こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows Updateについて

XPでAdministratorと制限付きユーザーで使用している環境です。普段は制限付きユーザーの方をログインして使用しています。
本題ですが,AdministratorでWindows Updateを自動更新するように設定したら,(例えば毎日12時に更新があれば自動的にダウンロードしインストールするように),その時刻に制限付きユーザーでログインして使用中でも,更新されるのでしょうか。

投稿日時 - 2006-08-22 17:38:15

QNo.2355423

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ヘルプファイルを参照し、私なりの解釈を回答したつもりでしたが、実際正しいかどうかは検証してみないと分かりませんので、今更ながら次の手順で検証してみました。OSはWindowsXP Professional SP2です。

1)Administratorでログオンし、適当な名前の制限付きユーザアカウントを作成します。
2)自動更新を自動(推奨)を選択し、[毎日][18:00]に設定します。
3)プログラムの追加と削除から、優先度の高い更新であるWindowsXPセキュリティ更新(KB918899)と、カスタムインストールでソフトウェア更新されるMicrosoft .NET Framework 2.0関連を意図的に削除します。
4)日付と時計のプロパティで、タイムサーバとの同期を外し、時刻を意図的に17:57にします。
5)ログオフして制限付きユーザアカウントでログオンし直し、19:00になるまでタスクマネージャを起動しプロセスをモニタしながら待ちます。
6)18:00になってから暫くすると、バックグラウンドでupdate.exeが起動したことが確認できます。WindowsXPセキュリティ更新(KB918899)は、再起動が必要な更新プログラムのようで、「コンピュータの更新を完了させ、更新を再起動させるには、コンピュータを再起動して下さい。5:00分内にコンピュータが自動的に再起動します。コンピュータを今すぐ再起動しますか?」というダイアログが表示されます。
7)再起動後、AdministratorでログオンしWindowsUpdateで更新履歴を確認します。WindowsXPセキュリティ更新(KB918899)は、自動更新でインストールされたことが確認できましたが、Microsoft .NET Framework 2.0は一切インストールされていませんでしたので、WindowsUpdateのカスタムインストールでソフトウェアの更新をします。その後、Microsoft .NET Framework 2.0用セキュリティ更新プログラム(KB917283)が通知領域に通知されたので、更新インストールします。

「自動更新を自動(推奨)を選択して、設定した時刻にPCが起動されている状態であれば、制限付きユーザアカウントでログオンしていても、優先度の高い更新に限り、設定した時刻にバックグラウンドでインストールされる。」ということは間違いないですね。以下は、参考になる技術情報です。検証してから回答すべきでしたね。(反省)

・WindowsXPでの自動更新の構成方法および使用方法(重要)
http://support.microsoft.com/kb/306525/
・WindowsUpdateで更新プログラムの一覧が出てきたらどうすればいいの?(カスタムインストール)
http://support.microsoft.com/kb/917516

投稿日時 - 2006-08-29 18:23:21

お礼

大変ていねいなご説明をいただきました。それほどパソコンに詳しくない私でも十分に理解することができました。ZIPPIEさん,ありがとうございました。また何かの機会がありましたら,よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-08-30 21:14:09

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

コントロールパネル→セキュリティーセンタ→「自動更新によるコンピュータの保護の詳細を表示します」をクリック→「自動更新を使用してコンピュータを保護する」の[関連項目]のクリック→[自動更新:よくある質問]を選択→「このような場合は」の[コンピュータの管理者ではないのですが。]を参照すると・・・

-----引用開始-----
コンピュータの保護を促進するには、[自動 (推奨)] の設定を使用します。この設定を使用すると、コンピュータの管理者があなたであっても、他のユーザーであっても、新しい更新プログラムが確認され、ダウンロードとインストールが自動的に実行されます。
Windows の更新プログラムなどのプログラムの追加と削除は、管理者特権を持っているユーザーだけが実行できます。コンピュータの管理者でない場合は、管理者に連絡して、自動更新の設定を推奨される設定に変更してもらう必要があります。
管理者特権が必要な作業を行う場合以外は、コンピュータの管理者アカウントからログアウトすることを強くお勧めします。管理者としてログオンしていると、コンピュータがウイルスや悪意のあるユーザーから狙われたときに、多大な損害を被る可能性があります。たとえば、ハード ドライブが再フォーマットされたり、すべてのファイルが削除されたり、攻撃者がコンピュータに侵入するための新しい管理者アカウントが作成されたりする可能性があります。ユーザー アカウントの詳細、および管理者としてコンピュータを実行すべきでない理由については、[ヘルプとサポート] を参照してください。
-----引用終了-----

つまり、「優先度の高い更新(優先度の高い更新プログラム、セキュリティ更新プログラム、ServicePack、および更新プログラムのロールアップ)については、コンピュータの管理者であっても、制限付きユーザであっても自動更新される。ソフトウェアの更新(Windows Media PlayerなどのWindowsプログラムに対する、重要性の高くない修正プログラム)については、コンピュータの管理者でないと自動更新やインストールができない。ハードウェア更新プログラム(ネットワークカードなどの各種ハードウェアやドライバに対する、優先度の高くない修正プログラム)については、コンピュータの管理者でないと自動更新やインストールができない。」ということが書かれているので、その違いに関して注意が必要ですね。ちなみに、WindowsUpdateによる定例的な自動更新は、第二水曜日(日本時間)と決まっています。

投稿日時 - 2006-08-24 10:17:14

補足

ご回答ありがとうございました。自分でもどのように補足していいか文章が難しいところですが,「コンピュータの管理者があなたであっても、他のユーザーであっても、新しい更新プログラムが確認され、ダウンロードとインストールが自動的に実行されます」
上記の記述では他のユーザーも管理者であるという風に解釈できる文章ではないでしょうか。ZIPPIEさんは,引用を解釈したというより,もしかしたら,私に回答されたことは体験され,証明済みなのでしょうか。お手数をかけますが,再度教えていただけたらと思います。

投稿日時 - 2006-08-28 23:04:57

あなたにオススメの質問