こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一眼レフカメラと一眼レフデジタルカメラとデジタルカメラと・・の違い

最近、写真に興味を持った程度のど初心者です。


よくプロのカメラマンさん達は一眼レフの高級なカメラを使っていると思うのですが、そもそも一眼レフという名前はどういう意味なのでしょうか?(レフって?)

それと、
・一眼レフカメラ
・一眼レフデジタルカメラ
・デジタルカメラ
・普通にフィルムを入れて使うカメラ
の特徴や値段を教えていただけるとうれしいです。

他の方の質問も調べたのですが、単語などが難しくて・・

初心者むけのカメラ雑誌、HPなどがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-06-17 13:37:32

QNo.2221146

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

プロが使っているようなカメラは、レンズが交換できるタイプの一眼レフを使用している事が多いです。
一番のメリットは、そのままですが、撮影対象に合わせてレンズを交換して撮影できるという事です。
ボディのみ数十万、レンズも一本10万以上というものもありますが、一般の人が買いやすいようにお買い得な物も多数出ています。

価格は、一般にデジタルよりもフィルム(銀塩)の方が安く購入できます。
ですが、フィルムは撮影後に現像しないと見れませんが、デジタルの場合は、撮ったその場で画像を確認できます。デジタルの画像データとして保存されるので、プリントしなければ、いくら撮影しても購入後のフィルム代や現像代等がかかりません。
また、プリンタがあれば、自宅で好きな写真を好きな枚数だけプリントできて便利です。

価格なら↓
http://www.kakaku.com/camera/
用語なら↓
http://www.kakaku.com/camera/dictionary/
http://www.clubcapa.net/camera_word/digiyougo/digiyougo1.html
http://www.clubcapa.net/camera_word/jirin/jirin.html
デジカメのレビュー記事、撮影テクニック↓
http://arena.nikkeibp.co.jp/stage/camera/

投稿日時 - 2006-06-17 14:32:15

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

「一眼レフ」カメラですが、写真を撮影する前にのぞくときに使うレンズ「眼」と写真を実際に撮影するレンズが同「一」のものを使うカメラ、とお考えください。(ちなみに「二眼レフ」というのもあります)
一眼レフカメラは、フィルム・デジタルを問わず、実際に写真を撮るときは、覗くところを一旦自動的に塞いでフィルムへ光を当てるために道をあけてあげて写真を撮っているのです。
一眼レフカメラのレンズをはずしてみると、中に小さな「鏡」があります。シャッターボタンを押して実際に写真を撮るときはこの鏡が上に上がって(前述の「覗くところを一旦自動的に塞いでフィルムへ光を当てるために道をあけてあげて」)フィルムに光が当たります。
「一眼レフデジタルカメラ」は、造りはほぼ同じで、フィルムの位置にはフィルムの変わりに「CCD」などの電子部品が取り付けてあります。
「普通にフィルムを入れて使うカメラ」とは、おそらく「フィルム使用のコンパクトカメラ」のことをおっしゃっていると思います。こういうカメラを正面から見ると写真を撮るときに覗くところと、実際に写真を撮るところが別々になっているのが分かるかと思います。
「一眼レフカメラ」は「普通にフィルムを入れて使うカメラ」でありますし、「一眼レフデジタルカメラ」は「デジタルカメラ」です。ということは、「一眼レフデジタルカメラ」ではない「デジタルカメラ」も勿論あります。「デジタルカメラ」の大半を占める普通の「(コンパクト)デジタルカメラ」になります。
長文失礼致しました。
文章を書いてて舌を噛みそうになりました・・・(^_^;)

投稿日時 - 2006-06-17 21:55:55

ANo.2

一眼レフというのは、撮影用レンズの画像をそのままファインダー
(撮影の時に覗く所です)に投影できる構造を持ったもので、
そうでないものは、見ている絵と実際の画像が違うものになります。
デジタルかフィルムかというのは、実際に映像を記録(デジタルでは
変換)するものが、35ミリフィルム(APSもありますが)かイメージ
センサーの違いになります。(デジタルだと実際に記録するのは別に
なります)
結論的には、ファインダーの構造で2種類、記録方法で2種類なので、
2×2=4種類となります。
一眼レフの場合、どうしても筐体が大きくなってしまうので、レンズ
交換式のものが殆どです。性能は値段に比例しますが、プロ用の一眼
デジタルは35ミリフィルムサイズのイメージセンサーを使用してお
り、35ミリのカメラのレンズがそのままの画角で使えますが、入門
用の一眼デジタルはAPSサイズ(35ミリより1まわり小さい)の
イメージセンサーを使っているので、35ミリのカメラのレンズを使
う(使えます)と1.6倍換算のレンズになります。

値段の差は大雑把には性能の差と考えてよろしいかと思います。
一眼レフタイプの場合はレンズの値段の方が最終的には効いてきます。
(本体が10万円でも100万円でも、レンズを数本は使用しますの
で、レンズの合計価格は数百万円ということもあります。また、三脚
やストロボなどの小物も高級品はそれなりの値段(数万円~)です)

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B4%E3%A5%EC%A5%D5
http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1082618
http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/subject/msub_basic.htm

投稿日時 - 2006-06-17 14:05:30

ANo.1

レフとは鏡です、一眼レフカメラとはレンズからの光を鏡に反射させてファインダーに導き撮影対象を視認し撮影時にはレフを跳ね上げ光をフイルム面に導き
撮影します。
デジタルはこのフイルムをCCDに置き換えて撮影後
メモリに保存します。
値段は千差万別、性能、機種、等で一口には語りきれません。(ご質問の4項目を包含する場合)

投稿日時 - 2006-06-17 13:54:31

あなたにオススメの質問