こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

柔道での手首固め、モンジバカ

寝技でモンジバカが決まれば反則ではないでしょうが
立ち技のまま手首固め、小手返しなどを極めたらどうでしょう。
脇固めについてはよく話を聞きますがそれ以外で効きたいです。
後立ち締めについてもおねがいします。

投稿日時 - 2006-12-03 03:41:39

QNo.2577173

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>ちなみにそのルールはどこで調べたらよいでしょう。
柔道の人たちと練習していればなんとなくわかってきます。
「上達する!柔道」という本が比較的詳しいです。

>確か「腕返し」だったと思うのですが
>相手が回転してしまえば投げ技として認めらた気がします。
横分のことかな??講道館の公式の名称じゃないですよね?
http://www.kodokan.org/j_waza/index.html
↑の「誤りやすい俗称技」の項目参照。

>相手がこらえたら立ち関節になると思うのですがその判定基準がわかりません。
立ち関節は「タイを捨てたか否か」で反則かどうかが決まります。
わりとあいまいです。
国際試合で韓国人選手が日本人選手に対して脇固めの反則をした状況を見たことがあります。
解説者たちは一発で「あーこれはだめですねー」と言っていましたが、どこら辺がダメなのか私には良く分かりませんでした。
タイを捨てるってのは多分「自分の体重を預ける」くらいの意味だと思います

>あと別の質問かもしれませんが柔道着の装飾はどこまで許されるのでしょう。
知りません。すみません。
厳しい決まりがあるってのを聞いたことだけはあります。

>首から袖までラインの入ったの、も見たことあります。
それは装飾じゃなくって、アディダスの胴衣にもともと入っていたやつでは?
「アディダス 柔道 ストライプ」で検索してみてください

投稿日時 - 2006-12-04 16:26:38

お礼

ありがとうございます。
腕返しは俗称だったのですか。
でもこれって腕を固定して投げたのか固定されてなかったのかというのは
スピードでしょうか。横分の映像が見たいです。
もとのモンジバカの質問ですが
「肘以外の関節は禁止」
というのは聞いた事があります。
ただ「腕がらみ」系はどう考えても「肩関節」だと思います。
実際「腕がらみ」を極められた状態で主審に「肩!肩!肩!」
とアピールしたら待てがかかり反則勝ちになったという話があります。

昔の話なので厳密な国際大会の審判じゃなかったのもあると思いますが。
ご意見お聞かせください。

柔道着の装飾はあらためて新しい質問にしたいと思います。

投稿日時 - 2006-12-05 02:27:34

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>明確なではなくもっと限りなく曖昧にしてはどうでしょう

ルールが曖昧な分、判定が曖昧になりますので明確にした方が良いと思います。
じゃないと、掛けるだけ損になります。

投稿日時 - 2006-12-12 22:51:02

お礼

確かにスポーツとしてはそうですね。
掛けて極まったとおもっても審判の気分しだいで
反則にされてはもともこもないです。
すみません

投稿日時 - 2006-12-13 03:18:31

ANo.4

個人的には極めている面積、部分が肩側であれば肩、肘側であれば肘の部分だと考えていますが、私が極める時にはどちらかと言うと肩に近い方で、三頭筋の辺りを極めますよ。

威力が倍増しますから。
肘側で極めても、なかなか痛みが伝わらないので。
でも、力のある方ならどこ極めても痛いと思いますけど。

腕絡みで反則取られるケースは珍しいですね。
十字固め、脇固め、腹固め、膝固めなど肩に近い部分で極めている技はたくさんあると思います。
特に膝固めはかなり肩に近いと思います。
私としてみたら、その裁定は腑に落ちないでしょう。
もうちょっと明確なルールを決めたいものです。

投稿日時 - 2006-12-08 15:02:51

お礼

ありがとうございます。
明確なではなくもっと限りなく曖昧にしてはどうでしょう。
その方が実践的な気がします。
個人的にはカニバサミなんか得意技だったのに。。

投稿日時 - 2006-12-10 00:02:23

ANo.3

>ただ「腕がらみ」系はどう考えても「肩関節」だと思います。
>ご意見お聞かせください。

腕がらみ系の技は肩を決めているのかどうかについて、
私の意見を申し上げればよいのでしょうか?
それともサイト閲覧者全員に問いかけているのかな?
一応前者だと仮定して回答します。
肩っぽいものもいっぱいあると思います。

でも、寝技の神様が反則じゃないって言ってます。
柏崎先生は「技の見きわめハンドブック」(だったかな?)といったタイトルの本を出してましたよね。
柔道ルールに関して精通してらっしゃる方です。

投稿日時 - 2006-12-05 14:31:16

ANo.1

>寝技でモンジバカが決まれば反則ではないでしょうが
>立ち技のまま手首固め、小手返しなどを極めたらどうでしょう。
柔道ルールでは肘関節以外のあらゆる関節技が反則です。
なのでどちらも反則。
攻防の流れの中で"相手の手首に圧力をかける"程度のことなら許されているみたいだけど。

>後立ち締めについてもおねがいします。
立った状態で相手を締める行為が反則かどうかってことでしょうか。
相手の首に危険を及ぼす可能性がある行動を取った時点で、
実際に絞めていなくても反則です。

投稿日時 - 2006-12-03 14:48:19

補足

ありがとうございます。
ちなみにそのルールはどこで調べたらよいでしょう。
講道館のサイトを見てもそこまで見当たりませんでした。
確か「腕返し」だったと思うのですが
相手が回転してしまえば投げ技として認めらた気がします。
相手がこらえたら立ち関節になると思うのですがその判定基準がわかりません。
あと別の質問かもしれませんが柔道着の装飾はどこまで許されるのでしょう。
首から袖までラインの入ったの、も見たことあります。
警視庁のは確かピーポ君なるものが貼ってありました。

投稿日時 - 2006-12-03 22:35:29

あなたにオススメの質問