こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

M5とM8のネジを同軸でつなげたい

M5のネジとM8のネジを同軸で接続したいのですが、そういった接続具のようなものは存在するのでしょうか?

現在は、自分でボール盤で穴をあけ、ネジ穴を切って作っていますが、うまくネジ穴があかず、同軸になりません。

[自分が行った工作]
まず、アルミの円柱を購入し、中心にM5の内径をボール盤であける(貫通させる)。続けてM8の内径をボール盤で途中まであける。M8のネジをタップで切り、反対側の面からはM5のネジをタップで切る(途中まで。M8の内径とは直接つながらないようにした)。

そこで、そのような商品が出ていれば購入を考えていますが、そのような商品があるのかどうかすら分からないので調べようがありません。できれば商品名など教えて頂けたり、解決策などを提案して頂ければ幸いです。

ここの「教えて!goo」でも『ネジ 接続』などで調べてみましたが、載っていないのか、見つけることができませんでした。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2006-10-27 15:23:10

QNo.2500716

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#3さん言われる通りどこかがおかしいんですね。
普通はそれで同芯が出ます。ネジですから、0.1以内で十分なはず。
4,2のキリを貫通させて、同じ方向から、6.8のキリを半分まで通す。これで下穴の同芯は完璧です。
次にタップですが、旋盤でセンターがあれば、タップの尻にはセンター穴が明いてますから、タップを穴に差し込んで、尻をセンターで押します。押しながらスパナなどで回していけば、直角にタップは切れます。3山も入れば、あとはセンターは不要です。
穴に、90度の面取りを入れてると、タップは切りやすいですよ。
タップ切るときに、少し油とつけると、むしることなくきれいに切れます。

投稿日時 - 2006-10-27 19:53:07

お礼

回答ありがとうございます。

そうか!!
せっかく旋盤があるのだから、旋盤でセンターを出せば良かったのですね!
なんだか基本を忘れていたようです、本当にありがとうございます。
確かにタップの尻にセンター穴があいているものがありました。(自分が使っていたのは尻に穴がないものでした。)
ちなみに面取りもしていませんでした。
またトライしてみたいと思います。

本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2006-10-27 20:24:05

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

#4です。
M5は6.8の穴側から切っていきます。
タップの尻は90度の円錐になってると思いますが、センターにM8のタップが咥えることができるなら、M8のセンター穴を使って押します。か、丸棒にセンターあけたものを作ってくわえて押します。

投稿日時 - 2006-10-27 21:27:57

補足

自作してみました。報告が遅くなってすみません!m(_ _)m

結果ですが・・・
うまく作ることができました!
旋盤を利用し、垂直を出すことができました。

本当にありがとうございました!!(><。。。

---
では、お礼ポイントなのですが、皆さんの回答どれもが有り難いのですが、2人にしかあげることができませんので、実際に自分が行い、実感できたことを教えてくれた方に20ポイント、また商品として扱っているサイトを教えてくれた方に10ポイント、僭越ながら付けさせて頂きたいと思います。
ポイントはお二方のみですが、感謝の気持ちは回答してくださった方皆さんへ、です!!
そして実際に行動が遅くなり、ポイントが遅くなったことをお詫び致します。

皆さん、丁寧なご回答、本当にありがとうございました。
本当に助かりました!!

投稿日時 - 2006-11-09 17:48:11

お礼

回答ありがとうございます。

 >M8のセンター穴を使って押します
確かにセンターに穴があいていました。
詳しくありがとうございます。

できたらまた報告しますね!
本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2006-10-28 01:53:32

ANo.5

商品としては「異形ナット」または「異形高ナット」だと思いますが、そのサイズだと制作になると思います。必要な個数によってはねじ屋さんに相談してみるのも良いのではないでしょうか。

>(途中まで。M8の内径とは直接つながらないようにした)。
これは何か理由があるのでしょうか?貫通の方が皆さんがおっしゃるとおり楽だと思うのですが・・・

投稿日時 - 2006-10-27 20:26:11

お礼

回答ありがとうございます。

 >「異形ナット」または「異形高ナット」
 >そのサイズだと制作になる

詳しくありがとうございます!

