こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パソコンでビデオを編集したい。そのために、パソコンを速くしたい!

パソコンでビデオを編集したい。そのために、パソコンを快適にしたい!
のです。
現在、Celeron2.53GHz、メモリー512MB、グラフィックアクセラレータは3Dオンボード、というパソコンを使っています。
ビデオ編集ソフトで、映像を編集しようとしたのですが、映像を見ているとコマ落ちになったりして、スムーズに動きません。これは、メモリーが足りないのか?それとも、ビデオカードをつけたほうがいいのか?ただ、CPUの問題なのか?どうなのでしょうか?
・メモリーを増やせば早くなるでしょうか?
・ビデオカードをつければスムーズになるのでしょうか?その場合、ビデオカードはどのようなものがいいのでしょうか?ポイントをお教え下さい。AGPとか、PCIとか?いろいろあるようです。私の環境でのお勧めのがありましたらお教え下さい。
以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-01-17 17:51:08

QNo.2673548

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Celeron1.8GHz/768MBのPCで編集→DVD-VIDEO化の経験が有りますが、一杯x2でしたネ(使用編集ソフトにより異なりますが…)。
素材を単純に切ったり貼ったりするのには問題ないけど、タイトル/BGM等の微妙な移動等(位置合わせ)に成るとPCの御機嫌伺いの状態でした。
現状の環境でメモリが適宜か否かは↓
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/166memoryusage/memoryusage.html
ダミー編集をしてみて↑の「コミットチャージの最大値」が、其の作業で必要とされるメモリ値です。使用アプリ/編集内容により異なりますが、編集→オーサリングで必要とされるメモリ値は1GB~1.5GB位です(経験値)ので、出来る限りのメモリ量増設が効果大(即効性)です。
合わせて、不要なWindowsサービス/常駐アプリの見直しを図ってメモリの浪費を防ぐ。
編集作業中のウィルスソフト停止でメモリの浪費を防ぐ。
なるべく高速なHDD上で作業をする(素材も含めて)。
小まめにプロジェクトのバックアップを取り(アプリに其の機能が有れば活用)不測の事態時の編集内容の保護。
…が簡単で安価で解決出来ます。
>ビデオカードをつければスムーズになるのでしょうか?
>
Celeron機は4年前のメーカー製PCです。映像其の物の描写には問題は無かったので、オンボードでも問題は無いかと思います。

投稿日時 - 2007-01-18 10:25:27

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

私がやるとなると、まずメモリを1GBまで増設。
HDDを高速なものに代える、出来ればRAIDにして高速化を図る。
AGPがあれば、ビデオカードを増設。
エンコードが遅ければ、ハードウェアエンコードカードを入れて、MPEGのトランスレートをカードにやらせる。
順番に予算を考えながらやってはいかがでしょうか。

映像のこま落ちですけど、ビデオカードの性能でそうなる場合は出来上がりには影響ないですけど、HDDの転送速度が遅れてこま落ちになると、出来たものもぶれますから、どちらを優先的に予算をかけるか、切り分けも必要です。

投稿日時 - 2007-01-17 18:11:40

ANo.5

使用しているソフトは何でしょうか?

一般的な動画編集ソフトなら512MBもあればとりあえず問題ありません。1GBもあれば十分です。
ビデオカードも、最近のPmremierePROやAfterEffctsのようなソフトのように処理の一部を肩代わりしているのでなければ、オンボードでもかまいません。
編集する動画のソースがMPEGだったりするとどうしても動作が遅くなります。PCを買い換えた所で解消しない場合もあります。
動画編集ソフトのプロジェクトでデフォルトで扱う形式がDV-AVIで、ソースがMPEGだったりすると、一度変換の手間が入りどうしても動作が遅くなってしまうなんてこともあります。

AfterEffctsは2GB位までメモリを増やす事で、動作が速くなりますが、それ以外の動画編集ソフトなら、メモリにキャッシュするよりもHDDにキャッシュするような仕組みになっているので効果は出にくいでしょう。

ソースやプロジェクトの設定も含めたソフトの使い方を考え直すか、CPUを交換するのが効果的かと思います。

投稿日時 - 2007-01-17 18:06:42

ANo.4

#2さんへの対立意見となってしまいますが、グラフィックボードにはCPUとは別にGPUという描画を専門としたCPUが有りますので、動画編集を行うときにグラフィックボードは必須とも言えるパーツです。
動画がカクカクするなどはオンボードの描画処理が追いついていないのが主な原因となります。

投稿日時 - 2007-01-17 18:06:09

ANo.3

CPU のパワー不足とメインメモリの容量不足です。
ビデオカードの搭載は、パワーアップへの大きな要因にはなりません。

恐らくメーカー製パソコンをお使いと思いますので、
丸ごと買い換えるのが最も有効で簡単だと思います。

しかし、それほどの予算があるのなら、
元々この質問板で相談はなさらないと想像します。

まず、お使いの環境(仕様)を知るためにも、
お使いのパソコンのメーカーと型番をお伝え下さい。

例えば、「SONY VAIO」だけでは分かりません。
それに続く詳細な型番をお願いします。
全ての仕様が分かれば、ひょっとしたら改善策が見つかるかも知れません。

投稿日時 - 2007-01-17 18:03:27

ANo.2

その時代のPCなら、恐らくビデオアクセラレーションは入ってると思われますので、ビデオカードは効果がないと思います。

メモリーは少ないですね。増設すれば効果があると思いますが、ビデオ編集するには一般的にはパワー不足と思われるスペックですので、今のパソコンの強化に投資するのはもったいないです。

ビデオ編集に有効なのは、高速なCPU (マルチコア)、高速なハードディスク、大量のメモリーとなりますが、どこを取っても、今のPCは数倍の性能があります。

投稿日時 - 2007-01-17 17:58:49

ANo.1

ビデオ編集において、メモリは最低1024MB、グラフィックボードは欲しいものです。
グラフィックボードはGefoce 7600以上あれば十分と思います。
AGP、PCIの規格についてはご自身の環境に合わせて選んでください(どちらにしてもさほど影響はありません)。

投稿日時 - 2007-01-17 17:54:26

あなたにオススメの質問