こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

グローバル経済化する中国を未だに左翼の人が礼賛する理由は?

中国はここのところ市場経済を導入し、グローバル経済に飲み込まれつつあります。万人の平等を理想とする共産主義からは乖離してるように見えます。

なぜ日本の左翼系の人やメディアは理想から離れてしまった中国を礼賛するのでしょうか?

「中国は勢いがあるから、成長してるから」という理由であれば別にアメリカでもEUでもいいような気がします。またガンガンと経済成長を推進する中国は、一部左翼の人が推進してるスローライフとも反するように思えます。そこらへんの整合性は左翼の人はどう考えてるんでしょうか?
(整合性に疑問をもってるので、特に中国脅威論や左翼に反対してるわけではありません)

投稿日時 - 2007-01-05 23:16:58

QNo.2645614

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そもそも左翼は中韓の為に親中親韓なのではなく、反日というか日本を攻撃する為に中国や韓国を利用しているだけなのではないかと思います。
ですから、中国だろうが欧州だろうがスイスだろうがスウェーデンだろうがコスタリカだろうが、日本を攻撃する口実に使えるなら何でも良いのではないでしょうか?

そこら辺の理由の分析を
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2639989.html
のNo12No14で自分なりにしてみました。宜しければ読んでみてください。

投稿日時 - 2007-01-06 14:11:51

お礼

分析拝見いたしました。なかなか良いですね。
左翼は反政府が先にありきという思考回路なんですね。

投稿日時 - 2007-01-09 13:16:53

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

礼賛し続けなければ、今までの自分の主張が間違ったということを認めることになります。
とくに、自分たちは科学的だ理論的だから正しいといって他人を非難していたのだからですね。

投稿日時 - 2007-01-09 13:53:55

お礼

「中共は我々を裏切った!真の共産主義(or 社会主義)政党は我々だけである!」とか言えば済むのに、中国礼賛を続けるのが不思議です。

投稿日時 - 2007-01-09 16:59:41

ANo.4

 ヒトラーはカトリックが権勢を保っている理由を分析し、決して自分の過ちを認めなかったからだとしました。「左翼系」もまた、決して自分の過ちを認めることはありません。その瞬間から壊滅が始まるからです。もう没落は進んではいますが、最後の砦は取り壊されていないということですね。ほら、共産党や社会党も病気だ何だと逃げ回って結局、明確に拉致問題の責任について語ってはいませんよね。

投稿日時 - 2007-01-08 23:22:34

お礼

カトリックも最近はガリレオに謝罪してたりしますね。特に壊滅してるようには思えませんが。

投稿日時 - 2007-01-09 13:13:03

ANo.3

左翼といっても、ほとんどは商売、ビジネスでやっている人ばかりです。だから、時代とともに主張が変わってきました。彼らからすれば主張が変わって矛盾があってもよいのです。しょせん商売でやっているわけですから。

投稿日時 - 2007-01-07 10:20:45

お礼

> 左翼といっても、ほとんどは商売、ビジネスでやっている人ばかりです。
まぁ、メディアは商売かもしれませんが、政治家や政党までそう捉えていいもんなんでしょうか。さすがにちょっと・・・

投稿日時 - 2007-01-09 13:14:17

ANo.1

今更「中国は悪い国です」なんて言えますか?

投稿日時 - 2007-01-06 03:23:33

お礼

そこはほら「自己批判せよ!!」ですよ

投稿日時 - 2007-01-09 13:12:10

あなたにオススメの質問