ところで、M5のタップですが、実はネジを差し込む深さを決めていて、それ以上タップを切ってしまうとネジが奥へいってしまって困るので、途中で止めました。

なかなか難しいものですね・・・
今回のことは本当に勉強になります。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-10-28 01:43:38

ANo.3

原因がどこにあるのか?
普通は絶対にこうなりません。

なにかがおかしいのでこうなったのです。

機械のセンターの精度がおかしい。
物のくわえ方がおかしい。
センタードリルがおかしい。
4.2ミリキリがおかしい。

強く送っている。
戻しを入れていない。

キリは自分で研いでセンターも出しているでしょうか?

アルミ工作の場合、刃先にアルミが付着するので、
専用の水溶性油を使います。
無ければ、普通の油でも良いです。

5ミリぐらい入れたら戻す。
キリをブラシでこする。
油を付ける。(回転中は注意する)

タップ入り口は、ドリルチャックにタップをくわえ、
手でチャックを回して2回転ぐらいは入れる。
(垂直を出す)
電源は必ず切る。

出来るのなら、機械でタップ加工して終了。

問題は、機械、工具のメンテ面か作業方法のどちらかだと思います。

投稿日時 - 2006-10-27 18:46:12

お礼

回答ありがとうございます。

 >キリは自分で研いでセンターも出しているでしょうか?
ここがダメだったと思います。
M5のタップは尖端が出ており、センターが分かるようになっています。
M8のタップですが、尖端部は平たくなっており、センターと思われる部分に穴があいています。
自分は、目で見える精度で垂直を出したつもりですが、結果出ていませんでした。

今回の問題は、工具のメンテと作業方法にミスがあったようです。
出直してきます。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-10-27 20:19:27

ANo.2

工作物をバイスなどで固定し、M5 の下穴(4.3mm)の後、M8の下穴(6.8mm)をあければ、円柱の中心には穴はあかないかも知れませんが、ネジの下穴は同軸になるのではないでしょうか。
円柱の中心に穴をあけるのは、やはりボール盤ではちょっと難しいですね。道具がそろっていれば出来なくもないのですが。
何もないと想定して、まず円柱の半分の径の板状の物を用意します。
次に、円柱を横にし端面に先ほどの板を密着させます。
先のとがった針などで、板にそって円柱の端面に傷を入れていきます。
円柱を転がしながら何回か傷を入れていき、傷の交点が中心となるので、そこにポンチで窪みをつけ穴をあけます。
(交点が多数出来た場合は、板が円柱の半径よりも大きかったり小さかったりしているので、もう少し半径に近いものを用意してください)
ドリルの真下に工作点を置きたいときは、先を尖らせた鉛筆等をチャックに取り付け回転させます。円柱の交点が鉛筆の先にくるようバイスを叩きながら寄せていきます。
その状態でバイスを固定すれば、大体円の中心に穴と思います。

投稿日時 - 2006-10-27 16:43:53

お礼

回答ありがとうございます。
穴の同軸は出たのですが、タップを切る段階でどうもズレるようです。
もう少し考えます。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-10-27 20:13:29

ANo.1

存在はしますがもう少し取付け治具の情報がほしいです。
ミスミ
http://fa.misumi.jp/
FA標準部品からオーダーメイドまで幅広くあります。
材質やシャフト径など、もしかしたら無いかもです。

自分で作成する場合
ボール盤で同軸の穴を開けるのは熟練した人でも難しいです。
対称物が円柱の場合通常は旋盤を使用します。
旋盤なら芯さえ出せば嫌でも同軸になります。
まずは近くの加工場へ相談してみてはどうでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-27 15:36:54

補足

すみません、旋盤でした。
すごく初歩的なミスで恥ずかしいです。
旋盤で同軸の穴をあけたのですが、ネジを切る段階で、どうしてもズレてしまっていました。

投稿日時 - 2006-10-27 16:18:15

お礼

回答ありがとうございます。
ではさっそくHPを見てみます。
多分、このHPのシャフトですよね。
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2006-10-27 20:12:09

あなたにオススメの質問