こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「核保有に関しての議論」」はダメなのですか?

2006年10月15日 読売新聞(抜粋)

自民党の中川政調会長は15日のテレビ朝日報道番組で、北朝鮮の核実験実施発表に関連し、「(日本の)憲法でも核保有は禁止されていない。核があることによって(他国に)攻められる可能性が低くなる。あるいは、やれば、やりかえす、という論理は当然あり得る。議論は当然あっていい」と述べた。

中川氏は番組後、記者団に「(日本には)非核三原則という重いルールがあるから、今すぐ(三原則を)取っ払うことはしない。私は核兵器を持つべしという前提で議論しているのではない。持つことのメリット、デメリットもある」と発言の真意を説明した。

これに対し、公明党の斉藤政調会長は同番組で「我々は絶対に核を持たない。議論することも世界が疑念を抱くから駄目だ」と反論した。

民主党の鳩山幹事長は同市での演説で、「北朝鮮が核を持ったら、日本も核を持つという発想になったら、核が(世界に)拡散してしまう。とんでもない話だ」と、中川政調会長の発言を批判した。


記事を見る限り、中川昭一氏の発言は核保有に賛成・反対では無く、議論も必要ではと言っているように見えます。
しかし、中川昭一氏の発言は与野党から非難を浴びています。

非難されている方は、「核保有に関しての議論」は全てダメという立場なのでしょうか?

政治家が議論を拒否するのなら、国民は何を参考にして投票すれば良いのでしょうか?

政治家の「核保有に関しての議論」を望まない国民が多いのでしょうか?

かつて、「北朝鮮の拉致問題」をタブー扱いにしてきた時代と同じような感じがしますが…。

投稿日時 - 2006-10-18 17:47:12

QNo.2481110

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

その番組(サンプロ)を見ていましたが、核を持つ持たないということではなく、核とは核保有とはどういうことか?を議論する必要があるという話でした。
『自分は核保有をする必要はないと思っているが、意味も分からずアメリカの核の傘の庇護を受け続けるより議論くらいはしておくべきだ』と寺崎アナが綺麗に総括してました。
私の意見も全面的に同じです。

核とはなにか、核を保有とはどういうことか、 何故被爆国は核を保有しない方が良いのか、そういう基本的な認識をクリアにする必要は絶対にあります。
何故日本は核を持ってはいけないのか?という問いに『被爆国だから』で答えになっているでしょうか?もし広島長崎に核が落とされなかったら、北海道はソ連に占領されていたかもしれない事をご存知でしょうか?このように、核には様々な面があるのです。そんな中日本だけが『核は危ないから廃棄しましょう』とNGOのように叫んで何になるのでしょうか?
非核化を唱えるなら、日本は核保有国の100倍核について知っておかなければいけません。
そして核を持たない方が『これこれこういう』理由で国益になると示す必要があるでしょう。被爆国云々というのは重大ではありますが、『これこれこういう』の要素の一つに過ぎません。
このように、日本は核保有をする必要はないと思いますが、それならそうとその基本原則と基本戦略を作る必要があるでしょう。

交戦権の放棄や非核三原則などは他国と比べた時、明らかなハンデです。だからこそ本来はそれらは、それ以外の全てを犠牲にしてでも守り抜くくらいの覚悟が必要です。
それなのに問題を直視することすら許さないのであれば、そんな戦略いずれ破綻するに決まっています。
このように、問題から目を背けていればいずれ通り過ぎる解決するという考えのせいで、日本は平和憲法を安楽死させざるを得ない状況になったのです。

したがって核や軍事の問題は、歴史問題と違って氷付けにしておけば、問題が薄まるものでもないですし、核廃絶を目指すなら目指すで、どういう理屈でどうのようにして廃絶を目指すのか、核とどうやって向き合うのかをはっきりさせないと動きようが無いです。
民主国国家なのですから、核だろうが天皇だろうが、してはいけない議論などありません。
しかし現在国益に適っている天皇制を廃止することを議論する必要はないです。対して核については、国策の方針を作るためにも議論をする必要があります。



追記
北の核実験に対して日本人の8割が日本は核を持つべきではないと答えたのに対して、韓国人の6割が韓国は核を持つべきだと答えたそうです。ここら辺日本人の見識の高さを感じます。
これだけ安定した世論の中で、しかも日本の首相が『非核三原則を変えるつもりは全くない』と言っているのだから、議論くらいしても問題ないと思いますし、する必要もあります。

しかし、米国では9・11の原因は米国の中東政策にもあるといえないし、韓国では親日宣言しただけで社会から追放されそうになるわけですし…、まあどこの国にもタブーはあるんですよね(日本は多すぎだと思いますが)。

投稿日時 - 2006-10-19 21:58:59

お礼

懇切丁寧なお答え、ありがとう御座います。
上手く伝えられなかった、私の中のモヤモヤが少し晴れた気分です。

>意味も分からずアメリカの核の傘の庇護を受け続けるより議論くらいはしておくべきだ

本当に、その通りだと思います。
核保有に賛成・反対では無く、政治家や国民が核について知識を得るだけでも議論する価値は充分あると思います。

>したがって核や軍事の問題は、歴史問題と違って氷付けにしておけば、問題が薄まるものでもないですし、
>核廃絶を目指すなら目指すで、どういう理屈でどうのようにして廃絶を目指すのか、核とどうやって向き合うのかをはっきりさせないと動きようが無いです。

