こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

I don't want people thinking .......

I don't want people thinking .......
こんな文に出くわしました。
否定分ではwant someone/something to doではなく(not) want someone/something doingという言い方をしばしするようです。
恥ずかしながら初めて知りました。そうすると、not want someone/something to doというのはあまり一般的ではないのかとか、to do と doingで何か気持ちのうえで違いがあるのかとかいろいろと考えてしまいます。ご意見をうかがえたらとおもいます。
あと受験英語では肯定、否定にかかわらずto doが無難でしょうか?私は受験は全く関係ないのですが、いかにこれがプラクティカルにいい英語といえど、受験生がみて不利にならないかというのがちょっとした懸念です。

投稿日時 - 2006-11-14 00:58:28

QNo.2537885

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

回答への補足の「私が(そんな幼稚なTVを)見ていると思われるじゃないの~」で正解でしょう。

投稿日時 - 2006-11-14 11:40:26

お礼

ありがとうございます。
訳(意味は)分かっていたんですけど、、

投稿日時 - 2006-11-14 23:49:47

ANo.2

こんにちは。

以前の質問で、質問自体はちょっと違いますが回答が参考になりそうなのがあったので、URLを貼り付けますね。
いろいろ判りやすく説明されてますよ^^*

参考URL:http://okwave.jp/qa2369941.html

投稿日時 - 2006-11-14 09:40:47

お礼

ありがとうございます。この質問が文法的なことを書いていて頭が痛くなりました。でも参考になりそうです。ゆっくりもう一度見てみます。

投稿日時 - 2006-11-14 23:52:06

ANo.1

前後の文(会話)が解りませんので何ともいえませんが・・・一つ旧い資料からご紹介します:タイトル「WestnerとのOral Business Communicationの心得十カ条」より
第1条:”とりあえず英文法を忘れよ。
CommunicativenessがKeyとも言っています。
会話でしたら聞きなおしは全く失礼になりませんし、そうすることが礼儀でしょう。

投稿日時 - 2006-11-14 06:07:13

補足

ありがとうございました。
第1条:とりあえず英文法を忘れよ。
文法的理屈はわたしも 嫌いで、あまり立ち入らない事にしています。
しかし微妙な言い回しのちがいでその表現のニュアンスがかわるかもしれないというのが、気になるところです。同じ意味のことを文上では言っている2つの文があってもなぜその表現を使ったのかということです。もしかしたらどちらでもあまり差がないのかもしれません。でもそういうところは突詰めてもいいかもしれないと思ってます。
文法的にという観点の議論は私には必要ないです。
質問の文ですが、前後関係は出しませんでした。あまりよくない質問と言われても仕方がありません。ただ、前後関係がないぶん、いろんな可能せいを聞けるかもしれないということも考えておりました。

シチュエーションは兄弟げんかで、兄貴が意外と幼稚なテレビを見ているので妹が怒って、私が見ていると思われるじゃないの!という感じのながれです。
I don't want people thinking that I'M watching such a childish TV show.

投稿日時 - 2006-11-14 06:39:50