こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

in the morning と this morningの違い

She runs in the morning.
She ran this morning.
と表現するのは、なんとなく感覚的に分かるのですが、
She ran in this morning. とは言わないのでしょうか?
前置詞+名詞(in the morning)と副詞(this morning)はどう使い分けるのでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-10-08 20:40:11

QNo.2459732

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

>She ran in this morning. とは言わないのでしょうか?

はい、言いません。(No, we don't use this expression format. In another word, "No, we don't say this way."となりますね<g>) 下にもう少し説明を書きます。

>前置詞+名詞(in the morning)と副詞(this morning)はどう使い分けるのでしょうか?

まずこれらの表現の意味合いからです。 in the morningは他の追加的表現無しだと、午前中、と言う意味でどの日の朝と言う事は言っていません。 それに比べthis morningは、今朝、と言うかなり制限されたフィーリングを出していますね。

この意味での違いは大きい違いですね。 午前中といいたいときに今朝と言う言い方は使えないわけです。 今朝といいたいときに午前中とは言わないわけです。

>She ran in this morning. とは言わないのでしょうか?

She runs in the morning.で現在形を使って、いつもそうする、それが普通、と言うフィーリングになり、彼女って朝走るんだよ、と言っているわけです。 しかし、She ran in the morning.と言う表現で過去形にすると、昔(過去の事)朝普通走っていたよ、と言う表現になる時と、その日の午後や夜になって、the morningと言う表現をして、「その日の朝」つまり、今朝、と言うフィーリングを出した文章としても使えるようにもなります。 普通なら会社が終わった後走る彼女だけど今日は走っているのを見なかったね、なんていう会話で、それを対し、「そうなんだ、彼女今日は何かすることがって退社後には走れないので、She ran in the morning (today)(instead)なのさ」と言う表現にも使うことが出来ます。 つまり、過去形にすることで、追加的フィーリングが出ることになるわけです。 She will run in the morning tomorrow.

また、She ran that morning.と言う表現にすれば、this morning(今朝)ではなくthat morning(その朝、日本語には「今朝」のような単語がその朝と言う表現にはないですね。あるのかな。)

じゃ、She ran in this morning. とは言わないのでしょうか?はなぜダメなのか、なぜ使わないのか、と言う事になりますね。

無責任に見えるかもしれない回答となりますが事実なので仕方ないと私は考えています。 (ここが学校文法が認めようとしないところでもあると思いますが)

言わないから言わないのです。 ほかの人がこのような表現をしないから自分もしないのです。 この表現をして分かってもらえる事は分かってもらえるだろうけどわざわざ自分だけしかしない表現をするより問題なく分かってもらえる表現をして次の会話の流れを作ろう、と考えるからなんです。 「~じゃん」と言う表現を使うのにお年よりは「俺の友達はみんなしていないからな」という事でしなかったのが、今では少しずつ「あれっ、知らない間に結構と友達の間でも使っているようになったな、じゃ、そろそろ、勇気出して(若い気持ちになってでも)言ってみるか」なんていうご老人も出てきているわけですね。 

this morning/afternoon/evening/Monday/weekend/month/yearなど全て同じフィーリング(ほかの人が使わないから自分も使わない)で前置詞を入れません。 省略するのではなく「入れない」のです。

使う・使わないの区別は、使ってもいいな、とかんじるフィーリングがあるときに使い、使わないほうがいいな、と感じるフィーリングがあれば使わないのです。 in this morningは「使わないほうがいいな、と言うフィーリングがある」から言わないのです。

けっして、文法によると言ってはいけないから言わない、と言う判断理由は非常に限られた情況でしかしないのです。

日本語を使う日本人が日本語を使うときにどれだけ文法と言うものを意識して日本語を使っているでしょうか。 この表現使っていいかな、情況に合っているのかな、この表現で自分のイメージが崩れないかな、など文法に頼るよりもっともっと心理的な理由の方が多いですね。 

よって、ほかの人はこの表現をしたらおかしいと言うけど俺は俺さ、と言うフィーリングがあればその人の使いたい表現をするでしょうね。 それで馬鹿を見た人もいるでしょうし、それがその人の人柄と認められるようになった人もいるでしょう。 また、それが一種の「流行」的表現方法になるくらい影響力を見せた人もいるでしょう。

誰か影響力のある立場にいる人であれば、in this morningと言う表現が認められて使われるようになる日が来ないとは誰もいえない、と言う事なのです。 しかし今のところその兆しは私には見えないのであるからして、「使わないから自分も使わない」としてしまい、次のレベルの表現力を付けたいと思う私です。 時間の無駄と言ったら言いすぎかな。<g>

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

投稿日時 - 2006-10-09 09:24:05

ANo.2

付け加えますと、
彼女は朝走る(習慣があります。毎朝ではないかも知れませんが、たいてい朝走っています)。

彼女は今朝(は)走りました(が、習慣かどうかは判りません)。

と詳細を訳してみると、違いを御納得頂けるのではないかと思いました。
in the morning/afternoon/eveningは一般的に朝/昼/夕方の間、
this morningは昨日の朝、明日の朝と区別した今朝、という使い分けとなります。at night/tonightも同様に、一般的に夜の間/今夜だけに限って、という使い分けです。

投稿日時 - 2006-10-08 22:14:20

ANo.1

in the morningは,現在,過去,未来,いつでも使える「午前中」です。
this morningは「今朝」で,「今日の午前」についてしか指していません。

また,thisやthatの前にはinは置けません。
例:I went to Osaka this summer. (×in this summer)
lastやnextなども同じですね。
例:He will go to Kyoto next year. (×in next year)

投稿日時 - 2006-10-08 21:02:58