こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新しいエアーマックエクストリームベースステーション

こんにちは。新しいエアーマックエクストリームベースステーションを購入しようか悩んでます。
無線LANに関して無知なので教えてください。
mac(G4,mirrored door 867dual)で有線LANにてkddiメタルプラス10Mを利用中。スプリッタはNEC Aterm DL180V(無線LANはレンタルの無線LANカードを差し込めばWinは利用可能ですがmacは不可)です。
これに、新しいエアーマックエクストリームベースステーションを組み込んで、iMac(MA456J/A, 802.11a/b/n)とvaio(typeG, XP SP2, 802.11a/bあり)の両機種で無線LANを構築したいと思ってます。
実際に、このような構図で新しいエアーマックエクストリームベースステーションを使用できるのでしょうか?

投稿日時 - 2007-01-28 14:45:55

QNo.2703011

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> NEC Aterm DL180V(無線LANはレンタルの無線LANカードを差し込めばWinは利用可能ですがmacは不可)

http://www.dion.ne.jp/service/bb/musenlan/rental/charge_trio.html
こちらをお読みになったうえで、そう認識されたのでしょうか?
その認識は間違いです。NEC Aterm DL180Vに取りつけるカードのことではなく、コンピュータに取りつけるカードの対応について語られているのであって、じつはAirMac (Extreme)カードを取りつけたMacintoshとNEC Aterm DL180Vの間で、無線lANを行うことは可能です。
つまり、あえてAirmac Extremeベースステーションを別に購入する必要はないということです。NEC Aterm DL180Vに取りつける無線LANカードを購入するか、AirMAc Extremeベースステーションを購入するかの、二択になります。コストはもちろん前者のほうが安くすむに決まっています。

質問文を読むと、多数誤認識があることに気づきます。
「スプリッタはNEC Aterm DL180V」=NEC Aterm DL180Vはスプリッタではありません。スプリッタは、ADSL回線の、音声信号とデータ信号を分離する機器のことで、5センチ角くらいの小さな機器です。対してNEC Aterm DL180Vは、ルータ内蔵のADSLモデムのことで、モジュラージャック>スプリッタ>NEC Aterm DL180Vというような接続となります。
「iMac(MA456J/A, 802.11a/b/n)」=iMac内蔵のAirMac Extremeカードは、公式ではIEEE802.11a/nに対応していません。対応しているのは、b/gです。将来、Mac OS Xのアップデートで、a/nに対応するという噂(あくまでも噂)はあります。
「vaio(typeG, XP SP2, 802.11a/bあり)」=正確にはIEEE802.11gにも対応しています。

http://e-words.jp/
こういうところで、コンピュータ関連の用語説明をしてくれます。無線LAN構築をする前に、もういちど勉強し直しになることを、強くお勧めします。

※AirMac Extremeベースステーションの利点は、(1) プリンタサーバになること、(2) USB 2.0接続のハードディスクをつないで、共有ディスクにできること、これらをワイヤレスでできることにあります。

投稿日時 - 2007-01-28 16:09:26

お礼

有難うございました。
少しいろんなことが分かってきました。
もっと勉強して考えてみます。

投稿日時 - 2007-02-01 21:32:40

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

回答にはなりませんが、MacとWinの両方に対応している安価な802.11b/gの無線LAN基地の購入を勧めます。

投稿日時 - 2007-01-28 15:11:22

お礼

有難うございました。
本を読みあさって勉強してみます。

投稿日時 - 2007-02-01 21:33:29

あなたにオススメの質問