こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ国債の金利が民間銀行の金利より高い?

なぜ国債の金利が民間銀行の預金金利より高いのでしょうか?

ゼロ金利政策で預金金利がさがっていたのは分かりますが、国債金利がそれより大きいというのは、預金と国債のリスクの大小を考えると変な気がします。

(国債の方がリスクがあると思われている??)

投稿日時 - 2006-07-27 00:22:27

QNo.2301781

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 普通預金金利は短期金利で、預金者はいつでも現金化できるため、リスクが極めて低くなっています。
 
 定期預金でも、期間が長ければ将来の金利上昇などやリスクが大きくなるため、長期になるほど利率が高くなります。
 
 国債は、満期期間が長く長期金利で、国債保有者はすぐには現金化できません。(すぐに売りたければ、債券市場で売却するほかなく、この場合は、手数料を引くと銀行の預金金利並み・もしくはそれ以下となります。

 特に現在では、今後の公定歩合(日銀の銀行への貸出金利)が上昇するでしょうし、国債の金利はその上昇をある程度見込んだ利率となっているわけです。

 質問者さんは、同じ期間の国債と定期預金を比較されているでしょうか?

投稿日時 - 2006-07-27 10:54:31

補足

>質問者さんは、同じ期間の国債と定期預金を比較されているでしょうか?

はい。そうです。

昨日の新聞で、「理論上、国債の金利が民間銀行の預金金利を上回っている現在の状態は異常だ。銀行は、もっと利用者の利益を考えるべきだ」と専門家の意見が出ていたので、質問しました。

しかし、#1~3さんの回答を見ると、国債の金利が高い方が普通なのでしょうか。

投稿日時 - 2006-07-27 11:31:47

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

国債との比較うんぬんというよりは、銀行の預金金利が異常だということでしょう。
先日0.1%になりましたが、実質今までとたいした違いはありません。
世界中さがしてもお金を預けて金利が0で黙っている国民は日本くらいでしょう。
銀行の金利はオーストラリアなどは4%くらいありますし、モンゴルなら銀行によっては14%以上もあります。もちろん単純に比較は出来ず、高いところはインフレ率も高かったり、モンゴルなら銀行がつぶれてしまえばおしまいですが。

銀行の金利が低いのは、バブルのあとの経緯があるからみんなわかった上で我慢してやっているというのが正しいのでしょうね。

投稿日時 - 2006-07-27 13:49:16

ANo.2

流動性リスクは国債の方が高いし、信用リスクは国債の方が低いのでリスクはあまり関係ないと思います。
銀行自身が借り入れ資金を国債で運用しているので国債金利より定期預金金利などが少なくなるのは当然でしょうね。
また定期預金の方が民間の需要が大きいことも原因でしょうね。

投稿日時 - 2006-07-27 00:53:29

ANo.1

一般的には国債の方がリスクが大きいですよ。
国債は中途換金すると目減りします。
場合によっては元本割れのリスクがあります。

ですが、預金は銀行が潰れても1000万円までは預金保険機構の保証がありますから。
ちなみに、定期預金でも普通の物は解約しても普通預金の金利がつきますので、元本をきることがありません。

投稿日時 - 2006-07-27 00:27:55

あなたにオススメの質問