしょうか?或いは他にもっと重要なポイントがあるのでしょうか?
(3)については、開設間もないファンドですが、信頼性という面についてどのようにお考えでしょうか?

私の現在の条件としては、
●保有している他投資信託は、
 さわかみファンド、ありがとうファンド(いずれも定額購入)
●現在、Eトレード証券にて、今回の個人向け国債(10年変動型)の購入(200万円)準備中(宝くじ付!)
●手持ちのネット口座は、マネックス証券、Eトレード証券

上記投資を別とした、今回の海外株式(+α)ファンド予算としては、初期投資として100~200万、以降は3万円ずつくらいの定額購入にしたいと思っています。バンガード社のそれぞれのファンドを個別に買うという手もあるかな、と思いつつ…。

色々なアドバイスをお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。できれば3月中に投資を開始したいと思っておりますが、急ぐ必要はない!などのアドバイスもお待ちしております。

投稿日時 - 2007-03-20 22:24:12

QNo.2850782

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

(2)は、信託財産留保額なしです。(2)の信託報酬が高いのは、ファンド・オブ・ファンズという投資信託に分散投資する投資信託であるためです。マネックス証券のサイトでは信託報酬1.05%となっています。ちなみに(3)と「ありがとう」もファンド・オブ・ファンズだと思います。

10年くらい保有、積み立てるつもりであれば、投資時期については、あえて待つ必要もないし、急ぐ必要もないと思います。

投稿日時 - 2007-03-20 23:07:37

補足

さっそくの回答ありがとうございます。
私の理解に少し勘違いがあった部分がありました。
トヨタアセットバンガードのポートフォリオと似ているのは、同じバンガード社のファンドを組み込んでいるセゾンのバランスファンドの方でした。セゾンが債権を加えている点が、みなさんの意見の分かれるところのようですが、私のPフォリオでは今のところ海外債権の割合がゼロなので、トヨタよりもセゾンの方が都合がいいかもしれません。
マネックス証券で購入できる「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」というのもあるようですが、このファンドはトヨタアセットとは似て非なる性格のものなのでしょうか。
S.ステートについては、マザーファンドということで、上記3つとは違った動きをするものなのでしょうか?であるならば、セゾンとS.ステートの抱き合わせで当初30万円ずつ程度購入して様子をみてみるのはどうか?と思ったりもしています。現在多少基準価額が落ちているようですし。セゾンはセゾンで、開設当初の動きを多少観察したほうがよさそうです。様子見のあと、どちらかで積立購入開始する、というシナリオはどうでしょうか?

投稿日時 - 2007-03-22 18:33:18

あなたにオススメの質問