こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

修士論文不合格って・・・

工学系の M2 の学生です。

修士論文の執筆をしていますが、もう一杯一杯です。
教授にも「知らないからね」と放置されていて、ほぼ一人で書いてる状態。

決して自分の論文で、新規性のあることをかけているのではありません。

既存の理論を、無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。

一応は形にはしてあります。
全部で 70 ページくらいは記述してきました。
図も、式も、一生懸命に書きました。

しかし、修士論文の審査に合格する自信はありません。


皆さんの身の回りで、修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?

「修士くらいなら落ちないよ」と他人が言うのは、ぜんぜん安心材料になりません。

修士論文に不合格になった工学系の学生さんの話があれば、参考に教えていただきたいです。

僕は最後まであきらめずに書きつづけて、提出する意思はかたいです。

投稿日時 - 2006-12-28 16:47:33

QNo.2630903

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私大教員です。
>ほぼ一人で書いてる状態。
書くのは1人ですよ。但し、教員は見る義務はあります。
>新規性のあることをかけているのではありません。
何らかの新規性は必要でしょう。
>無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。
音楽の意味はわかりませんが、こじつけが謙遜で、論理性があればよいと思います(論理性は必要です)。
>一応は形にはしてあります。
それでしたら、教員に見てもらうことです。
>修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?
理学部ではおりますよ。外部発表を科しておりますので、それが一度もないと不合格になりますし、実際になった学生はいます。
>僕は最後まであきらめずに書きつづけて、提出する意思はかたいです。
それでしたら修了できる可能性は高いと思いますよ。但し、教員から書き直しを指摘されたら、議論した上で、書き直す努力をすることです。それができれば修了の可能性は高いでしょう。
但し、学校によってハードルは違うので、そこのところはなんともいえません。私のところでは、査読付英文誌に1報は受理されることとなっておりますが、投稿できると教員が判断できれば、修了させています。原稿すらかけなかったら修了できません。

投稿日時 - 2006-12-29 05:45:46

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

工学部卒、修士修了で電気メーカー勤務です。

Q1:修論の提出期限はいつですか?

> 教授にも「知らないからね」と放置されていて、

この問題が大きいですね。指導教官は最後まで指導する責任を負っているわけですから、責任放棄するわけにはいかないでしょう。

Q2:放置されてしまったのはなぜか、心当たりはありますか?

私がいた研究室は、修士の学生で学会発表をしないものは、卒業を認めないという方針でした。国際学会での発表か、学会誌への論文掲載が推奨。

Q3:学会発表など、研究成果を何らかの形で外に発表した実績は?

> 修士論文の審査に合格する自信はありません。

Q4:不合格になるとしたら、その要因は何ですか? 挙げられるだけ挙げて、要因の強さに重み付けをしてください。

Q5:そのもっとも大きな要因を今から攻略するには、どこを攻めると効果的だと思いますか? また、そのために誰の協力を仰ぐべきだと思いますか?

Q6:Q5の答えは、いつまでにやるべきですか?
Q7:Q5の答え以外で、やればすぐにクリアできるQ4の答えはありますか?

投稿日時 - 2006-12-28 20:17:24

お礼

ご回等くださり,ありがとうございます。

お礼と報告の時期が遅くなりましたが,無事,修了できました。

投稿日時 - 2007-03-25 11:49:21

ANo.1

工学系の学生のことは全然知らないので、他分野での話になってしまうのですが・・・。
論文が書けなくて、めためたな論文を出すよりは時間をかけてもう一度書き直す、ということで留年した人の話なら聞いたことがあります。
9月頃の卒業になったのではなかったかと思います。
もし提出しても絶対に審査を通る見込みが無いなら、提出しても意味があるのかどうか・・・。
なぜ教授に放置されているのか、論文だけの問題なのでしょうか?
もっと深い背景がありそうですね。

投稿日時 - 2006-12-28 18:42:11

お礼

ご回等くださり,ありがとうございます。

お礼と報告の時期が遅くなりましたが,無事,修了できました。

投稿日時 - 2007-03-25 11:49:07

あなたにオススメの質問