こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何故「オタク」「マニア」には男性が多いのでしょうか?

タイトル通りなのですが、女性は趣味にもあまり深入りすることがないような気がします。
(賛否両論はあるでしょうけれど、一応そういうことにしてみます)

男性には○○愛好会など、色々な趣味の活動があり、アニメでもゲームでも
鉄道でも料理でも、熱帯魚や金魚飼育でも……本当にのめり込み、
競い合ったりするような方が多いように思います。

男女の役割からくる差かな?とも思いますけど、何故こんなにも男性はのめり込むのでしょうか?

投稿日時 - 2006-05-11 22:32:41

QNo.2145521

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。

実際、オタクの男女比は半々くらいだと思います。
オタクが集まるイベントの殆どが女性ですし、コスプレなどの趣味を持っているのも女性の方が圧倒的が多いです。
BL好きな人を全員オタクとするならば、オタクの男女比は圧倒的に女性の方が上回るでしょう。
あるBL漫画で120万部突破したものがあります。
普通の本でも難しいのに、読む人が限られているBLでこれですからね。凄い!

私が思うのは、男性は1人でもオタクでいられるけれど、女性は1人ではオタクになれないのではないか。と考えています。

女性は群れでのコミュニケーションを大変大事にします。自分の立場をよく考え、仲間の中で外れないようにします。
それで服装やメイクなどにも気にするのだと思います。
オタクの中でも、ファッションに興味が無かったり、メイクがド下手だったり、不潔だったりすると嫌われます。
好きな漫画の話しをする前に、相手が逃げていきます。
オタクでいることさえ許されないのです。

また、○○愛好会などですが、女性はそんなセンスのないネーミングは嫌いますよね(笑)
また、それを好きということで、周りからどう思われるかを気にするので、公にはしないのだと思います。
げんに、ネット上での○○同盟は女性の方が多いはずです。人の目がない所ではハジケるんです(笑)

女性は表にでてこない。それだけだと思います。

投稿日時 - 2006-05-11 23:44:57

お礼

詳しくありがとうございます。何だか納得が出来るようなご回答でした。
怖いですよね…人目がないとハジケるなんて。
コスプレとかBLという世界は良く分かりませんので、女性のオタクの存在には
あまり気付きませんでした。もう単なる趣味の世界ではないですね。
私も女性ですけど、そういう物はあまり理解できなくて。

でも、yuikotlove様も随分お詳しいですね。
もしかしてやっぱり女性で、BLにはまっていらっしゃるとか?
違ったらごめんなさい。失礼をお許しくださいませ。

投稿日時 - 2006-05-11 23:54:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

18歳10年のマニアです おとこっす

たしかに、オナオタの比率とオタクの比率は4;6
大体同じです

心理学で聞くより 漫画のほうで聞いてくれればみんなで答えしますよ。

せっかくだから書いときます。

オタク、の定義
1、キャラの異性対象化
2、互いを敬語で呼び合う「男性に見られる傾向」
  恐れながらも回りとまとまろうとする習性
3、見境無い「男性目立つ」
4、移り気で定着が無くうろちょろしている(外出多)
5キャラに対しての「声に対しての」「行為に対しての」すうはい

マニアの定義
1、キャラに対しての観察眼
2、漫画家「出版社」に対しての尊敬
3、漫画に対しての探究心「研究対象として」
4、剥きになると危ない
5、本を何度も読み返すので飽きない(外出少)

オタク「性者」マニア「知者」の人口比率は

男 20;1
女性 1;3
・・・こんなところっす

同好会を作る理由

¥生物学的に

男・能力高い
 ・子孫を残すのが問題
 ・単独行動多し
 ・自己防衛より他人衛護

女・集団行動
 ・孤独感をあんまり感じない(男性よりは)
 ・生活を円滑に進められる能力がある
 ・子孫繁栄は成り行きで十分
 
つまり、集団行動が古来より染み付いている女性は、自然と自ら動いて集合体を形勢、
友達の家とかを拠点にする傾向がある。
面白いものという本来の漫画の性質を十分理解している人が多いということがあるので目立ちません。

逆に男性は、本来は狩猟(労働)が仕事
集団を形として形成
女のためなら見境無く何処へでも現れ
集団行動が苦手なのに孤独を嫌う傾向があるので街中みんなでを闊歩する。
互いの話のネタを共有することで何とかその集団を形成できる情けない存在です。

ゆえに圧倒的に見かける人数は男性のほうが多くなるのです。

投稿日時 - 2006-05-12 18:49:25

お礼

漫画のカテで訊こうと考え付かない辺りが、私の甘いところですね!
詳しいご回答、ありがとうございます。すごいキャリアですね。
漫画マニアについての、すごく詳しい分析ですね~!!
でも、分かりやすかったです。ありがとうございました(^^)

投稿日時 - 2006-05-12 22:02:57

ANo.8

何でもそうだけど深入りしすぎると命が危険にさらされます。
女性は子供を生んで育てる役割があります。夫婦なら命の危険になるような事は夫に任せ、身の安全を確保しつつ子育てをした方が、夫婦としての機能は合理的に働くでしょう。おそらく人類の歴史の中で
自分の趣味に没頭しすぎる女性の多くは、淘汰されてしまったのではないでしょうか?

