こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

第一種電気工事士の実務経験について。

第一種電気工事士に合格したのですが実務経験の記述をどうしようか迷っています。
<<当方の状況>>
○第2種電気工事士免状はもっていない。
○経験は事業用電気工作物での電気工事、試験。
 出力35~70万KWの火力発電所。14年の経験。1級電気工事施工管理、1級計装士(関係なし)あり
 工事内容はトランス、継電器、モータの据え付け、ケーブル敷設、各種試験(絶縁耐力試験、制御・継電器シーケンス試験)で軽微なものではありません。

事業用電気工作物ですので2種電気工事士の資格が必要と記述がないので経験と認められるかなと漠然と考えています。

ダメなら経験年数分認定電気工事従事者認定証を申請して方ということになりそうですが…。

ご存知の方、ご指南ください。

投稿日時 - 2007-02-16 11:55:08

QNo.2757137

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

電気技術者試験センターのHPに

(a) 実務経験の対象にならない工事
   (1) 電気工事士法の定義で電気工事から除かれている「軽微な工事」及び「軽微な作業」
   (2) 電気工事士法で別の資格が必要とされている「特殊電気工事」(最大電力500kW未満の需要設備のネオン工事及び非常用予備発電装置工事)
   (3) 5万V以上で使用する架空電線路の工事
   (4) 保安通信設備の工事

以上が対象にならない範囲なのでそれ以外の工事の経験を記載すればよいと思います。
事業用電気工作物なので工事自体に資格は必要ありませんが、経験された工事の中から対象となるものを記載すればよいと思います。

参考URL:http://www.shiken.or.jp/

投稿日時 - 2007-02-17 17:41:27

補足

その後です。

先日、事業用電気工作物の経験だけを記入し免状申請してみました。
昨日呆気なく免状が送られてきました。

結果:事業用電気工作物の施工経験だけでOKでした。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-25 12:23:22

お礼

回答ありがとうございます。
参考URLや電気工事士法にもありますが自分の経験を照らし合わせると条件からこぼれて行ってどこにも掛かりませんでした。
どこかの県庁のHPにも申請の具体的な方法が書かれていところもありましたが2種の資格がない場合の申請方法について書かれているHPがなかったため不安になっていました。
施工管理受験の時も結構迷いましたがこの手の経験の記述ってなかなか書きにくいです。
やはり、いいのですね。
ありがとうございます。

私とおなじ経験したかたいらっしゃらないでしょうか。
もうちょっと回答募集させてください。

投稿日時 - 2007-02-17 18:46:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

22人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問