こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

打撃系や総合系の試合ではいいところが全くなく、素人のボビーにも負けていましたね。
今はプロレスのリングにあがることが多いみたいですが。
やはり、負けてばっかりという感じでしょうか?

投稿日時 - 2006-12-05 01:11:41

QNo.2581071

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ほとんどのプロレスは作られた「ショー」ですから、曙には向いていると思います。勝つ負けるはTVの演出家(プロデューサー)などの指示にも因ります。脚本(シナリオ)が出来上がってますから。だから、曙は商品になるわけです。曙がお金を稼ぐなら、ショープロレスの方が良いが、K-1等、総合格闘技はギャラが破格に高いわけです。そこで負けるのが分かっていても、大相撲横綱という肩書きの「曙」というブランドは、まだ日本人観衆相手には商品になってるわけです。しかし、海外では相手にもされてません・・。弱いからです。しかしながら彼が海外で試合をしても、現在は日本のテレビ局が必ず放映権を買います・・。

投稿日時 - 2006-12-05 01:39:04

お礼

>ほとんどのプロレスは作られた「ショー」ですから、曙には向いていると思います。
>勝つ負けるはTVの演出家(プロデューサー)などの指示にも因ります。

そういうことであるなら、さすがに勝てますね(笑)

大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-05 21:56:13

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

誤解があったようなので訂正します。
みなさんは「ショーだから八百長だろう」という意味で書かれていたので、ぞれならプロレスはショーじゃないという意味で書きました。
(いま自分の書き込みを読み直してみましたがそうとれると思うのですが)

ショーなら観客がいるものは全てショーです。
プロレスも総合格闘も野球もサッカーもサーカスも中国や北朝鮮の公開処刑も。

しかし「ショーだから本当には体をはってないだろう」という意味ならプロレスはショーではありません。
サーカスも失敗したら命を落とすので一回ごとが真剣勝負ですが、危険度はプロレスの方が上です。
一回の試合中に何度も頭から勢いをつけてぶつけられるんですからね。
通常は肩を広げて受身をとりますがタイガースープレックスみたいに受身をとらせないで後頭部をぶつけるものは間違いなく危険です。
普通ならプラム麻里子や門恵美子みたいに脳内出血をおこして死にます


下にネットを用意しない危ない空中ブランコもありますが、通常の公演でサーカス団員が一日に何度も頭を強打することはありません。

投稿日時 - 2006-12-05 18:12:02

お礼

>みなさんは「ショーだから八百長だろう」という意味で書かれていたので、

そんなことを書かれた人がいましたか?
「八百長」という表現は、これまでの回答では一度も用いられておりませんけど。


>ショーなら観客がいるものは全てショーです。
>プロレスも総合格闘も野球もサッカーもサーカスも中国や北朝鮮の公開処刑も。

観客がいるものは全てショーですか。
運動会も学芸会もショーなのですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-05 22:10:00

ANo.5

プロレスはショーです。
死に近いからショーじゃないなんていうわけのわからないことを言う人も中にはいるかもしれませんが、それを言ったらサーカスの空中ブランコなんかはショーじゃなくなります。
プロレスよりも死が近いでしょう。

ショーを行うことが元横綱の選んだ道なのでしょう。
選んだというより選ばざるをえなかった!?
総合やK-1じゃ勝てないんですから。。

別にプロレス嫌いではありません。
散々見てましたから。

投稿日時 - 2006-12-05 12:44:31

お礼

>ショーを行うことが元横綱の選んだ道なのでしょう。
>選んだというより選ばざるをえなかった!?
>総合やK-1じゃ勝てないんですから。。

なるほど、そういうことですか(笑)

大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-05 22:07:25

ANo.4

まぁK1や格闘技の大会では勝てないでしょう。

質問とは関係ありませんが、下で盛り上がってるので書きますがプロレスはショーであるのは間違いないです。が、命懸けです。

投稿日時 - 2006-12-05 06:41:30

お礼

大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-05 22:06:55

ANo.3

殴る蹴るでは体重を活かせないから曙の存在価値がありません。
チョコマカ動ける人間の方が強いのは当然です。
だから体重を活かせる相撲やプロレスでは強いのです。

プロレスはショーだとか言ってる人もいますが自分の上に230kgの物体が勢いつけて落ちてきてもそんなこと言えるのでしょうか?
のほほんとテレビを見てるだけで重さの恐怖を知らない人は幸せです。

私はウェイトトレーニングを長年やってますがベンチプレスで150kgのバーベルにつぶされた時、近くに誰もいなかったから30分近くそのままだったことがあります。
その時はどれだけ怖かったか。
重いだけでなく胸が圧迫されてるから呼吸はしにくいし声は出ないし肋骨は痛いし、バーベルを支えてる手が耐えられなくなったら150kgの鉄棒がノドの方に転がってくるし。
何度も「死」がチラつきました。

前にノアの試合で力皇と曙が一緒に飛び降りた時なんかは、泉田はよく死ななかったなと思いました。
下手したら内臓が破裂します。
仮に台本に「ここは曙と力皇の二人が同時に飛び降りてくるけどガマンするように」と書かれていても耐えられるものではありません。
それまで泉田は弱いレスラーだというイメージがありましたが見方が変わりました。
膝などがついてると少しは軽くなるとはいえ勢いがついてるから元の体重以上の衝撃にはなります。

自分が横たわってる上にセカンドロープぐらいの高さから300kgの物体を落とされても「プロレスなんかショーだ」と言える人がいたら尊敬します。

投稿日時 - 2006-12-05 03:56:01

補足

>殴る蹴るでは体重を活かせないから曙の存在価値がありません。
>チョコマカ動ける人間の方が強いのは当然です。

殴る蹴るでは体重を活かせないので、動きの素早い方が強いのが当然ですか。
ボクシングやK1では、ヘビー級の選手より、ミドル級やライト級の選手の方が強いのが当然ですか。
素人のボビーが、総合ルールで曙より強いのも当然ですか。


>仮に台本に「ここは曙と力皇の二人が同時に飛び降りてくるけどガマンするように」
>と書かれていても耐えられるものではありません。

普通では耐えられないものに耐えているのは、日頃の鍛錬の結果ですかね。
日々、想像を絶するような鍛錬をしているからこそ、ノアの人達は、社長をはじめとして、腹が出た中年太りのような体型の選手が一人もいないわけですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-05 22:03:06

ANo.1

戦績で見ればこれほど負け続けてまだリングに上がる選手も珍しいと言える程です。K-1では角田師範への判定勝ち以外は全敗。
プロレスでもショー要素の強い試合以外は全敗です。

曙という力士は、押し相撲でこそ力を発揮するタイプだったと思いますし、しかも膝を痛めてしまっています。格闘技の世界では弱点だらけに見えても仕方ないでしょうね。
本来の強い力士は、現在の朝青龍や全盛期の貴乃花の様にどっしりしたあんこ型のはずです(千代の富士は偉大な横綱ですが、典型とは言えないでしょう)。彼らであればまた違った結果になったでしょうし、少なくとも相撲の意地は見せられたのではないかと思います。

プロレスはフットワークもあまり使いませんし、シナリオ次第では勝つ事も可能です。最初からそうすれば良かったのに、と思いますよ。K-1サイドは彼に厳しい言葉を投げますが、そもそも勧誘した彼らの目が節穴だった事を棚に上げて良く言うな、と思ったりもします。

投稿日時 - 2006-12-05 01:33:05

お礼

>シナリオ次第では勝つ事も可能です。

シナリオで決まっているのなら、さすがに勝てますね(笑)

大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-05 21:55:08

あなたにオススメの質問