こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カメラや写真が趣味の人

こんばんは。

カメラを趣味にしている人、写真を撮る事が趣味の人が
どういうきっかけで趣味になったか興味があります。

最近、携帯のカメラで色々と撮影したりするのが面白くて
今度カメラを購入して色々と撮影してみたいと思うのですが
これって新しい趣味になるでしょうか。
景色の綺麗な所に行って、色々と撮ってみたいと思っています。

カメラに関しては全くの初心者で、シャッタースピードや
絞りなどの用語の意味もわかりません。
これから雑誌などで勉強していきたいと思ってますが・・・

カメラが趣味の方、カメラにハマったきっかけ、
初心者にお勧めのカメラやHPなど、
カメラに関する事を色々と聞かせていただけないでしょうか。

ちょっと変な質問ですが、よろしくお願いします^^

投稿日時 - 2006-11-03 22:32:17

QNo.2516134

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

根っからの視聴覚人間ですので
高校の頃から、映画、音楽、絵画、カメラと、
とめどなく浅く広く、趣味のようなものが広がりました

>カメラに関しては全くの初心者で、シャッタースピードや
絞りなどの用語の意味もわかりません。
◆例えれば、水道の蛇口をひねって、バケツに水を溜めるようなものです
蛇口のひねり具合がカメラの「絞り」、たまる時間が「シャッター速度」です
たまった水の量は「露光した光の量」です

>初心者にお勧めのカメラやHPなど
◆銀塩(フィルム)35mmのマニュアルカメラ(ニコンFMなど)から入門するのが
理解するのにはいいのですが、カメラ1台で済ませたいのなら
デジカメ1眼かマニュアル撮影もできるコンパクトデジカメというところでしょう
私、デジカメはニコンD70(1眼レフ)とキャノンPowerShotS60
(各種マニュアル撮影可、広角28mm)
を使っています
メディアはコンパクトフラッシュなので今や、マイナーです

>初心者にお勧めのカメラやHP
◆キャノンEOSKiss、ニコンD70、ペンタックスK100D
 コンパクトデジカメならキャノンPowerShotシリーズなど
(のめりこんだら1台では済まなくなるでしょう、
なぜなら、1眼レフだけだと、コンパクトデジカメが欲しくなるし、
逆だと1眼レフが欲しくなると思います、もっと高級機が欲しくなったら...)
◆くもん先生のカメラ遊遊塾(目的、カメラ別に項目があります)
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/workshop/index.htm

投稿日時 - 2006-11-04 00:07:03

お礼

詳しい解説をありがとうございます。
リンク先も参考にさせていただきますね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-11-04 16:49:50

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

きっかけは、がきんちょの頃に親のカメラ(古いやつ)を悪戯して撮った事。
プリントされてきた写真を見て、親から怒られるかと思いきや、逆に褒められた事が最初のきっかけ。
とにかくカメラを持ち出しては撮りだすようになったです。

見た景色や物、動物、あらゆるものがカメラを通して写真という形になるのが楽しくてしょうがなかったのを覚えています。
始めた時期は違えど、今の質問者さんの心理と近いものがあるかもしれません。



PCを持っているならデジカメが最適です。
タイプは敢えて指定しませんが、形から入っても構わないと思います。
好きなカメラを手元に置いて下さい。
金銭と体力に余裕があれば、プロ仕様機でもまったく構いません。
なんたって趣味なんですから。
根っこはみんな同じですよ。
デジカメを薦めるのは、今の入門者用写真/カメラ雑誌はデジカメがベースになっているからです。
デジカメを使った方が遥かに効率よく、さまざまな事柄を覚える事が可能な環境になりました。

好きで続ければ趣味になります。
質問者さんにとって良い趣味になるといいですね。

投稿日時 - 2006-11-04 12:07:36

お礼

そうなんです、綺麗な景色が撮れたりすると嬉しいし
色々と撮影する事が楽しいんですよね。
デジカメ一眼を購入する予定でいます。
また新しい趣味ができそうで、ワクワクです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-11-04 16:54:15

ANo.8

不覚ですが、私もカメラにはまってしまいました。
たくさん撮っていると、何気にうまい写真が撮れたりします。
それが嬉しくて、どんどん撮ってしまいます。
デジカメはパソコンに取り込んで、気に入ったものだけ残せばいいので、気がつけば膨大な数になっていました。
カメラ用語は難しくて未だに全然わかりませんが、あれこれ試しながら撮っています。

きれいな写真が載っているのでよく見るブログです。
みやびの雅美生活
http://miyabiok.exblog.jp/
うちの食卓 Non solo italiano
http://tfortunati.exblog.jp/

投稿日時 - 2006-11-04 05:19:01

お礼

よくわかります!
良い写真が撮れた時は嬉しいですよね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-11-04 16:51:06

ANo.6

こんにちは

私がカメラにはまったキッカケは…
自分の愛犬の写真を撮りたいと思ったからです
最初は記念としてぐらいの気持ちで撮りたいと思ったのですが…
犬種的にカッコイイという形容詞がピッタリな犬種を飼っています
なので…どうせ撮るのなら少しでもカッコ良く撮りたいなと…親バカな気持ちが出てきました
更にうちの愛犬はアジリティというのをやっています
それは犬が全速力に近い速さで障害をクリアしながら走る競技なので…
自然とその競技中の写真が多くなっていきました
でも普通の状態でも難しいので更に難易度アップした訳です
親バカな気持ちと元来の凝り性の性格で…
何とかアジリティに関してはたまに良いのが撮れるまでになりました