核について、日本が目指したいものが全く見えません。
核廃絶を目指すとしても、その為の議論は必ず必要ですし、必然的に核保有についても議論しなければ、核保有国に訴えかける事は不可能でしょう。
冷戦時代ならいざ知らず、北朝鮮が核実験を断行した今、何故、そこまで核をタブー扱いにしたいのか?
今こそ、核について議論をする時期ではないかと個人的には思います。

>まあどこの国にもタブーはあるんですよね(日本は多すぎだと思いますが)。

何だか怖いです、今そこにある危機に眼を逸らしているようで。
眼を逸らしている間に危機が去ってくれれば良いのですが…。

投稿日時 - 2006-10-20 17:11:27

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(19)

ANo.19

核論議は大いにすべきと思うので、積極的に参加させてもらいます。

少し、議論を見ていて思ったのですが、
「核」と言うことだけに捕らわれて、視野が狭まってる人がいる気がします。
と、いうのも

>核兵器を普通の武器や兵器と混合

というのは、半分当たりで半分間違いだと思います。
つまり、「核兵器」は一発で都市一つの人間を壊滅させる威力があるため
相手国にとっては心理的プレッシャーは目に見えて大きいのです。
そういった意味では

>核とは戦術的実戦兵器ではなく、戦略的心理兵器なのです

は、正しいです。しかし、イージス艦やF15戦闘機など、
通常兵器も水面下では「心理的プレッシャー」なっているのです。
それ以外にも、陸軍の総軍備力も「心理的プレッシャー」になります。

頭に「侵略戦争」をイメージして話しておられる方が多いと思いますが、
その観点から見れば「核兵器では侵略できないし、実戦的でもない」との認識は正しいです。
もちろん、「空軍・海軍」だけでも侵略は出来ません。
「侵略=敵国中央を抑える」には、「陸軍」しかあり得ないのです。
その点で、「通常兵器」でも十分に「戦略的軍備」になり得ます。

また、戦争には「殲滅戦争」というものが存在することも
頭に入れておいた方が良いと思います。
これを、「現実にはあり得ない」と切って捨てるのは間違いです。
「あり得ない」という認識が間違っているのではなく、
「あり得る」と思う人がいるということを認識しなければなりません。
「テロ戦争」が真に恐ろしいのはこの「あり得る」と思う人が「テロ」を実行する事です。
また、「殲滅戦争」では敵国の一般市民の事なんて考えてはいません。
「殲滅」する事が目的なのですから。

こういった、大きな観点も視野に入れないと、「論に溺れる」事になると思います。
また、「軍事力と外交」はコインの表と裏であることも認識しておいた方がいいでしょう。
最後に、私は「核兵器を持つことには反対」です。
なぜなら、「核」で表に見えるプレッシャーを与えるよりも、
そのお金で「陸・海・空」の通常軍備を高めることの方が有意義で安上がりだと思うからです。
(もちん、今の「自衛隊」でも「量」的には十分ですが「質」は大いに疑問ですね)

投稿日時 - 2006-10-24 20:32:24

お礼

お答え、ありがとう御座います。
お礼が遅れて申し訳御座いませんでした。

日本を守る為の様々な考え方や意見があるように、戦争にも様々な方法や目的があります。
議論をせずイメージ先行の結論だけに囚われて、もし結論が間違いだったと気付いたら?裏切られたという結果だったら?
議論抜きで柔軟な対応が可能でしょうか?
下手をしたら、感情論だけが先行し、最悪の結果を招く可能性だって出てきます。

鳩山幹事長は「北朝鮮が核を持ったら、日本も核を持つという発想になったら、核が(世界に)拡散してしまう」と発言しました。
何故、このような発想になってしまうのか?
まるで、日本は危機予測さえしてはダメと言われているようです。

もしかしたら、彼らは「核保有を絶対しない為の議論」もダメ(出来ない)と思っているのかもしれません。

投稿日時 - 2006-10-26 23:48:22

ANo.18

No.16です。

北がそれまで待ってくれるかどうか。
核開発にとりくんだとしたら・・・待たないでしょう。
それだからこその外交です。
待たせることです。

下のほうでもプールがどうとかいっている人がいますが、
泳げるまで、というのが極端なのです。
今の日本はプールに入る体力もないといえます。
プールにはいらなくても、練習は出来ます。
陸上で体力をつければよいのです。
その上でプールにはいるのと、よれよれの状態でプールに飛び込むのとどちらが効率よく泳げますか?
悪くすれば心臓発作を起こしかねません。

こどもは水をみると飛び込みたくてうずうずします。
今、核開発に積極的な人はどうもこの状態のようです。
それをなだめるのが大人の役割です。

投稿日時 - 2006-10-24 11:56:36

お礼

お答え、ありがとう御座います。
お礼が遅れて申し訳御座いませんでした。

プールに入る体力もない日本に、北朝鮮を待たせる位の外交力があれば良いのですが…。
確かに防衛論でさえロクにせず、いきなり核議論では突飛過ぎるのかもしれません。
今まで「その手の議論」をタブー扱いにして、問題を放って置いたツケがついに回ってきたという感じでしょうか。

