こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

諸費用ローン

主人35歳、年収500万です。2000万円前後の住宅購入を考えています。貯金も少ないので、諸費用ローンを使用も考えております。ただ、諸費用を貯めるまで購入を延ばすべきか、金利の上昇のことを考えて、ローンを組んで購入した方がよいのか・・・はたまた、不動産屋を訪問して話を煮詰める前に物件を確定せず、おおよその予算で銀行の住宅ローン相談会などに参加するのが先なのか・・・本格的に探すようになって訳がわからなくなってきました。同じように諸費用ローンを利用して購入した方アドバイスお願いします。

投稿日時 - 2006-09-27 17:23:47

QNo.2435407

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

夫37で年収はmie-waiさんより少し多いくらいで、昨年諸費用ローンも利用して家を買いました。買うまでの経緯は、次の通り。

家賃10万超(共益費除)のマンション住まいの更新時期、夫が無料で利用できていた駐車場が、あと一年しか利用できないとわかりプラス2万の駐車場代が大きな負担となるため、税金も含め今の家賃以下で家が買えないか?不動産屋に出向く。

均等払いで、諸費用も含月9万まで(修繕費や税金を考えて)でローンが組めるか?を相談。

結果、ボーナスなしで月6万の現在の戸建てに住めました。
諸費用も3%の金利で10年間、月2万円。
合計月8万で、賃貸より広くてきれいな庭と駐車場付き戸建て住まいで文句なしです。

ただし、手付け30万含む頭金200万は現金でどうしても用意してくれとなりました。
理想の物件が見つかった後だったので、有り金全部はたきました。

この頭金で諸費用が賄えそうだったので他にも方法があったような気がしています。
同じ頃、友人は別の不動産屋で、物件価格より多くローンを組み諸費用はもちろんその中から。一千万近く手元に残し、家具や車を新調していました。違法性があるかもしれないのでおすすめは出来ませんが、家には大満足だけど家具などを新調する余裕がないまま新生活となります。少し無理をすれば手が届きそうだな、という金額なら今の状況ではもう少し現金を用意してからでないと、ますます貯金なんて出来ませんよ。
手持ちも少ないうちの場合は、今より支払いが少なくなるが大前提でした。
相談に行った先で、それでは無理だといわれても、目的が明確ならいろんなところに相談してみて下さい。たくさん情報を集めて、冷静に。家はまだまだたくさんありますから。

投稿日時 - 2006-09-29 00:20:12

ANo.2

現在の諸費用ローンは
住宅ローンと同じ金利 同じ借入期間で借入できます
ここ1・2年で諸費用ローンは大きく変わりました

以前は1さんのおっしゃるとおり 
住宅ローンより 高利で短期間の借入しか出来なかったため
支払金額が高くなっていましたが
今は 以前に比べると安く利用しやすくなっています

ですが 1さんのおっしゃるとおり
基本は なるべく頭金を多くすることです

仮に 将来売却しなければいけないというような
状況に陥ったとき
現実の売却額よりもローンの残債が多ければ
売るにも売れません
絶対売らないから大丈夫という人もいますが
長い人生何があるか分かりません
なるべくリスクは低く抑えて考えたほうがいいでしょう

投稿日時 - 2006-09-28 19:15:26

ANo.1

諸費用ローンは利息が高く、短期です。

今買い急がずに、頭金を貯めることに専念したほうがいいです。
理由ですが、高額のローンを組むのに、計画性を感じられません。たとえローンが組めても住宅ローンを最後まで払いきれなければ、物件は人の手に渡ってしまいます。
まずは返済計画をしっかり立てるべきです。

また、大前提として、住宅ローンを払い終えてようやくあなた達の物となりますが、今闇雲に長期ローンを組んで25年後にようやく自分の物になったときには、建物は償却済みで要リフォームという状態で、土地だけの価値しかないものが手元に残るだけです。

その辺も含めて今はじっくりと計画を立てるべきです。
それと金利上昇と言われますが、今2000万円+諸費用ローンを組むのと、5年後に500万円貯めて、その内の200万を諸費用に充てて、1700万円のローンを組むのとでは、金利上昇分を考慮しても、前者の方が利子を多く支払うことになると思います。

今は待つべきです。

投稿日時 - 2006-09-27 17:59:27

あなたにオススメの質問