こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

行政手続法について

不利益処分を行う過程で
聴聞が行われると習いましたが
聴聞の結果 不利益処分の決定が
覆ることがあるのでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-04 23:24:32

QNo.2451516

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

行政手続法
第26条
 行政庁は、不利益処分の決定をするときは、第24条第1項の調書の内容及び同条第3項の報告書に記載された主宰者の意見を十分に参酌してこれをしなければならない。

聴聞の手続きは不利益処分を課そうとする一方当事者に対して意見陳述の場を与える趣旨であり、上記条文のとおり、斟酌しなければならないため、当初予定していた不利益処分が覆る可能性も理論上はあり得ます。

投稿日時 - 2006-10-05 02:20:37

お礼

ありがとうございます
理論上はあるのですね?
では実際はどうなのでしょう?

投稿日時 - 2006-10-05 08:24:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問