こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうしてアニメのDVDは高いのか?

先日『鋼の錬金術師』のDVDを買ったのですが、思っていた以上に値段が高かったのでビックリしました。他にも見てみたらだいたいアニメのDVDって5000円前後しますね。(ハガレンにいたっては一巻6090円;^^)そこで質問なのですが、どうしてアニメのDVDって値段がちょっと高めなのでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-06-15 16:05:51

QNo.2217273

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

いくつかの理由があると聞きます。
1.高額でもそれなりの数が出るから、または、それほどの数が出ないので利益の出る金額にしなくてはならないから。

2.ほとんど放映についてはスポンサーが付かない(または、それほど高額のスポンサー料が出ない)ため。

3.DVD販売が最初から事業計画に含まれている。

4.「~製作委員会」の懐を暖めるため(実際に総収益の7~8割はこの「製作委員会(親会社の役員達。コンテンツ製作にはほとんど関わらない)」の懐にはいる)。

まあ一言で言えば「その値段で買う人たちが居るから」ですね。

投稿日時 - 2006-06-16 01:34:21

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

>No.8
アメリカで日本のDVDが安いのは、1から作ってないからで当たり前なんだが。

投稿日時 - 2006-06-16 13:58:09

ANo.12

聞いた話なのですが、アニメ制作費はDVDなどの売上で補完するそうです。
だから通常の売上数×DVDの値段≒アニメ制作費のような公式が成り立つそうです。
(アニメ制作費のすべてをDVDの売上のみでまかなうわけではないので≒ですが)

あと、ハガレンのDVDってケースがジュエルケースですよね。
あのケース、細身で場所を取らず、見た目も綺麗なんですが高かった気が……。
(それに落としたりした場合に割れやすかったりもします(苦笑))

余談ですが、ハガレンのDVDは驚異の売上だったらしく、最初の何巻かで制作費を補完出来たらしいですよ。
(普通のアニメなら全巻発売してから補完だそうですが)

投稿日時 - 2006-06-16 12:46:16

ANo.10

著作権の問題や製作時の赤字の穴埋めのためですね・・・
アメリカなどのの映画のDVDが安いのは映画の収入でほとんど元を取っているからだといえます。それと、著作権切れのものをDVDにしているからだそうです。
アニメってスポンサーが付いても2社~4社程度ですよね(有名アニメになるともっと付きますが・・・)それに、著作権は切れないうちに販売していますよね・・・だから値段が高いのです。

投稿日時 - 2006-06-15 23:35:46

制作費の足りない分をDVDで補っているためです。
値段の9割は不足した制作費の値段だそうです。

投稿日時 - 2006-06-15 22:17:47

ANo.8

そもそもドラマにしてもアニメにしても
日本のDVDは高すぎます。

アメリカのamazonでも鋼の錬金術師(Fullmetal Alchemist)
は売っていますが1巻$21.99で買えます。
なお、これは特に安いわけでもありません。
別のアニメでは26話BOXで$80.99とかもあります。
こういうのはなかなか簡素なBOXだったりしますが……

日本で高止まりの値段なのは、
コアな層にだけ売れればいいという守りの戦略でしょう。
気軽に買ってもらうのではなくて単なる嗜好品。
あえて特典をつけて場所をとるようなBOXにしたりして、
ブランド価値を保っているのでしょう。
下手に安くするとそれが崩れてしまうし、
それで需要が拡大するかどうかもわからないので
あえてしない方が安全なのでしょう。

投稿日時 - 2006-06-15 21:17:30

ANo.7

DVDの価格が高いアニメはスポンサーが付いていないからです。

ポケモンやコナンのようなスポンサーがきっちり付いている作品は同じアニメでもDVDの価格が安いですよね。
それは制作費をスポンサーがほとんど、または一部出しているからです。
スポンサーは他の事業で出資した制作費を回収しているのでDVDに価格を上乗せする必要はありません。

それに対しDVDの価格の高いアニメは基本的に制作費は全て制作に関わっているアニメ関連会社が出します。
会社としては当然利益を出さなければいけないので、DVDや関連商品で回収しなければならないので、その分上乗せされます。

投稿日時 - 2006-06-15 16:36:45

ANo.6

制作費の穴埋めとしてですから。
深夜アニメに至ってはDVD等関連商品の利益だけでペイできる様ですね。

後は買う人間がお金を持っているからでしょう。

投稿日時 - 2006-06-15 16:15:07

ANo.5

ハリウッド映画であれば世界中に展開できるので、薄利多売をしても十分な収益を見込めますが、基本的に日本のみをターゲットにしているアニメは高めの価格設定をしないと、制作費を回収できないのです。

投稿日時 - 2006-06-15 16:13:16

ANo.4

大して売れないからではないですかね。

ハガレンと言って、すぐに鋼の錬金術師を想起できる人は
20代以上のサラリーマンには少ないと思います。
しかしながら、ハリポタ、またはハリーポッターと言えば
わかる人が、少なくとも、ハガレンよりはいると思います。

そして、知名度の高い作品であれば、おもしろいのではないか…
と思い、購入する人が多くいれば、その分、コストダウンができるから
安くなるのではないかと思います。

映画版を想定して話すと、映画館での興行収入があるので
その分、知名度の高い作品の方が安価で提供できると思います。

後は、単にDVD等のグッズ販売で収益をあげたい
ということも考えられます。

投稿日時 - 2006-06-15 16:10:58

その値段でも欲しい人間は買っちゃいますよね?
メーカーもその辺わかってリリースしているんですよ。

投稿日時 - 2006-06-15 16:09:35

ANo.2

元々アニメ製作には膨大なお金がかかります。
ところが日本で初めてTV向けアニメを作った偉大な先生が(赤字覚悟で)とっても安い制作費で請け負ってしまいました。
以降それを基準にアニメの制作費は決められているのです。
ですがそれでは制作費がペイできません。
その穴埋めをDVDなどのメディア販売で補うようなシステムになっています。

投稿日時 - 2006-06-15 16:09:11

ANo.1

基本的には需要と供給の関係です。
その値段でも買う人が数多くいるからメーカーも
強気なんですね。

投稿日時 - 2006-06-15 16:07:37

あなたにオススメの質問