こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アンプとスピーカの接続について

BGMとして部屋全体に響くようにしたく思っており、4チャンネル再生したいと思っています。(現在はステレオ2ch)

今あるAVアンプ、ONKYO SA-L3にはステレオ出力しかなく、追加したいスピーカBOSE PAM-3(アンプ内蔵型)はピン入力しかありません。ONKYO SA-L3からBOSE PAM-3へは接続不可能でしょうか?

アンプのリア用出力からステレオコードの片方がピン(参考→ http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_1045_144_9803937/1249563.html)で接続しては問題が起きてしまうものでしょうか?
(アンプのモードで、リアを使ってのBGMモードがあるため)

または、アンプのフロント用出力にさらに接続して先の接続は問題があるでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-05-09 23:30:10

QNo.2141515

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

4チャンネル再生と4本のスピーカーを鳴らすのとは全く別物です。
文面を拝見しますと、カーステレオの様にフロントとリアーで計4本のスピーカーを鳴らそうとしている様に思えます、ただ音が混ざるだけで響くようにはならないとおもいますよ!アンプの出力から取り出すのは音質面でも不利であり、他の回答者の皆さんが言ってますように、接続したスピーカーが壊れる恐れが有ります。
音を響かせるとなるとサラウンド方式となるのですが
今の機器を生かしてサラウンドにするには、スピーカーマトリクスにするのがよいのでは、色々な方法があるのですが、一番簡単でそれなりの効果あるのを紹介
します。
安物でもよいですからスピーカーを別途用意し後方に設置します。
アンプの出力の左側のプラスから左側スピーカーのプラスに接続、左スピーカのマイナスと右スピーカーのマイナスを接続、右スピーカーのプラスをアンプ出力の右側のプラスに接続して完成です。
ライブ録音などの音楽には効果が有ります。
参考までに!

投稿日時 - 2006-05-12 00:57:52

お礼

ご回答、ありがとうございます。

ご推察の通り、カーステレオの様な状態を目指しておりました。
「スピーカーマトリクス」、これも初めて知った用語(汗)です。
是非とも試したいと思ったのですが、「アンプの出力」はフロントスピーカー用のところにさらに追加、というこでしょうか?
また、「アンプ出力の左側のマイナス」「右スピーカーのマイナス」が空いている状態になりますが、正しいのでしょうか?

投稿日時 - 2006-05-12 09:49:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

No,3の補足説明
フロントスピーカーのL側R側のそれぞれのプラス側に追加のリアースピーカーを接続します。
フロントスピーカーのマイナス側には接続せず空いた形になります。
仕組みとしては、LとRの出力の差がリアーのスピーカーに流れサラウンド効果になります。
リアーのマイナスから抵抗(4~16オーム)を通してフロントのマイナス側に接続すると、より効果が上がるのですが、最近のアンプはスピーカーのマイナス側が共通になってない物が有る為書きませんでした、他にも色々の接続方法があるのですが、同様の理由で不可です。
ライブ録音の音楽が効果大です、観衆のざわめきに包まれた感じにに成ります。
手造りスピーカーの教祖、故長岡鉄太郎氏(スピーカー工作の神様です)は、フロントとリアーの4個のスピーカーをマトリックス接続にして、一つの箱にした物を作っています、初めてこのスピーカーの音を聞いた時は、鳥肌が立ちました。
今でも秋葉原のコイズミ無線で聞けると良いのですが
コイズミ無線のカタログは大金を使わなくても良い音
が聞ける!入口となるので、お勧めです。

参考URL:http://www.koizumi-musen.com/

投稿日時 - 2006-05-13 00:55:09

お礼

ご丁寧にありがとうございます。

少々、混乱気味ですが概要は分かってきました。
とりあえず、「サラウンド」環境を目指したいと思います。
これは入り口だと思いますが、音は本当に奥深いですね、
大変勉強になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-13 17:26:43

ANo.2

ONKYO SA-L3を調べてみたらリアのプリアウト(ボリュームコントロール後の出力)は無いですね。

アナログ端子2(VIDEO1、MD/CDR/TAPE)はフロントアウトでしょうし、ボリュームを通らないのでアクティブスピーカ(PAM-3、アンプ内蔵型)を繋いだ場合、スピーカー側のボリュームもいじらなくてはならず不便です。

オーディオマニア(=音質に執着する)でないのなら、サラウンドスピーカ端子からアッテネータを介してアクティブスピーカに接続するので良いと思います。

アッテネータは電子工作の出来る方であれば数本の抵抗で作れます(インピーダンスマッチングまで考慮すると耐電力の高い抵抗が必要ですが)。

#秋葉原に行けば部品代100円くらい

アッテネータ無しでも多分繋げますが(アクティブスピーカの入力側が即入力ボリュームなど、パッシブ構成の場合)、No.1の方もおっしゃられる通り、「何かの拍子に(アクティブスピーカ側の)ボリュームが上がったとき壊れ」る恐れが有ります。

投稿日時 - 2006-05-11 15:32:51

お礼

お調べ頂き、ありがとうございます。

おっしゃる通りで、アナログ端子からアウトさせてみたところ、スピーカー側でも音量調整することになり、不便です。。

「アッテネータ」、知識が無く今は分からないのですが、方法を教えて頂き、感謝致します。機会があれば調べてみようと思います。

投稿日時 - 2006-05-12 09:37:28

ANo.1

アンプにREC OUTは無いですか?
ライン出力が欲しいときは、通常ここを使いますよ。

アンプ内蔵スピーカーにアンプの出力を繋ぐと、何かの拍子にボリュームが上がったとき壊れますよ。

投稿日時 - 2006-05-10 00:14:09

お礼

よくよく見てみると、小さーくREC OUTがありました!
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-12 09:31:19

あなたにオススメの質問