こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

給与所得と並行でフリーで仕事、個人事業主になれますか?

今、クリエイティブ関係の仕事で
派遣社員で働いていますが
フリーでもいくつか仕事を請けています

若干ですがフリーのほうで経費もかかっていますし
派遣で不安定なのでゆくゆくはフリーをメインにしたいと思っています

個人事業主になれば、経費面でいろいろと節税ができそうですが
派遣会社で働いているほうは事業所得になりません

それでも、個人事業主になることは可能でしょうか?
また、メリットはあるのでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-16 07:26:34

QNo.2218624

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

>個人事業主になれば、経費面でいろいろと節税ができそうですが

何か勘違いしていませんか。
個人事業主になれば何から何まで経費と認められると思っていませんか。
今の世の中、経費面では給与所得のほうがよっぽど税金面では優遇されているのですよ。
給与所得では、実際使う使わないにかかわらず経費と認められている給与所得控除がありますが、個人事業では実際その事業に必要とみなされた経費しか認められていません。
何から何まで認められるわけではなく最近では、結構厳しいチェックがはいります。
意外と給与所得と同じ所得で給与所得控除に届かないことの方が多いです。(意図的に領収書をかき集めれば別ですが手が後ろに回ります。)
それと規模によっては事業所税が発生して税金が後ろから追いかけてきます。
個人事業を営むのであればそのような思わぬ経費(税金や経理のための税理士費用)を覚悟の上それ以上の売り上げの業績を目指してください。

投稿日時 - 2006-11-30 21:50:39

ANo.2

個人事業主は確定申告が必要ですが、それは事業の報酬があった場合です。
つまり、個人事業主として開業をしても、報酬がなかったら確定申告の必要はありません。
もちろん、個人事業主に兼業の制限はありませんから、
派遣先に問題がなければ、平行して仕事をすることができます。
一応開業したけど、給与所得ばかり・・・という人も多いらしいですね。
節税面では、報酬から経費を引けるのがメリットですね。
>それでも、個人事業主になることは可能でしょうか?
はっきり言って税務署に届けを出すだけ☆明日にでもなれます。

投稿日時 - 2006-11-30 21:17:24

ANo.1

>個人事業主になることは可能でしょうか…

給与の支払いを受けている方で兼業を禁止していない限り、別に問題ありません。

>メリットはあるのでしょうか…

何と比べてのメリットをお考えなのでしょうか。
フリーのほうは申告しないで黙っていたらどうなるかということですか。
メリットがあるかどうかでなく、国民として正しく申告し納税することが肝要です。

副業が「事業的規模」と見なされれば、つまりフリーのほうが生活の主体をなしているなら、青色申告が認められ、最大 65万円の「青色申告特別控除」がもらえます。
一方、給与のほうも「給与所得控除」がもらえますから、全額給与または全額事業所得に比べれば、かなり節税にはなります。

詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1300.htm

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

投稿日時 - 2006-06-16 07:59:47

あなたにオススメの質問