こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

今日、うちの父が倒れました

病院では脳内出血で右半身麻痺で治る見込みはないと言われました。
突然の事で動揺しています、三週間の入院の後で入院しながらリハビリをするそうです。
不安でいっぱいです、保険や行政のサービスや国からの援助などはあるのでしょうか?
これから生活が激変するのがわかるので心配です。
今する事、気をつける事があればアドバイスお願いします、家族も今は何も考えられない状態です。
完治してくれるのが一番いいのですが..。

投稿日時 - 2006-12-04 17:58:20

QNo.2580123

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私も脳内出血(12時間後に発見されて手術して)で左半身麻痺で10年たちました。
手術のあと、一応生活は出来るようになるでしょうと言われたらしいです。
それを聞いた家族は、一所懸命に病院へ通って励ましてくれました。
おかげで左半身付随になりましたが歩くことも車を運転(右半身不随の場合は難しいですね?)することも言語もどうにか他人に解らないくらいにリハビリで良くなりました。
とうの本人がやる気にならないとリハビリの結果はいいほうに向かないと思います。
半身不随の程度で身体障害者の認定を受ければ(1、2級で1種、2種によって・・・)本人の所得の状態によくて医療費が全額補助になったり、都道県税(車等)や交通費が免除になったりしますが認可が下りてからの話です。
関係の行政福祉機関で聞いて確かめてください。
そして少しでも本人の為を思うもなら病気を発症する以前の生活習慣を変えることが大切です。
殆どの家族は半身不随になったのだから好きなものは食べさせようと生活習慣で発症したことを忘れて薬を飲んでリハビリをすればと考えますが・・・喫煙はやめること、お酒はやめることが一番最初に始めることです。
また、運動量も少なくなりますから食事のことも気を受けるといいですね!
あとはご家族の皆さんが決めることです。
大変だと思いますがご家族が一丸となって、お父さんの面倒を見てあげてください。

投稿日時 - 2006-12-05 12:23:16

お礼

リハビリですごく良くなられたとの事で、勇気づけられました。
うちの父もお酒が好きなので、家族と協力して呑みたくなる様な状況を作らない様に気をつけます。
皆さん本当にありがとうございます、家族と協力してがんばって父を支えていきます、本当に助かりました、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-05 17:57:12

ANo.3

ご心配ですね。でもご本人はもっとショックは大きいと思います。まだ安定しないうちから保険、行政サービス、援助、困り感を現すとご本人は益々不安になってしまいます。ご家族は安心して療養訓練するように励ましながら、みんな家族が少しでも良くなって一緒に暮らせることを望んでいるという気持ちをハッキリ伝え安心して訓練に向き合えるようにしてあげましょう。この回復のために一番重要なことは、ご本人の回復意欲が維持される事です。これから症状が安定すると様々な麻痺の現実と向き合わなければなりません。その力は家族の支えにあります。自分は家族にとって大切な存在なんだ、回復をみんな願っていてくれる。
そういう手応えを提供することが大切です。今それが一番大切なことです。先生に麻痺の状態や機能麻痺の状態を確認して下さい。次にそれに基づいてご質問の様々な公的サービスについては病院にいるソーシャルワーカーが説明してくれますので、解らないことは何度も質問して将来の不安を解消し、新たな課題に向けて進んで行かれることをおすすめ致します。

投稿日時 - 2006-12-05 11:14:11

お礼

たぶん父もベットの上でいろいろ考えていると思います、家族みんなで協力して父をケアしていきます。
病院で聞いてみます、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-12-05 17:47:46

ANo.2

 麻痺が残るようなことがあれば障害年金などの制度もありますし、身体障害手帳の申請などもあります。また、医療費に関しても高額療養費制度や医療費控除等の措置もあります。
 病院に医療相談室があればそこのソーシャルワーカーにご相談されるのがよろしいかと。同じ病院内にあれば病状なども知ってもらいやすいですし、これからのことも相談しやすいと思います。もしなければ、役所の年金課や福祉課にご相談になってみてください。
 ただ今日のことで、不安な気持ちが多いと思いますので、ある程度落ち着いて気持ちの整理が出来てからでかまわないと思います。相談者さんと同じようにお父様も不安だと思います、今はお父さまが回復なされることを第一にお考えになってください。そして相談者さんもあまり無理はなさらないように、お体にお気をつけ下さい。もしわからないことができたらどんな些細なことでもかまいませんので、書き込んでください。お大事になさってください。

投稿日時 - 2006-12-04 21:05:17

お礼

ありがとうございます、みなさんの話を聞いて本当に救われます。
確かに本人が一番不安だと思うので、その事を忘れないで気をつけます。

投稿日時 - 2006-12-05 17:42:34

ANo.1

突然大変な事になってしまいましたね。 ご家族の何も考えられないというお気持ちご察しします。
想像されてあるとおり生活が激変するのは避けられない事と思われます。 でも時間は止まってはくれませんし、少しでもより良い方向へ向かうように動かなければなりませんね。悪い方にばかり考えてはいけません。お父様の命が助かったのですからその事を何よりありがたいと思って家族が団結して前向きに頑張ってください。
まずは生命保険の担当さんに聞いてみてください。あと、病院の方もある程度行政のサービスなんかをご存知のはずですし役場の福祉課あたりに行って相談されてみてはいかがですか? 何でも自分から質問したり調べたりしなければ向こうからは教えてもらえない事って多いです。 直接出向いて尋ねるほうがよいと思われます。ただ、何処にでも親切な人とそうではない人がいるものです。親切な人に当たるといいですね。 とにかくまず一度に処理しようとあせらずにできそうな事から一つづつ解決していってくださいね。 頑張って。

投稿日時 - 2006-12-04 19:14:16

お礼

そうですねまずはそこからですよね、ありがとうございます。
焦らず徐々に進んで行こうとおもいます。

投稿日時 - 2006-12-05 17:34:57

あなたにオススメの質問