子供を宥めているのが大人なら良いのですが…。
鳩山氏らの批判を見たり聞いたりしていると、とても大人の発言とは思えません。

投稿日時 - 2006-10-26 22:51:28

ANo.17

私は、核保有には反対ですし、現実的に核を保有するのは不可能に近いと思います。
しかし持たないなら持たないで、『持たない理由とその後の戦略』をはっきりさせる為に議論は必要だと思います。

例えば、私は核を縮減するべきだと思っていますが、折角高い金を払って作った核を『核は危ないから廃棄しましょう』などと精神論で相手は核を廃棄するでしょうか?
もっと理詰めで『核を保有するコストとリスク』を説くべきです。その為には日本が理論武装を固める必要が絶対にあります。
核兵器を普通の武器や兵器と混合して話している方もおられるようですし※、核の意義を全国民が理解し、国家の安全保障戦略の一環として核とどう付き合うのか戦略を持つべきです。

またそういう議論をすることが外交技術を高める事にも繋がるのだと思います。ですから議論をするのは外交技術を上げてからという意見は、『プールに入るのは泳げるようになってから』と言う事に等しいと思います。
議論自体が誤解を招くというのならば、議論の舞台の名前は『核縮減戦略会議』でも良いと公明党も民主党も巻き込めば良いと思います。特にこのような根本的な安全保障問題は、政権が変わるごとにコロコロ変えるべきではないものですので、野党も交えて議論する事は良いことだと思います。

自分には反対者は、議論する事により核の保有を恐れているのではなく、議論の過程で核は『完全悪』ではなく、『必要悪』な部分もあるという事を暴かれるのを畏れているのでは?と邪推しております。



核とは他の全ての兵器と違い、実際に使用する為に開発しているのではありません。実戦で核が使用された事は今までに二度しかありません。そんな役立たずな兵器を何故皆が持ちたがるのかというと、それは一瞬で数万人も殺せる、とても派手な兵器を相手が持っているということだけで相手がビビルからです。
つまり人間で例えれば、一般の兵器を開発、購入するという事は体を鍛えたり、格闘技を習うことだとすると、核を持つということはナイフを持つことに値するわけです。
もし空手黒帯の人間とただのオタクが口喧嘩をしたとします。
ここでオタクがナイフを持っていなければ、黒帯は相手が殴りかかってきても一方的に叩きのめせるのでオタクに遠慮せず好きにモノがいえるのに対し、もしオタクがナイフを持っていると、万が一さされたら大変な事になるので黒帯もオタクの意見を聞かざるを得ない事もあるでしょう。
つまり、核とは戦術的実戦兵器ではなく、戦略的心理兵器なのです。

投稿日時 - 2006-10-24 01:03:48

お礼

お答え、ありがとう御座います。
お礼が遅れて申し訳御座いませんでした。

建て前では無く、本気で日本が核兵器の削減(根絶)を目標と掲げるのなら、核議論は避けて通れない道だと思います。
まともに議論ができない国の発言では、他国に対等な立場で意見を聞いてもらえないと思います。

完全悪→必要悪になっても全く構わないと個人的には思えますが、反対者には、その流れが日本の核保有を連想させているのでしょうか?
かつて(今でも?)自衛隊を拒否していた人達とダブって見え、少々滑稽に見えます。

戦略的心理兵器ですが、北朝鮮が核を手にして実戦兵器に近づいた感じがします。
ヲタクではなく、暴れる麻薬中毒者にナイフを持たせるようで…。
そのナイフが向けられている相手は空手の達人ではなく、ひ弱な一般人のようで…。

投稿日時 - 2006-10-26 21:45:13

ANo.16

「核ミサイルには核ミサイルを」で戦争の抑止力にしようとしている頭の弱い人が多いですね。
確かに議論をすると、核兵器を所有すれば相手国への威圧にはなるでしょうが、問題は核ミサイルがどういったものかということです。

いいですか?
敵国といえど、核ミサイルを撃ち込めば、罪の無い一般市民を虐殺する事になるんですよ。
そもそも、敵とは誰ですか?北朝鮮に住んでいる公務員ですか?サラリーマンですか?主婦ですか?子供ですか? 核ミサイルを使えば、相手を選ばず皆殺しにしてしまうんですよ。
その後、平和な時代が来ても、アメリカのように永遠にテロに対しての危機意識を持って脅えなくてはならないんですから。
(恋人や親兄弟を殺された怒りをどうしたらいい?当然の報いですね)

という訳で、核保有の論点がズレているので議論しても無駄ということです。もし、議論をすれば、核保有も正論なので意見が通る危険性もあると言っているのでしょう。
必死に軍事力を強化したい人っていうのは、「戦争だから」という理由で北朝鮮・又は他国の人間を殺したい人じゃないでしょうか?
心のすさんだ人が多いので、再び日本から防衛の為という理由で侵略戦争を始めそうで不安です。

投稿日時 - 2006-10-24 00:20:12

お礼

お答え、ありがとう御座います。

その無差別兵器を隣国が所持しています。
偽札や麻薬の密輸し、日本人を無差別に拉致する非道徳的な国がですよ。

北朝鮮に住む一般市民には罪は無いですが、日本政府が第一に守るべきものは、日本人の生命と財産だと私は考えております。
何事も他人を思い遣る精神は必要だと思いますが、自分を省みず、他者を気遣う事ができるほど私は聖者ではありません。

>必死に軍事力を強化したい人っていうのは、「戦争だから」という理由で北朝鮮・又は他国の人間を殺したい人じゃないでしょうか?