投稿日時 - 2006-05-12 18:48:35

お礼

面白い考え方ですけど、一理ありそうですよね!
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-12 21:30:36

ANo.7

↓で書き込みでの参考URLですがちょっとずれてますね・・^^;過去の放送で女性の萌えについて紹介されていたのでのっけてみたんですかど・・(汗)

投稿日時 - 2006-05-12 00:21:25

お礼

再度お寄りいただきまして、ありがとうございます。
先ほど開いたのですけど、何だか分かりませんでしたので、
そのまま閉じてしまいました。
女性の「萌え」、今度別に質問してみようかな?

投稿日時 - 2006-05-12 00:35:06

ANo.5

女性のオタクも結構多いと思いますよ。むしろ女性の方が多いと私は感じています。女性のオタクというのは結構わかりにくいもので男性の場合いかにもオタク~って格好でいることが多いのにたいし女性の場合アニメやゲームにハマっている方でもファッションやオシャレにも気を使ってますからね~・・
最近女性のオタクではBL(ボーイズラブ)が人気がありテレビアニメになったりと注目されていますよ。そういったものにハマっている女性のことを腐女子と呼んだりしており。男性では幼い女の子を好きな人をロリコンなどとよばれていますが女性では幼い男の子が好きな方をショタコン(正太郎コンプレックス)とよばれています。
某アニメ誌にいたっては読者は男性より女性読者をうわまってます。

参考URL:http://mbs.jp/shittoko/index2.html

投稿日時 - 2006-05-11 23:11:15

お礼

高校の友人がBLにはまっていて、私も読んでみようと思いましたけど
ちょっと無理でした。同性愛って面白い?ですけど、小説や絵にされると引いてしまいます。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-11 23:13:21

ANo.4

女性もサークルだったり趣味だったり。買い物だったり。。あるにはあるんだけど。ある程度の歯止めがある。男の方がエスカレートしてしまう(過剰ゆえ度を越してマニア、オタクになるんだけど)なぜか??
言える事は女性は現実的だ。よく旦那がコレクターで呆れかえっている人がいるが 現実の生活の方を優先する 反対に男は 夢みたいなものを追う。そっからが問題だ???すいませーん。役に立てなくて。
他の方の意見を読みたい~!

投稿日時 - 2006-05-11 23:06:20

お礼

そうなのですよね!!
私にも趣味がありますけど、「コレをしなくてはいけない時間だから」とか
「洗濯物を干さなくては、明日は雨だし早くしなくては」等など
歯止めはあると思います。

女性は子どもを育てなくてはいけませんから、現実的にならざるを得ないのでしょうね。
たとえ子どもがいなくても、そういう傾向がDNAに組み込まれているような気がします。

>すいませーん。役に立てなくて。
とんでもないです。すごく納得のいくご回答でしたよ。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-11 23:11:26

ANo.3

基本的に、女の人って現実的ですよね。
メスは子供を産み、育てるよう遺伝子に指示されているので、守るということを第一に考える。

対してオスは獲物を捕らえるのが仕事なので、しつこく、粘着質に獲物を追い詰める必要があり、そのためには努力を惜しまない性格をもつオスが、良いオスとして遺伝子を残して来たわけです。

狩猟採集生活をしなくなったオスが、本能的にのめりこんでしまうのが、
罠を作っていたオス→模型、オーディオ、車
獲物の生態を観察していたオス→熱帯魚、ペット、野鳥観察
狩の実働部隊→スポーツ
と進化したのです。

たぶん。

投稿日時 - 2006-05-11 23:01:02

お礼

納得のいくご回答ありがとうございます。
でも、最後の「たぶん」というオチには、笑えました。

確かに長い歴史がDNAに影響を与えて、オタクにも、
行動や役割の性差があるような気がします。
でも、熱帯魚などの飼育をなさっている方は、獲物を見るような眼では
お魚たちを見ていないと思います。

投稿日時 - 2006-05-11 23:08:23

ANo.2

 こんばんは~、ガンオタです。

 単純に日本の場合は、女性がイニシアチブを取ったり、先端を突っ走ったりするのが(特に世間的にアングラと言われるフィールドの場合)しにくいからではないでしょうか?

 水面下あるいは潜在的にマニアでオタクだけど、その意思を表明したり、団体やイベントに参加するのは気が引けるという所かと思います。

 また、もしかしたら性差もちょっとだけあるかもしれないですね。超有名な料理人はほぼ男性だし、ファッションデザイナーも、比率でいくと男性の方が多いですよね?

 もちろん件の社会進出の性差はあるかと思うのですが、男性の方が凝り性というか、男の方が精神年齢が低いので、我も忘れてのめり込む事が出来るんだと思います。

 どちらかというと、潜在的に男性の方がお子ちゃまだから、女性は大人に成らざるおえず、いい女・いい妻・いい母でいないといけないという社会のプレッシャーが、まだまだあるんだと思います。

 そうした目に見えない精神的な性差の開放には、もう少し時間がかかるかもしれませんね。

投稿日時 - 2006-05-11 22:55:25

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

私は男女の役割の差もあるのかな?と思っております。
女性は長らく家庭内の色々なことをしてきましたけど、男性は「色々」なことは
それほどしてこなかった、あるいは外に楽しみを設けやすい傾向がある
ジェンダーの問題も絡んでくるのか、等、小難しく考えてしまいました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-11 23:05:38

ANo.1

女性にもアイドルの追っかけとかいますが?
しかも、男性よりもより熱狂的な気がします。

投稿日時 - 2006-05-11 22:47:02

お礼

早速のご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-11 23:13:47

あなたにオススメの質問