こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

洋画風、ハリウッド調に撮るのが得意な邦画監督いますか?

友達が大の洋画(というよりハリウッド調)映画のファンで、「邦画は見たくない!」といいます。映画はまず洋画、ということのようです。
しかし僕はまったく逆で、ただの好みではありますが日本人が出ている映画、日本が舞台の映画がとても好きだったりします。邦画ならなんでも観る、という人間です。
できればその友達と一緒に映画を楽しみたいと思っています。

その友達が言うにはようするに「邦画は退屈」「カメラワークがなってない。いつも絵が停まってる」「カットを割らないので退屈」「効果音がヘボい」「アクションシーンがない。あってもヘボい」「美しくない日本人中年男性などが出てきて萎える」ということです。
好きな映画はスターウォーズとか…ハリウッド系アクション全般のようです。テレビはFOXチャンネルしか観ないと言います。

映画はすなわち監督の作品と定義するとして、上記のような「洋画風」「ハリウッド調」の作品を撮る、あるいは得意とする日本映画の監督はいますか? B級でもかまいません。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2006-12-06 06:21:40

QNo.2583148

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 こんにちは。まずは結論じみたことを書いてしまいますが、そのお友達とは映画の好みが「根本的」に違うと思われます。その人にとっては、いくら「ハリウッド調」に作られた日本映画を見せようと、それが「日本映画だ」という時点で拒絶反応を起こしてしまう可能性があります。

 実は、そういうタイプは私の知り合いにもいます。彼はハリウッド映画以外は映画とは認めていません。並のハリウッド映画よりも遙かに面白い邦画あるいはアジア映画・ヨーロッパ映画を見せようと、「こんなのは映画ではない!」と片付けてしまいます。それどころか、スクリーン上に東洋人が出てきただけで気分が悪くなるそうです。

>「カメラワークがなってない」「カットを割ら
>ないので退屈」「効果音がヘボい」「アクショ
>ンシーンがない。あってもヘボい」

 本当はハリウッド映画にも長回し主体のカメラワークや音響効果もアクションシーンもヘボい作品は散見されるのですけどね。でも、そんなハリウッド作品をそのお友達に見せても、ストーリー等が面白ければ「カット割りや活劇場面がダメだから観る価値無し」とは言わないのではないでしょうか。

 つまりは「カット割りや活劇場面がハリウッド作品に比べて邦画は・・・・よって、邦画は嫌い」という物言いは、その人にとって単なる「建前」だと思いますね。本当はハリウッド映画の持つ「賑々しい雰囲気」が好きなのです。そういう人にとってハリウッド作品以外の映画はしょせん「映画にあらず」なのです。だから、そのお友達が「日本映画も観てみようかな」とでも言い出さない限り、無理矢理にこちらから「この日本映画はハリウッド映画と似ているところがあるから、一緒に観よう」と誘っても無駄ではないでしょうか。いくらハリウッド風の演出タッチとハリウッド並の活劇場面を持ち合わせた日本映画があるとしても、それは「日本映画」以外の何物でもなく、ハリウッド映画とは別物ですから。

 ・・・・ということを踏まえた上で、私の考える「ハリウッド調に撮るのが得意な邦画監督」をあげるとしたら、まずは原田眞人ですね。実際にアメリカで撮った映画もありますが、それらは駄作です。見応えがあるのは「金融腐食列島/呪縛」「突入せよ!『あさま山荘』事件」といった国内で撮った諸作です。いずれも“実録ネタ”をエンタテインメントに上手く昇華しています。あとは金子修介。「DEATH NOTE」の監督でもありますが、お手軽映画ばかり撮っているようで、実は彼の演出タッチは垢抜けています。あるいは深作欣二の全盛時の作品や、小津安二郎の初期の映画(コメディですが)なんかは、立派にハリウッド映画とタメを張れます。

投稿日時 - 2006-12-06 19:05:55

お礼

なるほどまったくそうですね。
友達はイベントムービーが好きで、とにかく爆発があればいいんだとも言ってました・・・
デスノートなら一緒に見に行ってくれるかもしれません。
原田眞人監督作品も面白そうですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-09 20:13:06

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

私も真っ先に思い浮かんだのは、原田真人監督で、個人的にも大好きなのですが、お友達の趣味がわからないのですが、少し堅いかもしれません。
娯楽作がお好きなら、『踊る大捜査線』の劇場版(監督本広克行)はいかがなのでしょうか。(私は一作目しか見ていないのですが)
踊る大捜査線 THE MOVIE
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
交渉人 真下正義

金子修介(ガメラ、DEATH NOTE(デスノート))とか。

「三丁目の夕日」でヒットした山崎貴の『リターナー』も、作品の面白さはともかくハリウッド調です。

個人的には、むしろハリウッド(スターウォーズなど)の方に影響を与えた、黒澤明監督の映画『用心棒』『七人の侍』がおすすめですが、白黒だし、旧い作品なので、観なれてないと退屈かもしれません。

勝手な想像ですが、お友達は、「ハリウッド調」云々と言うより、自分の「好み」にあった『面白い邦画』にまだたまたま出会ったことがないのだと思います。
こればっかりは本人にしかわからないので、出会えるといいですね。案外かわいい女の子の出てくる小品にころっと参るかもしれませんね。

投稿日時 - 2006-12-07 18:54:33

お礼

なるほど本広監督ですね。友達はなんとまだ踊る関係は観てないと言ってますから、勧めてみます。
あまり人間を描くことの深みよりも超大作の派手さで目を楽しませることが重要、と友達は考えてるみたいです。
まずはデスノートかな。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-09 20:15:40

あなたにオススメの質問