仮に、この理論が成り立つのなら、中国や北朝鮮等は日本人を殺したいと思っている国です。
では、日本人は抵抗もせず滅ぼされるべき宿命なのでしょうか?

現在、北朝鮮との戦争も現実味を帯びてきました。
日本が誤った方向に行かないという、絶対的な自信もありません。
だからこそ必要ではないでしょうか。いざという時に感情だけが先行しないよう、議論を重ねておく事が。

投稿日時 - 2006-10-25 01:32:22

ANo.15

日本の政治家は皆この問題を論議したいと心の中では思っています。 しかし、アメリカが怖くて出来ないのです。 日本の首相を選ぶのはホワイトハウスです。 

1970年代に起った『ロッキード事件』は、田中角栄が核開発に異常な意欲を持っている事を知ったアメリカ政府による追い落とし事件です。 誰でも知っている『やらせ』です。 たかが数億円のワイロで一国の元首相が捕まるなんて、誰が考えても不自然です。

それほどに日本は、今でも世界中から恐れられているのです。 だから、どんな事があっても日本にだけは核を持たせたくないと考えています。 しかし、日本の企業は核開発に大変熱心です。 

中国共産党の一党独裁が崩壊し、完全な市場経済が確立したら、日本は中国と核の共同開発に入るでしょう。 その時は、アジアは巨大な経済圏となり、EUをはるかに凌ぎ、世界経済の中心となります。 それをアメリカ、イギリス、フランス、ロシアは恐れているのです。

投稿日時 - 2006-10-23 16:40:22

お礼

お答え、ありがとう御座います。

ロッキード事件の陰謀説は聞いた事があります。
その真相は私には分かりませんが、与党が親米政策なのは事実でしょう。
それ以外の選択肢が無いのも事実ですが…。

日本にだけは核を持たせたくないと世界中が考えているのなら、北朝鮮の核開発や拉致問題に、もっと真剣に取り組んで欲しいものです。
核開発をしたい企業があるのですね、知りませんでした。

中国や北朝鮮が真の民主国になってくれれば、核兵器根絶に限定した議論だけで良いかもしれません。
が、ただ期待するだけでは都合良過ぎるとも思いますが…。

投稿日時 - 2006-10-24 20:27:13

ANo.14

学生のディベートではないのですから、政治家が発言する以上、ある程度の見込みを含んでいるわけです。
核保有自体の是非はともかく、核カードは外交技術があってのものです。
第2の核実験では北と中国のしたたかさをみせつけられました。
大陸の外交手腕に日本が太刀打ちできるとは思えません。
今は外務省をどうにかして、外交技術を上げる時じゃないでしょうか。
核の議論はそれからにしたほうが。

投稿日時 - 2006-10-22 16:29:32

お礼

お答え、ありがとう御座います。

確かに、過去の日本の外交交渉は、土下座外交と揶揄されるほど弱気でした。
ただ、政治家や官僚だけに弱腰外交の責任があるとは思えません、国民やマスコミにも責任は充分あると思います。

言論統制された国と外交で互角に渡り合うのは、資源も武力も無い民主国では非常に厳しいでしょう。
議論放棄は、外交戦略の幅を狭めているように見えてなりません。

外務省が外交技術を上げるまで、核の議論を控えて置いて大丈夫でしょうか?
それまで、北朝鮮が待っていてくれれば良いですが…。

投稿日時 - 2006-10-23 22:40:43

ANo.13

> 時代遅れですか?
> 意味ないものに拒絶反応するのですか?

> ロボラットとかロボ猿くんって何ですか?
> モビルスーツみたいな物?

質問者さんはモビルスーツとか書いてるんで信じられないかもしれませんが、ロボラットは現実のものでほぼ実用化可能な段階で、アメリカでは議論が始まってま~す。ロボ猿は実験段階のもの。米国防総省の研究開発部門が大学なども使って開発したもの。
簡単にいうとネズミの脳に電極を埋め込み遠隔操作で生物をコントロールするというもの。
NHKスペシャルによっても報道されているほど公にされている事実なんだよ。それ以外にも、この手の技術は米国防総省が積極的に押し進めている。

倫理なんて簡単に飛び越えた米国防総省はやっぱり何でもするところやね。

投稿日時 - 2006-10-21 07:56:58

お礼

再回答、ありがとう御座います。
勘違いをしていたようで、失礼いたしました。

遠隔操作で生物をコントロールする事が、実用化可能な段階までに達している事実は知りませんでした。
無知でお恥ずかしい限りです。

一つ、勉強になりました。ありがとう御座いました。

投稿日時 - 2006-10-21 12:19:12

ANo.12

すいません、NO12です。
追記です。

ANo.10がおっしゃってる事は一見「核武装」論とは関係ないように思われるかもしれませんが。
私は、そうは思いません。
「核」を保有するよりも国土防衛に役に立つ新しい技術はあるのでは無いか?
あるとすれば、それはどんな技術か?

