こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

擬似言語の勉強方法は?

基本情報試験の午後の問題で、言語は、CASLIIを勉強していたのですが、擬似言語があるそうで、それはCASLIIとはまた違った言語なのでしょうか?それなら、別の参考書が必要になるんでしょうか?
回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-03-10 23:36:03

QNo.2821572

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

順次実行、命令分岐、繰り返しの構造化プログラミング
の技法です。
アセンブラとは違った言語ですね。
擬似言語というだけ、ルールも簡単で、情報処理試験では、フローチャートで表現しています。
問題を解くには、擬似言語をマスターするというよりは、アルゴリズムのいくつかのパターン(ソートや統計など)を擬似言語で書けるようになることが必要です。

参考書は、別に用意したほうがいいと思います。
例を紹介しておきます。
・基本情報技術者 大滝みや子先生のかんたんアルゴリズム解法―流れ図と擬似言語 (単行本)

投稿日時 - 2007-03-11 09:25:42

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-01 08:46:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

http://www5f.biglobe.ne.jp/~pafu/kihonweb/gozen/01/1_1.htm
擬似言語はアルゴリズムの問題ですね。

構造化プログラミングがキーワードとなりますので、言語とは少し異なります。特にCASLとは異なりますので、教科書があった方が良いでしょう。

投稿日時 - 2007-03-10 23:44:25

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-01 08:46:50

あなたにオススメの質問