こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Quid nomen illi monti est?

Quid nomen illi monti est? 「あの山は何ていう名前の山ですか?」

no^men 中性
illi^ 与格
monti^ 男性与格

という風に解釈しました。わからないのは、どうして illi monti が与格なのか、と、どうして疑問形容詞 quod (主格か対格)ではなく疑問代名詞 quid が使われているのか、ということです。
いつもお世話になります。

投稿日時 - 2006-05-18 16:31:42

QNo.2159160

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ラテン語の与格の用法には「所有を表す与格」というのがあります。Est mihi domus. (私には家があります=私は家を持っています)Mihi nomen est Iulius. (私の名前はユーリウスです。)などがそうです。

所有を表すのに英語型(I have a house.)と日本語型(私には家があります。)があるとすれば、ラテン語では前者と共に後者の表現も行なわれます。

ただし与格になるのは通常【人】です。illi monti は与格でなくても属格(illius montis)でもかまわない、というか【物の属格】のほうが普通だと思います。たぶん nomen mihi(tibi)などの表現に引きよせられて与格になったのではないでしょうか。

Quid nomen か Quod nomen か

Quidの用例が古典にあるから、ということでしょう。検索したらPlautusに"Quid nomen tibi est?"という表現がありました。文法書どおりならたしかにQuod nomen~なのですが。

投稿日時 - 2006-05-19 11:02:37

お礼

なるほど、【人】と【物】では文型が違ってくるんですね。勉強になりました。Quod nomen とは言わない、としっかり覚えておこうと思います。

全部教えてくださって恐縮です。nakanonanako さんがいるといないでは天と地の差です。

投稿日時 - 2006-05-19 19:58:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問