技術進歩が著しい昨今、「核」よりも安上がりで「核」よりも強力な武器が出来るのではないか?
TVアニメのような兵器ができる。
それを夢物語として、一蹴してしまうのは政治家としてどうかと思います。
ドラえもんは無理にしても、鉄腕アトムは出来るかもしれない。
そうやって今の日本は、ロボット先進国になって来たのですから。

夢のある話と戦争の話を結びつけるとは不謹慎だ!
と思われるかもしれませんが、技術革新が軍事によって進んできたのも事実なのです。
こうしてネットの掲示板で論議できるのも、もともとネットは米国の軍事技術として開発されたからなのです。

あらゆる可能性を考えて、議論をする。
それが政治家の務めと考えています。

連続スレ、大変失礼しました。

投稿日時 - 2006-10-20 20:30:36

お礼

追記、ありがとう御座います。

実際、核よりも強力な武器を開発するのは、開発費を含めると莫大な予算が必要ですから、日本単独での開発は無理なような気もします。
ですが、軍事技術で人間が進歩してきたのも事実でしょう。

現在は、軍事転用されると危ぶまれる技術が多くなって、時代も変わってきたと思いたいですが…。
北朝鮮のように、時代の流れに逆行する国もありますから、それも日本の隣に…。
日本の安全を考えると、とても無視できません。

投稿日時 - 2006-10-21 11:57:34

ANo.11

私自身の意見を述べると、「核武装論」は大いにすべきだと思います。
なぜなら、この論議は「核」だけでなく、日本が主権国家として自国の国土・領民の命・財産を如何に守っていくかという議論と密接に繋がっていると考えるからです。

たとえば、第三国に戦争を仕掛けられたとします。
その時に、日本はどうするか?
現在は、米国にお金を払って守ってもらうのが前提となります。
もちろん自衛隊も戦うでしょうが、その時には日本の領土は火の海と化してるはずです。

米国が、何故あれだけ戦争を他国でやるのか?
その答えの一つが、本土が火の海にならない内に叩くという考えに立っているからです。(もちろん、経済的・政治的意味合いも大きいですが)
米国の戦争を、「侵略戦争で悪だ」と断罪する人がいます。
しかし、事はそう単純ではなく「防衛戦争」の意味合いも大いにあるのが事実です。
つまり、「攻撃は最大の防御」を行ってるわけです。
このメリットは、「攻撃する戦争は選ぶことが出来る」ということです。
逆に「守る戦争は選ぶことが出来ない」とう事になります。
選ぶことが出来ない以上、相手の出方次第ということになりますよね?

その時に、「核武装」していたら、相手がビビッて攻撃してこないだろう、というのが「核の抑止力」の考え方です。
ですが、これもそう単純ではなく「核を保有する」事のメリット・デメリットは多々あります。
メリットの一例が「核の抑止力」であるとすれば、デメリットは何か?
それは、開発・維持に多額のお金がかかるということです。
また、核を保管してる場所を核で攻撃されたらどうなるか?という事も考えられます。
(それをさせないために重要機密扱いで守るんですが)

これ以上書くと、支離滅裂になりそうなんでこの辺にしておきます。
ただ、結論としては「核武装」は国を守る一手段である。
しかし、それにはメリット・デメリットが多々あって、果たして日本にとって核武装することはメリット>デメリットの関係になることが出来るのか?
それを議論することは決して間違っていないのでは無いでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-20 20:13:08

お礼

お答え、ありがとう御座います。

私も、イラクを攻撃したアメリカを単純に悪だと斬って捨てるは問題だと思います。
では、サッダーム・フセインは悪では無かったのか?
自国民のクルド人に対して化学兵器が使用され、国内の反体勢力の多くを抹殺してきました。
かつては、フセインをアメリカが支えていたのも事実です。
そういった推移を知らずに理解せずに賛成・反対と言う方が、実は危険な事ではないでしょうか。

では、金正日はどうでしょう。
アメリカも中国も、そして、日本も支えてきたのは事実です。
6カ国協議が失敗だったのなら、次の対策を日本は考えなければなりません。
北朝鮮が、日本を攻撃しない確証など全く無いのですから。

様々な可能性や対応が生まれ、真実や事実を知る再認識できる、が議論する事だと個人的には考えています。
いかなる場合も核武装はしない、他の方法を模索するにしても、「核に関して議論」無しでは民主的とは思えません。

投稿日時 - 2006-10-21 11:20:02

ANo.10

ちょっと別の観点からコメントします。

どうも中川発言については、意図的な発言ではなく、番組の中で思わずポロリと漏らしてしまった言葉のようですが、今このタイミングで発言することに重大な意味がありました。
それは、日本の核武装の議論自体が、アメリカや中国に対する圧力になっていたということです。

参考:『産経抄』10月19日
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/sankeishou/23869/

実は日本の核武装を最も恐れているのは中国であり、内心では警戒しているのがアメリカだったということです。
中川発言は偶然の産物であった可能性が高いですが、次の麻生発言は外相として計算つくされた発言であると思われます。