そうなると…デジタル一眼を買い…今に至ります

マダマダ腕が良いという段階ではないので使っているのはキャノンのキスデジNです

私の場合は撮りたい対象が先ほど書いたようにちょっと特殊なので…
雑誌は一切読んでません
プロの人が仕事で撮りに来てる時があるのでその方と仲良くなって情報収集しました
またアジリティをしている人には同じ感じでカメラが趣味の方が多数いますので…
その方たちのサイトとかを見て勉強させてもらったり…
後は…やっぱり撮りまくりましたね
シャッターのタイミングは犬によって微妙に違いますので…
お陰で普段から走りを見てる仔のなら何とかカッコイイと言ってもらえています

でも…私も専門用語は殆どが分かりません
今後は専門用語を勉強したいと思っています

投稿日時 - 2006-11-03 23:26:42

お礼

アジリティ、TVで観たことがあります。
同じ趣味の人達とお友達になるのも大事ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-11-04 16:48:14

ANo.5

●>これって新しい趣味になるでしょうか。
自分で「楽しいな」と思えた時点で趣味になりうると思いますよ^^

●>絞りなどの用語の意味もわかりません。
私もはじめは…というか、今でも完全に理解出来ていません…;

●>カメラが趣味の方、カメラにハマったきっかけ
私の場合は、知人に古いデジカメを譲ってもらってから、
少しずつ撮影したりしていて、そこからどういう訳か、
何の知識も無いのに(!)撮影の仕事を任されてしまい、
カメラの本等読んだり、ネットで検索して少しずつ勉強して…
そうしているうちに、上手くなりたい+楽しくなってきて、
新しいデジカメを買って、良い景色を見つけると撮影するクセ(?)が付いて…
気づいたらハマっていた、という感じです…(会社にハメられたのか…)。

参考になるか分からないですが…
私が参考に買った本は「デジタル「写真の学校」」です(使っているのがデジカメなので…)。
絞りとか、シャッタースピードとか、撮影時は脇を締める!とかの基本的な事が、載っていたと思われます…。
あと、始めはAllAboutJapanで「デジタルカメラ」で検索して、読み漁っていました。

投稿日時 - 2006-11-03 23:02:35

お礼

知識もない内からお仕事なんて凄いですね!
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-11-04 16:46:27

ANo.4

お礼

参考にさせていただきます。
ありがとうございました^^

投稿日時 - 2006-11-04 16:44:54

ANo.3

今はやっていませんが、昔高校に入学したころ写真部に入っていました。中学時代バレーボールをやっていたのですが、少々運動は嫌に思っていたし、なんとなく風景や鉄道写真を撮りたいと思い始めました。「カメラマン」などのカメラ雑誌はよく見ていたと思います。もちろん今はほとんど売っていませんが、キャノンAE-1という1眼レフです。今はデジカメの1眼レフでも数十万円するようですね。

投稿日時 - 2006-11-03 22:42:46

お礼

カメラに関する雑誌もたくさんあるみたいですね。
書店に行って色々と見てみます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-11-04 16:44:22

ANo.2

わたしは昔凝っていました。
きっかけはプロのカメラマンと友達になったことです。
彼の家に遊びに言ってプロ機材やプロの用語とか見聞きしてるうちに興味が沸き、ハマりました。
でも、彼の言ったとおり、「シロートはやがて撮るものがなくなってやめていく。」になりました。

そういう経路でなく、きれいな景色でもなんでも、撮りたいものが先にあるなら、問題はないでしょうね。
機材はなんでもいいので、とにかく撮りまくることです。
最初のうちは、絶対に失敗ばかりで、目で見たきれいな景色がそのまま描写されません。それをバネに勉強し、機材を選択し、スキルアップしていくのだと思います。
わたしは、ハード面から凝りましたので、ポートレートだけで終わりましたが、景色なら無尽蔵ですから、一生の趣味になるんじゃないですか?
かなりお金のかかる贅沢な趣味ですけどね(笑

投稿日時 - 2006-11-03 22:41:49

お礼

プロの方とお友達ですか、僕もそんな友達ほしいです^^
そうですね~、お金がかなり・・・
最初は初級者向けのカメラを購入しようと思います。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-11-04 16:43:09

ANo.1

学生時代に友人のバンドを撮ったのがきっかけですが、
のめりこんだのは動物写真を撮ったときからです。
20年以上前のことです。
当時買ったnikon newFM2を今でも使っています。

今ならデジカメだと思いますので、
キャノンかnikonでいいのではと思います。
お薦めはnikonD50かD70
風景写真なら専門の入門書などがあります。
日経BP ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 風景写真
1260円
著者:ロバート・カプート
日本語翻訳版
ページ数:160ページ
オールカラー
サイズ:天地214mm×左右132mm
ISBNコード:4-931450-55-5

投稿日時 - 2006-11-03 22:41:08

お礼

ご回答ありがとうございます。
紹介していただいた本も探してみますね^^

投稿日時 - 2006-11-04 16:40:49

あなたにオススメの質問