こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Suicaへの一本化による定期券の払戻の計算方法

東急の磁気定期券とJRのSuica定期券(いずれも通勤定期券)を持っており、本日Suicaの連絡定期券として一本化しました。

具体的には、JRの東京-大井町(有効期間19.2.8-19.8.7)\24190
東急の大井町-あざみ野(同19.2.8-19.8.7)\48770
の両方を払い戻し、Suicaの連絡定期券(同19.3.19-19.9.18)\72960
にしてもらいました。

その際の払戻金額について、手数料(各\210)は今回発生しないということなので、駅すぱあとの定期券払戻(区間変更)で計算すると、
JRは\17230(払戻金額)+\210(手数料)=\17440
東急は\35010(払戻金額)+\210(手数料)=\35220
だったのですが、実際の払戻金額は、
JRが\18790、東急が\37930でした。

多分、日割り計算なので、区間変更による払戻よりも更に細かく計算した結果なのでしょうが、「日割り」というのはどのように計算するのでしょうか?

自分で考えたのは、有効期間の19.2.8-19.8.7は181日で、19.3.19は残り142日なので、「142日分の181日」が戻るのかな?と思ったのですが、これだと、JR⇒17230*(142/181)=13517、東急⇒35010*(142/181)=27466となり、やはりうまくいきません。

正しい計算方法を教えてください。

投稿日時 - 2007-03-19 09:51:57

QNo.2845993

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 ちょっと自信はないのですが
 既収運賃-(日割額×経過日数)=払戻額になるのかと思います。
 2/8~3/19まで40日間です。
 また日割額は6ヶ月定期の発売金額を180日で割って計算します。
○JR
 日割額 24190/180=135円(1円未満端数切り上げ)
 24190円-(日割額135円×経過日数40日)=18790円
○東急
 東急もJRと同じとすると
 日割額 48770/180=271円(1円未満端数切り上げ)
 48770円-(日割額271円×経過日数40日)=37930円

投稿日時 - 2007-03-19 10:31:56

お礼

早速のご回答ありがとうございました。なるほど、6ヶ月定期の場合の日割り計算における分母は180日で固定なんですね。これなら計算が合います。それにしても、JRも東急もPASMOの開始、あるいはSuicaの相互利用化についての説明が下手すぎますね。今朝のみどりの窓口では、ほとんどの人がSuicaへの一本化だったのですが、駅員の説明が下手すぎて、多くの人が帰っていきました

投稿日時 - 2007-03-19 10:56:01

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問