参考:麻生外相「核保有、隣の国次第で議論すべきだ」
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/23806/

中川発言と次の麻生発言は、中国とアメリカに対する強烈なメッセージとなりましたね。
ライス国務長官はすかさずアメリカは核の傘で日本を守るという発言をしていますし、中国は北朝鮮への説得工作を強化しています。

まあ、来年の参院選が控えている中で、安倍政権が核武装宣言する可能性は今の時点ではそう高くはないのですが(北朝鮮が連続して核実験を行うなどの挑発行為がなければの話ですが)、日本が潜在的な核兵器開発力をもっていることは周知の事実ですので、これを材料にしてより大きな外交成果が得られることを期待しています。

投稿日時 - 2006-10-20 10:49:53

お礼

お答え、ありがとう御座います。

米・中の反応を見ていると、中川氏の発言は間違っていなかったと思えます。

アメリカは、「日本を守る」と日本国民に向けて発言してこなっかた。
中国には完全に馬鹿にされた状態で、領海侵犯とかを犯しながら平然とした態度で、更に日本を非難していました。

諸外国に日本が舐められていた証拠です。
当たり前です。当事国なのに議論さえ拒否する国だったら、どの国でも真剣に相手をしようと思いません、そんな国は良くて後回しだと思います。

問題から眼を逸らさず議論ができる日本になって欲しいです。
今後、これを機会に日本が変われる事を切に願います。

投稿日時 - 2006-10-20 18:57:09

ANo.9

なんだか今核武装論って時代遅れだよね。核武装したって結局意味ないし。それよりもロボラットとかロボ猿くんとか先端兵器の導入を幅広い意味での論議とかやった方が、いろんな問題はらんでるから論議の事態に大きな意味持つと思うけど。

投稿日時 - 2006-10-20 10:04:49

お礼

お答え、ありがとう御座います。

時代遅れですか?
意味ないものに拒絶反応するのですか?

ロボラットとかロボ猿くんって何ですか?
モビルスーツみたいな物?

>先端兵器の導入を幅広い意味での論議とかやった方が、いろんな問題はらんでるから論議の事態に大きな意味持つと思うけど。

なるほど!
プラズマ兵器や核兵器以上の最新兵器を開発したほうが良いという意見ですね!
確かに、日本の技術力なら可能かもしれませんが、少し飛躍し過ぎのような気もします。

投稿日時 - 2006-10-20 18:11:26

ANo.7

タブーじゃなくて多いに議論をすべき。
国家の安全保障は核抜きでは考えられません。
その中から日本の核武装と言う議論が出てくるものです。
国民の生命財産を守るべき政治家がこの議論から逃げるのは
無責任である。

今回の中川発言で米中が北の核開発問題により本気になったのは
確かなようです。
核武装と聞いただけで思考停止になっているような政治家には
想像も出来なかったでしょう。

投稿日時 - 2006-10-19 20:28:49

お礼

お答え、ありがとう御座います。

もし、アメリカが北朝鮮の核保有を認めたら?
もし、北朝鮮の核保有を阻止できなかったら?
もし、日本とアメリカの関係が拗れたら?
もし、韓国や他の国も核保有し始めたら?
もし、……。

そんな事は有得ない!心配しすぎ、大丈夫!と楽観論や理想論で、国民の生命財産を守るべき政治家は務まるのでしょうか。

議論に反対する政治家は、現実から眼を逸らしているようで非常に無責任のように感じます。
北朝鮮が核実験を断行したのは事実なのだから…。

投稿日時 - 2006-10-20 15:45:39

ANo.6

もし中川に「天皇制の廃止について議論すること」に賛成ですか?
ときいたら間違いなく反対すると思います。
つまり、議論することさえ反対なのはおかしいというような一般化はできません。そういう一般論をいっても意味がありません。
議論をすべきだと思う人は議論すべきである理由を述べなければいけません。そして納得する人が増えれば議論ははじまるものです。
中川自体も安倍も反対といっています。反対ばかり議論が成立するのでしょうか。

投稿日時 - 2006-10-19 11:32:25

お礼

お答え、ありがとう御座います。

天皇制に関する議論は、大いに議論すべきと個人的には思います。
本当に、中川氏は議論する事に反対するのでしょうか?

皇室典範に関する有識者会議が開かれ、皇室典範問題として「女系天皇を容認すべきか?」と関心を多く集めました。
この問題を認識する事で、「女性天皇と女系天皇の違い」を理解した人も多いと思います。
秋篠宮悠仁親王が誕生されて問題は棚上げ状態ですが、問題をタブー扱いにする事は、「女系天皇容認に反対派」も望むところでは無いと思いますが…。

>反対ばかり議論が成立するのでしょうか。

結論ばかりを意識するあまり議論が成立しないと、お考えではないでしょうか?
議論する事で、本音や真意も見えてくるのではと思います。

投稿日時 - 2006-10-20 14:35:49

ANo.5

核に関する議論をすることは善悪で言ったら善というか、合理的な感じはします。
しかし、今アメリカなどでは北朝鮮の核の脅威よりも、それに伴う日韓の核武装の方が問題になってるわけです。ここで核議論など始めたらますます米をはじめ諸外国にマークされかねません。日本は一応前科者なわけですし。
それに、ちょっと考えれば「政治家が核武装について議論している(=核武装賛成派がいる)」という事が国民の間に「核もっても良いんじゃない?」と考えさせるきっかけになりえることも分かるはずです。本当に核反対派はそんな危険なことはしません。

