こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドラクエ9(DS)と友人獲得

ドラクエ9がDSで発売される事が決定されたようですが、
今まで全作やってきたので9もやるつもりだった自分は
意表を突かれた感じです。
据え置き機で個人でやると言う思い込みがあったものですから。

批判はしませんが、結論から言うと
買ったとしても自分に出来るのか?仲間(友人)はできるのか?
ということです。

オンライン(Wi-Fi)対応という事で、
仲間も現実の人間を集めるのでしょうが、
自分にはドラクエを共有してくれるような身の回りの友人はいません。

DSLiteは所持していますが、
自分の年齢が24を超えているということもあり、
(職探し中です)
購買ターゲットとされているのであろう小中学生(?)と
仲間(友人)になれるのだろうか?といった不安があります。

今までこういったFF12のようなオンライン対応のネットゲームは
したことがありません。

オンライン対応ゲームに詳しい方、
又は事情により年齢を取ってしまった方で
似た境遇の方がおられましたら、
そういうゲームの現場はどうなのかご教授ください。

絶対にやりたい、というわけではなく、
今回の決定で諦めかけてはいるのですが・・・。お願いします。

投稿日時 - 2006-12-14 00:36:02

QNo.2599879

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

DQIXの発表には驚きましたね。来年度辺りに出すだろうと思っていましたが、まさかDS出でだすとは。

でも今回DQをDSで出してきたということは、そのターゲット層を拡大させようとしたからだと思っています。
現在、DQに対して最も興味を抱いている層は小中学生ではありません。
VIIの時に5年もの間が空いたために、当時、小学校高学年の子供でも一度もDQをやったことがない、という子供は少なくなかったはずです。
おまけに、ドラゴンボールも終わり、小学生に鳥山明の認知度も薄くなりました。
この状態は今でもさほど変わっていないと思います。

むしろ、20代後半から30代全般にかけてのファミコン世代の方がDQに対する興味は大きいと思います。
そして、今までの購買層の大部分もこの層を中心だったと思います。

DQは10年近く前から最も売れているハードで出すと宣言しています。
現在最も普及しているハードは、数字の上ではPS2ですが、PS2は買い換え需要も大きいため、
世帯数での普及率は昔のファミコン・スーファミよりも高いとは限りません。
また、所持している年代層は小学生~30代といったところでしょう。

一方で、DSは50代や女性の所持率が今までの据え置きハードよりも高いです。
スクエニは今までの層に加えて、この新たにDSによって生まれた層にもDQを売り込んでいこうとしているのでしょう。

続いて、オンラインゲームの話ですが、基本料金無料のゲームは小中学生もやりますが、
FFXI(XIIはオフラインゲームです)の様な基本料金が有料化されているゲームは、
毎月一定額かかるので、利用者に資金力がないとできません。
そのため、基本料金有料のゲームでは年齢層も高くなり、20代以上の人も少なくありません。
むろん、基本料金無料の場合は、比較的低年齢の方も増えますが、20代以上がいないというわけではありません。

いずれにせよ、まだ諦めるのは早と思います。もっと詳細を待ってからでもいいはずですよ。

投稿日時 - 2006-12-14 09:00:49

お礼

お返事ありがとうございます。
レスが遅くなってすみません。

FF12と11の間違い、申し訳ありませんでした。
以後気をつけます。

スクエニの戦略も色々あるのですね。
一部では任天堂とSCEにDQとFFを
使い分けているとか言われていますね。
そういった「大人の事情」はひとまず
置いておいて。

オンラインゲームの話ですが、
少しは期待を持っていいということと、
課金制かどうかによって年齢層も
変わってくるという事ですね。

仰る通り、もう少し発表を待ってみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-14 17:30:33

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問