こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

降格・減給のうえ、その後も同等かそれ以上の仕事を任されてきました。

降格・減給のうえ、その後も同等かそれ以上の仕事を任されてきました。最近、人事労務の本を読んで知ったのですが、労働基準法31条に抵触する判例があるとのことです。


この問題の解決方法を教えてください。できれば、なるべく平和裏に決着をつけたいです。できれば。

5年近く耐えてきましたが、もう、限界を超えてしまいました。

経緯は以下の通りです。

降格、5%減給

都内別部署へ異動

異動先で[減給前と同等かそれ以上]の業務を任される

- 「職責と実業務の不一致」「実際の格以上の仕事」と人事宛文書に上長がコメント。
(コピーあり)
- 上長に不一致状態の解消と、減給分の調整を依頼(口頭)→「了解」されるもアクションなし
-その上長と面談、「なんとかする」との言葉をもらうが、アクションないまま退職

投稿日時 - 2006-07-24 18:55:01

QNo.2296665

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

再度補足を要求します。

1.降格・減給の原因はなんですか?
2.都内別部署へ異動の理由は?

降格・減給しても元のままの業務を任されているのは一種の好待遇です。
実績が出ていなかったり、会社の経営が下向きであれば当然昇給せず、場合によっては減給となります。
降格も同じです。
会社は「営利追及団体」ですので、原因(本人に周知する義務は無い)があれば減給・降格も可能です。

減給が「会社のミス」でない限りは、その分の支給を求める行為は会社に対する反逆ですから、平和的解決方法なんてありません。

労働基準法のリンクを貼っておきます。
全文をよく読んで考えられた方が良いです。

会社と話合いをしていないだけのように受け取れます。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM

投稿日時 - 2006-07-25 12:42:38

質問は何ですか?

労働基準法には31条はありませんが・・・

投稿日時 - 2006-07-24 19:35:26

補足

doctorelevens様

言葉が足りず申し訳ございませんでした。

・ピンポイントで降格減給になったにもかかわらず、それ以前と変わらぬ仕事を任されている状態を解消したい。

・減給分の賃金を払って欲しい。

この2点の会社側への、なるべく、平和裏な求め方が質問です。

法的な裏づけがどうなっているのかも、併せて教えていただければ幸いです。

投稿日時 - 2006-07-25 07:28:26

あなたにオススメの質問