投票についておっしゃっているようですが、核武装賛成でない限り、この件で政治家を選べないことはないはずですよね?どういう意図があっての質問かわかりません。質問者様が賛成なら、実質賛成派が居ない現状では、内心賛成してそうな人を応援するしかありません。

投稿日時 - 2006-10-19 03:34:23

補足

解りにくい質問で、申し訳御座いませんでした。
私は、政治にもあまり詳しくなく無知で馬鹿なので、変な質問、変なお礼になっていると思います。

>どういう意図があっての質問かわかりません。

単純に、核保有に関しての議論する事は何故ダメなんだろう?
決断では無く、議論にさえ反対するのなら、政治家の意見や考えを何で判断すれば良いのか?(核保有だけでは無く)
国民の殆どは、核保有に関しての『議論』に反対なのか?
上手く伝わっているか不安ですが…。


私は、核保有に反対という考えではありません、しかし、賛成という立場でもありません。
非常に曖昧な考えですが、だからこそ、政治家の意見や考えを聞きたいと思っています。
TVの発言でさえ非難の対象になるのなら、もう政治家は重要な政策や問題ほど国民に意見や考えを語らなくなるかもしれない。
もしかしたら、今後の発言は、非難を避ける為に隠蔽や捏造をするかもと、不安に思い質問しました。

投稿日時 - 2006-10-19 09:07:30

お礼

お答え、ありがとう御座います。

議論をする事で諸外国からの批判を受けるのは承知しています。
しかし、諸外国の思惑や事情が絡む問題は核だけでは無いはず。
核についての議論を認めないなら、拉致問題や米軍基地移設問題等の議論も認めないという論理も成り立ってしまいます。
重要度も優先度も、今、もっとも議論をするべき事項ではないかと、個人的には思うのです。
議論のすえ、諸外国の反応を考慮した結果「非核三原則を貫きます」という答えが導かれたのなら、私も納得がいくのですが…。

核保有慎重派は、国民に考えさせる事は危険だと考えて、議論反対や発言を非難をするのですか?
議論する事は、推進・慎重の両派に、核保有に関して意見や考えを国民に知らしめる良い機会だと思うのですが…。
しかし、議論慎重派は世論を恐れて議論放棄なんて、何だか馬鹿にされてる様で憤りを感じます。
だったら、核に関しては意見なんて言わずに、永遠に口を噤んでてほしいですね!

少し乱暴なお礼になって、申し訳御座いませんでした。

投稿日時 - 2006-10-19 08:30:23

ANo.4

「北朝鮮が核保有すれば、日本も核保有するかもしれない」は、中国に多大のプレッシャーを与えます。
極めて有力な外交カードとなり、北朝鮮の核保有を認めさせない為には、極めて有効な手段と言えましょう。

まあ、現状では、核保有は日本にとってデメリットが大きいですが
口先だけで充分な牽制になるので、
【全ての手段を講じて】北朝鮮の核を放棄させるには、論議はすべき事でしょう。

投稿日時 - 2006-10-18 23:13:37

お礼

お答え、ありがとう御座います。

確かに、国外に多大のプレッシャーを与えるかもと思います。
#4様の仰る効果も考えられるし、逆にマイナス効果が出る可能性も多少はあるでしょう。
しかし、マイナスの方が出ても、それは、問題を先送りして議論を避けてきた現状が原因ではないでしょうか。
今後も、問題の先送りや議論を避ける方向に日本が向かうのなら、更に大きな問題に発展して取り返しのつかない事態になりそうで怖いです。

国内外にアピールや配慮をしたいのなら、議論の場で発言をすれば良いだけと思います。
何故、議論自体に反対するのか?とても疑問です。

投稿日時 - 2006-10-19 00:23:32

ANo.3

まず、日米安保体制上、日本はいわゆるアメリカの核の傘の下にありますから、核兵器国に対する戦略抑止力としての日本独自の核保有は必要ないです。このスキーム自体に疑問があるのであれば、安保について議論すべきですし、北朝鮮と在日米軍の間で相互確証破壊の成立に疑問があるというのであれば、まずそこを議論すればいいと思うのです。

次に「憲法解釈上日本も核武装が可能である」とのコメントについて、憲法解釈はともかく、非核三原則ならびにNPT下では、どのように考えても、少なくても戦略核兵器は保有できません。このコメントは、おそらく岸元首相の発言を引用したのだと思いますが、岸理論ですら戦略核については違憲であるとの解釈でした。
よって核保有の議論をする前に、非核三原則ならびにNPTひいては平和憲法についての議論があるべきだと思うのです。

北朝鮮の核保有発言があったからといえ、一足飛びに核保有を前提としたかのようなコメントについては、確かに"とんでもない話"だと僕も思います。個人的には各政党の反応には安堵すら覚えています。

議論がないのではなく、拉致問題同様、議論されるべき問題が議論されていない点では同じ問題だと考えていますがいかがでしょうか。

投稿日時 - 2006-10-18 20:02:27

お礼

お答え、ありがとう御座います。

私の受けとめ方ですが、中川氏の発言は「安保について議論など」を含んでの発言だと思います。

個人的には、非核三原則を破棄や憲法改正を謳う政治家が居ても良いと思います。
議員として選ぶのは国民ですし、それが民主主義だと思っています。
むしろ、本音を隠されたり、思想や考えを聞ける機会や場が失われる方が危険なような気がします。

一足飛びに核保有を前提と、本当に中川氏は考えているのでしょうか?
その真意を聞く為にも議論は必要だと思いますが…。

拉致問題は、「朝鮮総連」や「市民団体」の抗議が嫌でタブー扱いしたと、マスコミ側は当時の状況を吐露しています。
マスメディアが、国民に議論の機会や場を意図して作らせなかったのは問題だと思います。
中川氏に対しての非難は、「朝鮮総連」や「市民団体」の抗議とダブって見えるのです。

投稿日時 - 2006-10-18 21:59:49

ANo.2

 「タブーに触れて圧力を受けたくない」というのと、反論することで「自分はいい子です」とアピールしたいがために、どんどん攻撃して議論を封じるのです。非核三原則は憲法改正論の中でも最大のタブーなのですから。
 彼らにとって、国防上の問題などはどうでもいいことなのです。戦争が起こって日本がなすすべもなく負けたら「自衛隊が悪い」もしくは「(戦争どころか防衛権まで放棄した)法律が悪い」のであって、自分たちに責任はないのです。自分の得にならないことをやって内外の圧力団体から攻撃されるのはもってのほかですから、先に自分で叩いておくことで、自分を安全圏に置いているのです。
 政治家であればその時その時の状況にあわせて、(国防も含めた)国益のために何が重要か、常に議論し、最善を尽くす義務があります。あるはずです。しかし国益のために議論を尽くして、その結果に憲法改正などのタブーに触れればたちまち内外の圧力団体・マスコミなどの言論界から攻撃を受けます。すると次の選挙が危うくなるからタブーには触れたくない。
 そうやって骨抜きにされ、人気取りの経済や福祉政策に偏った政治家だらけになってしまうのです。
 少し話がそれてしまいましたが、「核保有に関しての議論」を望まない国民が多いのではなく、そうしたことをタブー視する心情左翼に言論界が支配されているため、国民の意見もそう誘導されてしまうのです。世論など、調査を行う新聞社が誘導しようと思ったらいくらでも誘導できるのですから(某チョウニチ新聞のお家芸ですね)。
 言論界の心情左翼の影響力がもう少し小さくならない限り、「核」を含めた色々な問題は議論することすら許されないでしょうね。
 私個人の意見としては、核兵器を所有する資格のある国は、唯一の被爆国である日本のみだと思っています。あくまで資格の有無であって、核兵器を持つべきだとまでは思いませんが。

投稿日時 - 2006-10-18 18:34:27

お礼

お答え、ありがとう御座います。

私は、よく討論番組等を観ますが、政治家が多く出ている番組ほど面白くないです。
何故なら、非難を恐れてか、政治家が本音で語ってないように見えるからです。
多くの政治評論家や文化人は、思想を問わず「核保有に関しての議論」は必要だと言っていたと思うのだすが…。

マスコミは、政治家や政党の本音を聞きたくないのでしょうか?
北朝鮮のような国が核実験を行なった今も、「核保有に関しての議論」は不要とは平和ボケ過ぎやしないでしょうか。

言論界の心情左翼は、実は「国民の殆どが核保有を望んでいる」と思っていたり、「議論をすると皆が核保有に流れる」と不安を抱いているのかな?
何にせよ、国民の選択肢(判断材料)を奪うのは問題です。

投稿日時 - 2006-10-18 21:00:20

ANo.1

核と言う問題は、たいへんな問題だと言う事を、一例を上げます。

‘広島と言う地名は、アフリカの奥地に行っても知られていると言う事実です‘

拉致問題をタブー扱いにしたのは、少なくとも検察より上のお偉方です。
少なくとも警察は、最初の事件で書類送検しました。
少なくとも国民は、タブー視していなかったと思いますが!。

投稿日時 - 2006-10-18 18:20:29

お礼

お答え、ありがとう御座います。

広島も長崎も核兵器によって多くの死者を出しました。
戦争や核兵器の怖さは、戦争経験の無い私でも多少は理解はしているつもりです。

しかし、「核保有」が抑止力になる事も事実ではないでしょうか。
私には、非難されている方が、国民が核について考える事、賛成・反対に関係なく意見を持つ事に、否定や拒否をしているように見えます。


拉致問題(北朝鮮)を、政治家以上にタブー扱いしていたのは「マスコミ」です。
小泉前首相が訪朝する前から、北朝鮮を意識していた日本国民は稀でしょう。
タブーどころか、情報が無くて問題と認識できない国民に不安なのです。
この状態で、国民が何が国益かを考えて、政治家の考えや立場を理解した上で選挙で投票する事が可能とは思えませんが…。

投稿日時 - 2006-10-18 19:57:13

あなたにオススメの質問